稲毛海浜公園プール 場所取りは子供に日陰を!!人気のスライダーを楽しむ方法

稲毛海浜公園は、
夏に子供達を遊ばせるには
うってつけの場所です。

やはり魅力的なのは、
プールじゃないかと思いますが、
プールで遊ぶ際に気を付けたいのは場所取りですね。

休息することを考えれば、
日陰に場所取りするのがオススメです。

そこで、
稲毛海浜公園で遊ぶ際のポイントを紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

稲毛海浜公園プールの魅力

稲毛海浜公園には、
色々と魅力的なポイントがありますが、
プールは、
その中でも圧倒的人気を誇るポイントです。

夏には、多くの人がプールに遊びに訪れるわけですが、
その魅力は、
様々な形で遊べることに尽きるかと思います。

プールには定番の流れるプールや、
波の発生するプールなんていうのはもちろん、
全部で14種類ものプールがありますので、
1日遊んでいても飽きません。

更に、スライダーも種類があり、
どれも人気となっています。

他にもバルーンやアスレチックなどもありますので、
本当に様々な遊び方が出来ちゃうんです。

 

入場後の場所取りは日陰がポイント!子供には大事

非常に魅力的な稲毛海浜公園ではありますが、
難点があるとすれば、日陰が少ないことです。

たくさんプールで遊んだ後は、
ゆっくり休息したいですが、
炎天下の中では、休むに休めませんね。

そのため、
場所取りは、日陰を狙うことを意識しましょう。

特にお子さんがいる家庭は、
炎天下の中では熱射病になるリスクもあります。

日陰を狙って場所取りする場合は、
出来れば
開門と同時に入場するぐらいのイメージだと良いでしょう。

屋根の下などの日陰のポイントは
あっという間に埋まりますので、
注意が必要です。

着替える前に
場所取りしちゃうくらいだと良いかもしれません。

ちなみに、
開門からスムーズに遊ぶコツとしては、

自宅から水着を来ていき、
開門と同時に場所取り、
そのまま脱いでプールへ

というのが、理想的なパターンです。

更衣室はもちろんありますが、
混雑するので、着替えるのも一苦労だったりします。

 

稲毛海浜公園プール人気のスライダーに乗りたい!

稲毛海浜公園のプールに入るのであれば、
スライダーで遊ばない手はありません。

スライダーと言っても、
そのまま滑るもの、
チューブに乗って滑るものなど、
スライダーとしても種類が豊富です。

特に追加で料金を払うこともありませんので、
安心して遊ぶことが出来ます。

ただし、やはり人気となるため、
混雑時は長蛇の列になるケースもあります。

こればっかりは覚悟して乗るようにしましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)