夏風邪 咳が止まらない理由!!なぜ夜ヒドくなる!?どんな治し方ある?

夏風邪の症状の中で
やっかいなのがですよね。

熱が下がった後も、
咳だけは長く続くケースというのが、
私が夏風邪にかかった場合は、圧倒的に多いです。

でも、どうして、
夏風邪は咳の症状が酷くなるのでしょうか?

また、改善するためにはどうしたら良いのか?

夏風邪の咳について
詳しく書いてみたいと思います。

SPONSORED LINK

夏風邪の咳が止まらない!

夏風邪の症状として、
は代表的な1つではありますが、
それ以外にも、熱や下痢、喉の痛みなどがあります。

どれもやっかいな症状ではありますが、
個人的には
咳が一番やっかいだな~と常々感じています。

夏風邪の咳はなかなか止まらず、
治ったかなと思っていても、
しつこいぐらいに咳が最後まで続きます。

咳もすごく体力使うので
かなり疲労してきます…。

夏風邪の中でも、
この咳だけでも何とかならないものかと、
過去に何度思ったことか・・・数知れませんね。

 

なぜ咳が長引くのか?

どうして夏風邪の時は、咳が長引くのか
ということですが、

これは単純に言えば、
風邪が治り切っていないからです。

夏風邪にかかっている時というのは、
夏の暑さによって免疫力が低下し、
そこを夏風邪の原因であるウイルスにやられます。

そして、免疫力低下のため、
なかなか夏風邪が完治しないため、
症状の1つである咳が長引くことになるのです。

また、他の腹痛などに比べて、
咳は環境などの影響が受けやすいため、
咳が止まらないと、
認識しやすいのですね。

そういった理由もあり、
夏風邪の咳は長引くということになるのです。

 

夜にヒドくなる理由とは

夏風邪の咳が長引くのは、
環境のせいだという話をしましたが、
夜に酷くなるなんていうのも、
そう感じさせる1つです。

実際、咳は夜に酷くなるケースが多いですが、
これにはしっかりとした理由があります。

夜、
人は「副交感神経」が優位になります。

これは身体をリラックスするための作用となりますが、
副交感神経が優位になると、
気管や気道が狭くなるという現象が起きます。

そして、それらが狭くなった結果、
咳が出やすい状況となり、
夜は咳が酷くなるということになるのです。

身体をリラックスさせるための反応も、
咳にとっては、出やすい環境ということになるのです。

 

夏風邪の咳、止め方治し方

By: Amy

夏風邪の際の咳の止め方ですが、
ベストな方法は、
しっかりと風邪を治しきることになります。

分かりきっていることではありますが、
これが一番です。

ただし、
寝ている際に咳が酷く、
睡眠が妨げられる状態では、
体力が回復しにくいので
夏風邪を早く治すことは出来ません。

そこで、オススメなのは、
咳止めを飲むと良いでしょう。

そうすることで、
良質な睡眠へと繋がり、
夏風邪の早期回復、咳が止まる
ということに繋がります。

他の症状に対して薬で対処する方もいますが、
特に下痢止めなどは、
ウイルスが体外に出ていきにくい状況となりますので、
夏風邪を治すという意味では、
実はあまりオススメ出来ないのです。

 

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)