ハンゲショウの花にスゴい効能ある?育て方が気になるけど冬どうする?

綺麗な花に加えて、
実はスゴい効能があるのがハンゲショウです。

と言っても、
花とか草の効能って
あんまり興味ある人いないんですよね(笑)

でも、スゴい効能と言われると気になりません?

そこで、ハンゲショウの効能について、
今回は解説してみたいと思います。

併せて育て方も紹介してみたいと思いますね。

SPONSORED LINK

ハンゲショウとは


ハンゲショウと聞いて、
すぐにパっと思い浮かぶ人は少ないんじゃないかと思いますが、
北海道を除いては、
日本の至るところで見られる野草になります。

このハンゲショウですが、
名前は半夏生に由来しています。

半夏生というのは、
7月2日頃のことを指すのですが、
このぐらいの時期に花を咲かせるために、
ハンゲショウという名が付いたとされています。

白い花を咲かせるのですが、
同時に葉っぱも白くなります。

花が散る頃には、
葉っぱの色も戻りますので、
白く色づくのは
限られた時期だけに見ることが出来るものなのです。

実際に目の当たりにすると、綺麗な光景です。

 

ハンゲショウの効能


このハンゲショウですが、
様々な効能があることでも有名です。

  • アトピー性皮膚炎の改善
  • にきび肌の改善
  • 糖尿病の改善
  • 血中コレステロールの改善
  • 冷え性の改善
  • 便秘の改善
  • 高血圧の改善
  • 動脈硬化の改善

簡単にあげたところでも、
こういった効能が期待出来ます。

ハンゲショウに含まれているタンニンが、
有害物質が身体に蓄積するのを防いでくれるので、
このような効能が期待出来るわけです。

効能だけを見ても、
男性にも女性にも嬉しいものばかりだと思います。

この効能は
ハンゲショウ茶で得られることが出来ますので、
ハンゲショウ茶を飲む習慣を付けると良いかと思います。

ハンゲショウ茶を飲む習慣をつけて、
身体の中は健康的に、
身体の外はピカピカツルツルになれるなら、
始めるしかないですよね。

 

ハンゲショウの育て方


ハンゲショウの育て方ですが、
実はそれほど難しくありません。

基本的に、
水の保有が高い土に植えて、
日光と水をたっぷり与えれば育てることが出来ます。

水辺に自生する植物なので、
乾燥だけには注意してあげるようにして下さい。

また、植える時期ですが、これは冬になります。

2月か3月ぐらいが最も適している時期となりますので、
冬の始まりというよりは、
冬の中盤から終盤にかけてがベストタイミングです。

地面の中で茎を伸ばして成長していきますので、
植える場所については、
少し広めに用意してあげると上手くいくかと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)