自転車 傘さし運転は違反に!罰金あるの知ってる?罰則強化の経緯とは

雨が降っている時に、
傘を指しながら自転車に乗る方いませんか?

私もちょっと前までは、
そんな傘さし運転をしていた1人でした。

でも、
この自転車の傘さし運転というのは、
違反に当たってしまうのです。

そして、
そもそも傘さし運転自体がとっても危険です。

ただ、危険なことは分かっていても、
違反になるということを知っている人は少なかったりします。

そこで、今回、
自転車の傘さし運転について紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

自転車の傘さし運転

By: Jun OHWADA

徒歩、自転車、バイク、自動車など、
移動の手段として、様々な方法がありますが、
その中でも自転車というのは、手軽で便利な方法の1つです。

通勤や通学に
自転車を使っているという人も少なくないでしょうし、
普段の移動手段のメインが自転車なんていう人も多いでしょう。

都会であればバイクや車が必須だったりしますが、
都内となれば、
逆に自転車のほうが、小回りが利いて便利だったりします。

そんな自転車ですが、
欠点の1つに上げられるのが天候です。

晴れであれば良いのですが、
雨となってしまうと濡れることになるため、
傘やかっぱというのが必須アイテムとなってしまいます。

ただ、
かっぱはどうしても持ち運びに不便であるため、
傘をさす人が後を絶ちません。

問題となるのは、
自転車を乗る際に片手で傘をさし、
片手でハンドルを操作する傘さし運転というものです。

街中でも雨の日はよく見かけますが、
ハンドル操作が不安定になりとっても危険です。

私も以前、傘さし運転をしていたところ、
雨の上に更に風も吹いており、
突風にあおられた影響で転倒したことがあります。

足は痛いわ、服は濡れるわで
散々な思いをした経験がありますが、
自転車の傘さし運転にはこのようなリスクがあるのです。

私の場合は、
自損事故であったため不幸中の幸いでしたが、
これが相手あることであればと思うと・・・・
ちょっとゾっとしますよね。

確かに便利でついついやりがちな自転車の傘さし運転ですが、
このようなリスクを持っていることを忘れてはいけません。

 

違反!傘さし運転!


バイクや自動車であれば、
交通違反ということでスピード違反や信号無視など、
あれやこれやと思いつきますが、
自転車となると途端に出て来なくなる人がいます。

中には
自転車に違反なんてあるの?
という人までいる始末・・・。

始めに言っておきますと、
自転車にもしっかりと交通ルールが存在します。

そして、
自転車の傘さし運転は、立派な違反行為となります。

この自転車の傘さし運転の話をすると、

「グレーじゃないの?」

とか

「まったく問題ないでしょ?」

なんていう意見が出てくるのは、
私の中のあるあるですね(笑)

自転車の傘さし運転が違反になるのは、
立派な根拠がありまして、
それは道路交通法に基づいています。

道路交通法の中には、
安全運転の義務というのが定められています。

車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通および当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない。

こうやって
法律の条文を読むと難しく感じますが、
噛み砕いて言えば、

「自転車はしっかり整備して、安全に走行すること」

ということです。

更に
2015年に道路交通法が改定されて・・・

傘を差す、物を持つなどの行為で視野を妨げたり、安定を失ったりするような方法での運転は禁止

このような形となりました。

ここまで説明あれば、
自転車の傘さし運転が違反だ
ということも理解頂けると思います。

元々、自転車の傘さし運転は危険だとされていましたが、
過去はそれほど厳しくは取り締まられていなかった
という経緯もあります。

しかし、
取り締まりが強化されるようになってからは、
しっかりと違反として扱われるようになっています。

今までは大丈夫だったからと油断することなく、
違反は違反ですので、
自転車の傘さし運転は
止めたほうが良いのに越したことはありません。

もちろん違反じゃなかったとしても、
やはり傘さし運転は、
走行する上でもとっても危険な行為となりますので、
止めたほうが良いですね。

ちなみにですが、

「傘を手で持つわけではなくて、自転車に固定ならどうなの?」

と思った人もいるのではないかと思います。

世の中には
さすべえと言った、
自転車本体に傘を固定するための器具が売られています。

これを使えば、
傘を手で持つことなく走行することが出来るのです。

そうなれば、
ハンドルも両手で持てますので、
操作が不安定になることもありませんよね。

結論から言えば、
この方法は大部分の地域によってはOKです。

この自転車への傘の固定については、
道路交通法では規制されていないものの、
都道府県によって独自の条例で規制しているケースがあるのです。

青森、岩手、山形、静岡、福井、三重などは、
全面的に禁止していますので、
残念ながら傘を用いての自転車の走行というのは、
どういった形でも不可能ということになります。

また、
茨城、栃木、愛知、京都、広島、長崎、熊本などは、
一定の条件の元でのみ許可されています。

これ以外の地域では、
固定しての走行は可能となっていますが、
今後、規制が変われば出来なくなる可能性もありますので、
その点には注意していきたいですね。

 

罰金は?

By: ume-y

道路交通法の違反となれば、
やはり気になるのは、
罰金はあるのか
っていうことではないでしょうか?

自動車などで違反すれば、驚くような罰金や、
場合によっては
免許が停止や取り消しなんていう事態もあります。

それに対して、
自転車の傘さし運転はどうかと言うと、
罰金はあります。

金額としては、
5万円以下の罰金とされていますので、
最大でも5万円ということになります。

金額としては、かなり大きいですよね。

家から駅まで傘さし運転で行っただけで
5万円の罰金なんてことになれば、
距離にもよりますが、
タクシーのほうがマシだってなりますよね。

少なくても歩けば良かった
と思うことは間違いなしです。

このように
決して少なくない金額ですので、油断は禁物です。

また、
3年間のうちに2回以上、
自転車運転の規則に違反してしまうと、
安全講習も義務づけられるようになりました。

もちろん
この安全講習にも受講料としてお金が必要になってきます・・・

 

罰則強化の経緯

By: Dick Thomas Johnson

このような罰則が強化されて経緯には、
自転車の運転マナーの悪化が原因としてあります。

傘さし運転はもちろん
ハンドル操作が不安定になることから危険ですし、
それ以外にも
自転車を運転する際のマナー違反が増えてきたのです。

例えば、
今や多くの人が持っているスマートフォン

このスマートフォンを操作しながら、
自転車を運転している人も数多く見かけます。

傘とは違い、片手運転というだけでなく、
視界も不安定になりますので、
危険極まりないことは間違いないですよね。

他にもイヤホンをしながら、
無灯火などなど
マナー違反を上げればキリがありません。

そういった経緯があり、
自転車の罰則について強化されることになりました。

今後、こういった流れというのは、
ますます加速するのではないかと言われています。

目的としては、
マナーの改善、最後は道路を通行する方々への安全となるわけですが、
自転車を運転する側としては、
違反される前に危険な運転はしないように心がけたいですね。

間違っても、違反だと分かっていて
罰金を支払うはめになってしまうなんてことは、
ないようにしたいものです。

 

 

 

Sponsored Links



コメント入力

*
*
* (公開されません)