『猛烈な勢いの雨』とはどんな雨?雨の降り方のいろいろな表現とは

猛烈な勢いの雨と言われると、
凄い強い雨なんだろうな、というのは分かります。

でも、具体的に
どれぐらい強い雨となるのでしょうか?

雨が強いって言っても、色々ありますよね。

そこで、
雨の降り方による表現の違い
などを説明したいと思います。

コレ、知っていると結構、便利なんですよ。

SPONSORED LINK

雨の強さと降り方

「雨、降ってるな~。」
って言っても、
どう降ってるかというのは、
とっても重要なことですよね。

シトシトと降る雨なのか、
霧のように降る雨なのか、
はたまた
ゲリラ豪雨のように、
傘も意味がないほどの雨なのか。

これによって、外出を決めたり、
雨具の準備をしたりと考えることが出来ます。

雨と言っても、
強さや降り方によって、捉え方が変わるということです。

つまり、
雨の話をする時には、
強さや降り方も併せて話をしないと、
的を得ないっていうことになります。

そんな時に便利なのが、
雨の降り方を表す表現になるわけですね。

これは後ほど、紹介したいと思います。

 

『猛烈な勢いの雨』とは

天気予報でたま~に(1年に1回ぐらい?)
聞くことがあるのが、
猛烈な勢いの雨
という表現です。

猛烈と言うぐらいですから、
物凄い勢いで雨が降るわけですが、
猛烈と言う用語を使う場合、
しっかりと基準が決まっています。

1時間の雨量としては、80mm以上
となります。

これの感覚としては、
まず傘はほとんど意味がなしません。

雨が強すぎてズブ濡れになること必須です。

雨で視界も非常に悪いので、
車の運転なんていうのもとっても危険。

いくらワイパーを速く動かしてみて、
見えるのはちょっと先ぐらいまで・・・

ちなみに、
気象庁のサイトには、
猛烈な雨の解説が書いてありますが、
人によっては「恐怖を感じるほど」だそうです。

そんな雨、
なかなか経験することが出来ませんが、
猛烈な勢いの雨と言われたら、
とりあえず外出するのは控えようと思える雨であることは、
間違いないですね。

 

雨の降り方の表現いろいろ

猛烈な勢いの雨以外にも、
雨の降り方の表現は様々あります。

先ほど紹介した気象庁のサイトにも書いてありますが・・・

  • やや強い雨
  • 強い雨
  • 激しい雨
  • 非常に激しい雨
  • 猛烈な雨

このように予報用語としてはあります。

普段、天気予報で聞くことが出来るのは、
強い雨や激しい雨程度でしょうか。

ゲリラ豪雨ぐらいになると、
「非常に激しい雨が予想されます。」なんて、
聞くことが出来ますよね。

こういった雨の降り方を表す言葉を覚えておくと、
天気予報を見ていても、誰かと会話する時も便利ですね。

ただ、会話する時は相手も理解している必要がありますけど・・・

 

 

 

Sponsored Links



コメント入力

*
*
* (公開されません)