仙台七夕祭り 前夜祭の日程は?伊達政宗と歴史,由来を知って祭を楽しむ!

東北の
有数なお祭りの1つと言えば、
仙台七夕祭りだと思います。

毎年、
七夕祭りを目当てに多くの人が仙台を訪れ、
期間中は人がごった返します。

その仙台七夕祭りですが、
実は前夜祭と言われるものがあります。

案外、知らない人も居たり・・・

そこで、今回、
仙台七夕祭りの「前夜祭」について紹介します。

これを知って、
思いっきりお祭りを堪能しちゃってください。

SPONSORED LINK

仙台七夕祭り

仙台七夕祭りは、
その名の通り仙台で行われるお祭りです。

この時期になると、
仙台のアーケード街には、たくさんの七夕飾りが設置されます。

どれもデザインに凝った飾りばかりですので、
ついつい見とれてしまうのですが、
あまり飾りばかりに目を奪われていると、
他の誰かにぶつかるなんていうのは、
仙台七夕祭り「あるある」ですね(笑)

他にも飾りをくぐったら、
向こう側からくぐって来た人と、
突然の出会い頭なんていうのもよくある話です。

期間としては、
8月6日~8月8日までの3日間
で行われています。

今では全国に名を轟かせるお祭りになっており、
一度は見て欲しいお祭りとなっています。

 

仙台七夕祭り 前夜祭の日程

仙台七夕祭りですが、
前夜祭なるものが開催されます。

正確には、
別々のイベントとなっているため、
仙台七夕祭りの前夜祭ではないのですが、
仙台七夕祭りの前日に開催されることから、
前夜祭と思っている人も少なくありません。

この日程ですが、
前夜祭と言われるぐらいですから、
仙台七夕祭りの前日です。

8月5日 19時~

この日程での開催となります。

前夜祭では、
1万発以上の花火が打ち上げられ、
その盛り上がりは仙台七夕祭りを凌駕するほどです。

花火大会として見ても、
非常に盛大な花火大会となるため、
これだけを目当てに来る人も少なくありません。

前夜祭とは言いつつも、
それだけ大きなお祭りとなっています。

 

仙台七夕祭りと伊達政宗

仙台と言えば、
もう1つ有名なのが、伊達正宗ですね。

戦国のゲームなどでも、大変有名な武将ですが、

仙台に七夕祭りをもたらしたのは、
伊達正宗なんです。

「独眼竜」として有名ではありますが、

芸術などにも関心があり、
七夕に関して詠んだ和歌も残っています。

当時は「7月7日」に開催されており、
今よりも1か月ほど早い開催となっていました。

 

歴史と由来

伊達正宗の時代、
7月7日に開催されていた七夕祭りですが、
過去に2度ほど衰退の危機を迎えています。

これは第1次、第2次戦争の時です。

大きな戦争を迎えるたびに、
衰退の一途をたどるものの、
終戦後には、再び復活を遂げています。

その中で、
新暦で開催されるようになり、
今のように8月の開催となりました。

元々は
地元のお祭りという扱いだった仙台七夕祭りですが、
時代とともに盛大となり、
今のような観光イベントとなっていったのです。

 

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)