「降水量 1ミリ」どのくらいの量か知ってる?3mmでゴルフができない?

降水量という言葉、
きっと誰もが耳にしたことがあると思います。

天気予報などを見ていれば、
全国揃って晴れでもない限り、
必ずどこかで出てくるのではないかと思います。

でも、実際、
降水量の正確な意味ってご存知ですか?

案外、知らない人が多いんですよね。

そこで、
降水量について解説してみたいと思います。

SPONSORED LINK

はてはて、降水量って何ぞや?

降水量と聞いて、ピンとくるあなた。

お天気博士ですね(笑)

実際、降水量については、
何となくで捉えている人も多いと思います。

降水量っていうのは、
雨の降った量を示しています。

ただ、いつも問題になるのは、
量を示しているのに、どうして単位はミリなのか
ということです。

量なら
Lとかm3とかじゃないの
という疑問は正しいと思います。

実際、降水量というのは、
雨がどこにも流れずに、その場にとどまった時に、
どれぐらいの深さになるか示した数字です。

そのため、ミリという表記になっています。

つまり、
降水量が10ミリということであれば、
その場には、深さ10ミリになるぐらいの雨が降った
ということです。

このように、
降水量というのは、
分かりやすいようで、分かりにくい、
そんな指標になっています。

 

降水量 1ミリはどのくらい?

降水量が指し示すものが分かったところで、
次に気になるのは、
どのくらいの雨なの?
っていうことですね。

天気予報で降水量は1ミリです
と聞いても、
それがどれくらいかっていうのが
分からなければ意味がありません。
そこで、
これがどの程度の量かということですが、
思いつくまま降水量1ミリについて書きだしてみます。

  • 傘はなくても何とかいけるレベル
  • 雨が降ってきたなと感じ始めるレベル
  • 道路などは濡れているのが分かるレベル
  • 屋外のスポーツであれば、そのまま決行されるレベル

これらが降水量1ミリの時の目安となります。

このあたりの感覚は
人によっても異なってくるので、
なかなか難しいところもありますが、
1つの参考にしてみて下さい。

私は、
降水量が1ミリであれば、
傘は持って行かないようにしています。

あまり屋外を歩く機会がないのと、
やっぱり邪魔になりますからね。

ただ、長時間歩くと、
濡れるのは濡れます。

目安として、
歩くのは10分以内ぐらいじゃないかと思います。

 

3mmだとゴルフができる?できない?

屋外のスポーツは天候に左右されますが、
ゴルフもまたそんな1つです。

降水量が1ミリ程度では、
ゴルフなら問題なくプレー出来ますが、
3ミリならどうか?

3ミリの雨となると、
明らかな雨ですので、プレーは出来ますが、
移動中の傘は必要となります。

また、
コースも水で濡れてくるので、晴れの時とは、
攻略方法は少し違ってくると言えるでしょう。

くれぐれもプレーに集中しすぎて、
風邪をひくことがないように注意したいですね。

 

 

 

Sponsored Links



コメント入力

*
*
* (公開されません)