夏風邪で高熱がっ!!子供と大人で症状と対処法が違う!?体温と免疫の関係

家族の健康を守る身としては、
夏風邪はやっかいな存在です。

治るまでにどうしても時間がかかるのと、
高熱が出るケースが多いためです。

子供が
高熱でウンウンうなされているのを見るのは悲しいですが、
そんな悠長なことを言っていると、
隣で旦那が今度は高熱に・・・

こんなこと、
過去に一度や二度ではありません。

また、夏風邪に対して、
子供と大人では、
異なる対処を求められるのも大変なんですよね。

ほぼ毎年と言って良いほど悩まされている夏風邪ですが、
その夏風邪について、
対処法やどうして高熱が出るのかまで書いてみたいと思います。

夏風邪に悩まされる前に、
一度、知っておくと良いと思いますよ。

特にお母さん達にはオススメです。

SPONSORED LINK

夏風邪で高熱!

夏風邪と言うと、
人それぞれいろんなイメージがあるのではないかと思います。

やはり多いのが
「長引く」というイメージではないかと思いますが、
次に多いのが「高熱が出る」というイメージです。

冬に比べて、風邪にかかることがそれほど多くない夏風邪ですが、
実際、夏風邪にかかると
高熱が出るケースというのも少なくありません。

我が家でも、
夏風邪にかかった人はもれなく高熱が出るケースが多く、
それによって私があたふたすることも・・・

さすがに今では慣れましたが、
夏風邪と高熱というのは、実は切っても切れない関係なんです。

夏風邪の代表的なものとして、
ヘルパンギーナプール熱というものがあります。

どちらも高熱が出る代表的な夏風邪となりますが、
40℃近い熱が出ることも少なくありません。

夏風邪が怖いというのはこの点にあり、
かかってしまうと高熱でうなされるという点にあるのです。

また、夏は
エアコンが効いた部屋と
太陽がギラギラと輝く屋外を行ったり来たりすることが、
圧倒的に多くなる季節です。

そして、この温度差によって、
身体の中の自律神経がバランスを崩してしまうのですが、
これが夏風邪を引き起こす原因となっています。

もちろんそれが全てではありませんが、
エアコンが高熱の原因になる
というのは、決して言い過ぎではないのです。

 

夏風邪の高熱 子供編

先ほど、
夏風邪の代表的なものとして、
ヘルパンギーナとプール熱というのを紹介しました。

どちらも高熱を出す夏風邪としては、ポピュラーですが、
この2つかかりやすいのは、
大人と比べたら圧倒的に子供です。

これらは
どちらもウイルスが原因で起きる夏風邪となっていますが、
1つやっかいなのはその症状です。

症状として、
高熱というのは既に説明しました。

我が家の事例から言えば、
学校から帰って来て、外に遊びに行って帰ってきた子供の様子が、
いつもとは違っておかしい。

遊びに行く時は元気に行ったはずなのに、
何かあったのかな?と思って、
何気なくおでこに手を当てると・・・「あつっ!!」。

子供は高熱が出てぐったりしていたために、
様子がおかしかったわけです。

これは大げさな話ではなく、
夏風邪の熱というのは、
突然、舞い降りたかのようにやってきます。

あまりにも突然なために、
さっきまであんなに元気だったのに!?と、
初めて体験するお母さん達はビックリするんじゃないかと思います。

しかも、高熱と来ていますので、尚更ですよね。

そして、
そんな高熱と一緒にやってくる夏風邪の症状が、
嘔吐、下痢、腹痛、喉の痛みです。

正直、夏風邪の子供を見ていて、
こんなにやっかいなものはないと言っても良いほど、
やっかいな症状だらけということになります。

食事をしても、嘔吐や腹痛に悩まされ、
しまいには喉が痛くてご飯食べれないなんていうことにもなります。

仕方なく、病院に連れて行き、
点滴となれば、今度は注射が嫌だと泣き叫ぶ・・・

「もう何とかして・・・」

こんな一言が出てくる瞬間です。

ただ、夏風邪になれば、
まさにこういったことが起きるかと思います。

更にダメ押しとなるのが、
夏風邪には効果的な薬がないことです。

夏風邪を治すためには、
免疫力でウイルスを体外に押し出すしかないのです。

そのため、病院に行ったとしても、
貰えるのは、主に解熱剤程度ということになります。

対処法としては、
安静にして免疫力を高めることとなります。

そのために必要なことになってくるのは、
水分補給・栄養補給・休養です。

夏は脱水症状になりやすいので水分補給に注意し、
身体に栄養を補給するため、食事にも注意、
ウイルスと戦う体力を得るために、睡眠もしっかり取る!!

