ロードバイク 持っていく荷物の必需品!初心者コレに注意して!

ロードバイクを手に入れたら
当然のごとく、走りにいきたくなりますよね。

でも、
行く時に何を持っていけばいいのか分からない。
多すぎても邪魔になってしまいますし・・・

この記事では
走る距離に応じて
必要になってくる物について書いていますので
ご安心ください!

SPONSORED LINK

ロードバイクで必要な荷物

誰のロードバイク?ロードバイクで出かける際に
必要となってくる物を考えてみましょう。

まず、
思い浮かべるのは水分補給のための使う飲み物でしょうか?
間違いではありません。

しかし、
それよりも重要な物があります。

それは
ヘルメットです。

身を守るための道具となりますので
万が一の事態に備えてヘルメットは、必要になってきます。

次に考えられるのはバッグです。

バッグがあれば
着替えや財布などを入れることができるので
とても便利です。

ただ、
斜め掛けバッグなどは
肩を痛めたりする原因になるので、やめておきましょう。

携帯電話も必要になってきます。
非常事態が発生した際の連絡手段になりますので
必ず持っていくようにしましょう。

後は出かける距離がある程度近いのであれば
タオルを持っていくと良いでしょう。

走る距離が長いロングライドを場合には
パンク修理セットが必要になってきます。
(距離が短くても修理セットを持っていくのをおすすめします)

パンクしてしまえば元も子もありませんからね。

ロードバイクに乗る際の服装はというと
私服では違和感がありますよね(笑)

ロードバイクでは
サイクルウェア、
アームカバー、
レッグカバー
を着用するのが良いです。

これらを着用することにより
快適な走行を楽しむことができます。

気になる価格についてですが、
もちろんピンからキリまでですが

安いのであれば1つ3000円ほどで
ウェアー類を購入するこができるので
是非、購入してみてください。

 

必需品はこれ

By: uka0310


ロードバイクで走る距離が 短い、長いに関わらず

共通している必需品があります。

・ヘルメット
・携帯電話
・ドリンクボトル
・捕食
・メンテナンス道具

これが必需品となってきます。

先ほども言いましたが
身を守るために「ヘルメット」は必ず着用しましょう。

連絡手段として携帯電話が必要になってきますし
エネルギー不足にならないためにも
ドリンクボトルと
捕食(ウィダーゼリーやカロリーメイトなど)を
持っていくのが賢明です。

そして自転車に不具合が生じてしまった場合に
メンテナンス道具があれば解決できることが多いので
持っていくと安心です。

繰り返しになってしまいますが
結局、ロードバイクでの必需品とは

身を守る物(ヘルメットや栄養補給品)と
自転車のメンテナンス道具になってきます。

そしてあとは、
走行距離に応じて
着替えや財布を入れるための
バックなどが必要になってきます。

本当に必要最低限の道具で出かけるのは
危険性が高まってしまうので
ある程度準備をしてから出かけることをお勧めします。

 

ロードバイク初心者が気をつける事とは

ロードバイク初心者の走り

・トウオーバーラップ

前輪とつま先の接触トラブルの事です。
ハンドルの切れが大きい時に起こりやすいトラブルです。

事故を防ぐために
ペダルに載せる足は指の付け根の膨らんでいる部分が
ペダルの中央にくるようにしましょう。

走行中の注意として
曲がっている間は内側の足を上にしてストップして
自転車と体を傾けて曲がりましょう。

ロードバイクではカーブしている時には
ペダルは漕ぎません。

 

・リム打ちパンク

スネークバイトとも呼ばれる、
タイヤが潰れて、路面とリムにチューブが挟まれることによって
穴が開いてしまう事を言います。

対策としては、
こまめに空気圧をチェックすることです。
タイヤの空気が抜けているとパンクしやすいため、
しっかりと点検しましょう。

 

・おしりの痛み

ロードバイクのサドルは
一般的な自転車と比べると細くなっていますよね。

「そのせいでお尻が痛くなってしまう!」

という方が多いと思います。

しかし、
知っておいてほしいのは
正しい姿勢で乗っていたらお尻はいたくなりません。

なのでお尻が痛いうちは
まだ、上手く乗ることができていないということになります。

正しい姿勢とは
体重をお尻だけでなく
四つん這いのように
腕にも体重を分散させる乗りかたです。

そうすることにより
お尻だけに体重が乗る事を防ぐことができます。
最初は難しいと思いますので
少しずつ練習していきましょう。

また、
レーサージャージを履くのも対策としては有効です。

レーサージャージには
パットが入っているので乗りやすくなります。

 

・ハンガリーノック

ハンガリーノックとは
簡単にいうとエネルギー不足の状態です。

頑張り屋さんな方が
ハンガリーノックになりやすいです。

空腹、水分不足の時に
無理して走り続けるとなってしまいます。

最悪の場合は意識を失ってしまいます。

対策としては
しっかりと栄養、水分を補給すること、
無理をしないことです。

 

・路面

走行する路面には気を付けなければいけません。

点字ブロックや鉄板、車道端の溝などなど、
ロードバイクのタイヤは細いため
普通の自転車では大したことがない路面でも
ハマってしまったり、
思わぬ事故になってしまう可能性があるため、十分に注意しましょう。

 

・盗難

盗難を防ぐために鍵もしっかりと選びましょう。

盗まれにくい鍵は
ツーロックタイプの鍵、
断面積が大きいチェーンタイプの鍵
になります。

細いワイヤータイプの鍵だと
簡単に切ることができるので盗まれやすいです。

大切な自転車を守るためにも
鍵はしっかりとしたものを選ぶようにしましょう^^

 

ロードバイクのタイヤ交換の動画ですが スゴい筋肉が気になります…。

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)