なぜ半夏生にたこ食べるの?いつからの由来?明石の蛸を食べたい!

半夏生にたこを食べるのは
当たり前だと思っていた私。

大人になってから、
そうじゃないことを知ってビックリ!

中には半夏生を知らない人までいるし・・・

そこで、今回は
どうして半夏生にたこを食べるのか
説明したいと思います。

半夏生に
美味しいたことビール!!最高ですよ(笑)

SPONSORED LINK

半夏生の日

By: David Pursehouse

たこを食べる理由を解説する前に、
そもそも「半夏生とは?」というところから始めます。

半夏生というのは、
ある時期のことを指しています。

その時期というのが、
夏至から数えて11日目、
もしくはそこからの5日間のことです。

どうして
この時期を半夏生と呼ぶようになったかと言うと、
この時期に
ハンゲショウの花が咲くからだと言われています。

この花は、
半夏生の時期に白い花を咲かせ、
葉も表面だけが白くなります。

裏はそのままですので、
半分だけ化粧しているようだということで、
「半化粧」、これが変わって「半夏生」になりました。

他にも色々と説はありますが、
このようないきさつから、
この時期を半夏生と呼ぶようになったのです。

 

半夏生にたこを食べる理由と由来

By: nubobo

半夏生にたこを食べる由来ですが、
そもそも
この風習は関西地方で多く見られるものです。

かつて、
半夏生までに田植えを終わらせた農家の方々が、
豊作を祈って神様に捧げものをしていましたが、
この時の捧げものにたこがあり、
その時の習わしがたこを食べる由来となっています。

ちなみに、どうしてたこだったのか?

それは、
たこの8本の足のように、
田植えした稲がしっかりと根付くことを祈った
と言われています。

こういった
かつて豊作を祈って行われていた願掛けが、
半夏生にたこを食べるようになった理由となります。

ちなみに、
半夏生とたこの組み合わせは、
他の地域では
さばうどんなんていうケースもあります。

意味はそれぞれですが、
やはり伝統的な行事とあって、
その形は様々だと言うことが出来ます。

 

半夏生にせっかくなので明石の蛸を食べる

By: t-mizo

たこと言えば、
やっぱり全国的にも明石のたこが有名かなと思います。

明石のたこは・・・

  • ビタミンB2により粘膜や皮膚を保護してくれる
  • 亜鉛の働きにより、骨の成長などを促してくれる
  • タウリンが豊富なことにより、疲労回復にとっても効果的

こういった嬉しい効能がたくさんあります。

他にも、お酒を飲み過ぎた時などは、
アルコールの分解を助けてくれますので、
ついつい飲み過ぎちゃうお父さんにはピッタリです。

せっかく食べるのであれば、
半夏生には美味しい明石のたこはいかがでしょうか?

 

Sponsored Links



コメント入力

*
*
* (公開されません)