夏風邪の時に出来ることは、これが全てです。

あまりにもシンプルですが、
対策法としては、最も効果的な方法となります。

夏風邪の時は、高熱が数日続くことも多いので、
その間、正直、気が気ではありませんが、
環境を整えてあげて、
後は子供の免疫力に任せるしかないのです。

 

夏風邪の高熱 大人編

大人が夏風邪についても、
基本的にかかるものとしては、子供と一緒です。

ただし、プール熱など、
子供に比べてプールに入る機会が少ない大人は、
直接と言うよりは、
誰かがかかってきたものを貰うことが多いです。

例えば、うちの旦那のように、
子供から貰っちゃうケースですね。

大人の夏風邪も、症状については、
子供と大きな差はなく、
腹痛や下痢、喉の痛みなどが主になります。

対処法としては、
こちらも子供と同じように免疫力を高めて、
ウイルスを体外に排出することになるわけですが、
子供と対処を変えなければいけないのが、
この点になります。

子供であれば、
熱が下がるまで家でゆっくりしていれば良いのですが、
大人、しかも仕事があるとなれば、
なかなかそうはいかないですよね。

そのため、
解熱剤などを飲んで、出社する人も少なくないですが、
基本的に解熱剤を飲んだからと言って、
根本的な解決にはなりません。

熱を上げて免疫たちが戦ってくれている訳ですから…。

あくまでウイルスを体外に排出しなければ、
夏風邪が治ったことにはなりません。

また、
下痢に悩まされたからと言って、
下痢止めなどを飲んでしまうと、
ウイルスの体外への排出が滞ってしまい、治りが遅くなります。

このように
大人の場合は、
薬で一時的な対処をしてしまうことが多いため、
それに隠れて
根本的な対処が抜けてしまう可能性があるのです。

根本的な対処としては、
水分補給・栄養補給・睡眠
これは子供と何ら変わらないのです。

仕事も確かに大切ではありますが、
しっかりと身体を休め、
夏風邪を治すことも大切なこととなります。

一時的な対処法でごまかしながら働くのも有ですが、
根本的な解消が抜け落ちてしまわないように
注意するようにして下さい。

うちの旦那は、
「休めない」と言って、
だましだまし働いていた結果、
しっかりと治りきるまでに1か月以上もかかっていたこともありました。

本人いわく、
この間は、働いても効率が悪かったようで、
出来るだけしっかりと治したほうが良いようです。

人それぞれ状況は違うと思いますが、
早く治せることに越したことはないですね。

 

体温と免疫力の関係

By: Da Sal

最後は、免疫力についてですが、
よく体温免疫力というのは、
密接な関係があると言われています。

結論から言えば、
体温が低いと免疫力は低下します。

これは身体の中を流れる血流が関係しているのですが、
体温が高いと血流が良く、
身体の中の異物を除去する白血球が、
身体の隅々にまで行き渡ります。

しかし、体温が低いと、
血流が悪くなってしまうために、
白血球の異物除去が間に合わず、
結果として免疫力の低下に繋がってしまうのです。

今の人達は、
こういった理由から免疫力が低下していると言われています。

簡単に分かるのは、平熱を知ることで、
通常、36.5℃~37℃ぐらいが目安となっています。

中には36℃以下なんていう人もいるようですが、
こういった方はいわゆる低体温の方となりますので、
免疫力も健康な人に比べて、
低い可能性というのは、十分にあるのです。

 

 

 

Sponsored Links



コメント入力

*
*
* (公開されません)