だだちゃ豆と枝豆は何が違う!?味に違い?栄養は?本当のところを解説!

だだちゃ豆と言われても、
ピンとこない人いるかと思います。

また、実物を見てみれば、
枝豆じゃないの?
って思う人も多いんじゃないですかね。

ビールのおつまみには最適なだだちゃ豆ですが、
案外、よく知られていません。

そこで、今回は
だだちゃ豆について紹介したいと思います。

だだちゃ豆について知って、
美味しいビールと一緒に楽しんでみて下さい。

SPONSORED LINK

だだちゃ豆とは

では、早速、
だだちゃ豆とは一体何か
っていう話ですが、
簡単に言ってしまえば、「枝豆の一種」になります。

枝豆でありながら、枝豆ではないものが、
だだちゃ豆と言えるでしょう。

このような名前になった由来としては、
かつて枝豆が好きなお殿様がいて、
その人が枝豆を持ってこさせたところから始まります。

お殿様は、必ずどこのだだちゃの豆か?
と聞いたようですが、
ここからだだちゃ豆と呼ばれるようになりました。

肝心のだだちゃについてですが、
これはおじさんとかお父さんという意味があります。

つまり、お殿様は、
どこの者が作った枝豆だ?
っていうことを聞いていたわけですね。

 

枝豆との違い

だだちゃ豆は枝豆と似ていて非なるものですが、
実はけっこうな違いというのが存在します。

それはです。

枝豆は全体的に緑色をしていますが、
それに対して
だだちゃ豆は、やや茶色をしています。

これはだだちゃ豆に生えている産毛が
茶色っぽい色をしている為です。

そのため、
知らない人の中には、だだちゃ豆を見て、
「枝豆の鮮度が悪くなってしまったもの」だと
勘違いしてしまう人もいるほどです。

また、枝豆とだだちゃ豆の違いは、
見た目だけにあらず、味にも違いがあるのです。

枝豆に比べて、
だだちゃ豆のほうが
甘味やうま味が強くなっており、
栄養価も高くなっています。

特に注目すべきは、
オルニチンの含有量で、
よくシジミは含有量が高いとして有名ですが、
そんなシジミよりも、
だだちゃ豆のほうが含有量が高くなっているのです。

このように
見た目も味も栄養素も枝豆とは異なるだだちゃ豆ですが、
かつては
一部の地域でしかでまわらない貴重な食材でした。

最近でこそ
全国で食べることが出来るようになっていますが、
未だに貴重なのは変わりありませんので、
機会があればぜひ食べたいですね。

 

だだちゃ豆の美味しい食べ方


だだちゃ豆の美味しい食べ方としては、
やはり、塩茹でが一番でしょう。

シンプルながらも、
その濃厚な味わいを一番楽しめる食べ方となっています。

まずは、
だだちゃ豆をよく洗い、塩を使ってもみ洗いします。

その後、
たっぷりのお湯の中に投入し、3分ぐらい茹でます。

茹でた後、塩を適量まぶせば完成です。

シンプルながら、
ついついビールが進む、
そんなおつまみになりますね。

 

 

 

Sponsored Links



コメント入力

*
*
* (公開されません)