冬瓜(とうがん) 下ごしらえの基本と電子レンジの加熱ポイント

様々な食べ方ができて、
年間を通して食べられるのが冬瓜です。

でも、
冬瓜ってどうやって調理すれば?
っていう人も多いんじゃないかと・・・

そこで、
冬瓜について紹介してみようと思います。

漢字に騙されて、
勘違いしている人も少なくないんじゃないかな。

ここで冬瓜について詳しくなってみて下さい。

SPONSORED LINK

冬瓜の美味しい旬

By: danpeng1

そもそも冬瓜というのは、
いつ食べることが出来るのか?

美味しい旬の時期というのは、いつなのか?

冬瓜という漢字から
冬だと考えている人も少なくないですが、
実は冬瓜の旬の時期はです。

ちょっと驚きですよね。

具体的には、
7月~9月ぐらいが旬の時期となります。

では、どうして冬という字を書くのかというと、
冬瓜は貯蔵性に非常に優れており、
冬でも出回るためにこのような字で書かれます。

そのため、夏が旬にも関わらず、
冬でも食べることが出来ちゃうんですね。

ただ、美味しく食べるなら、
やはり旬の夏の時期がおすすめです。

 

冬瓜の下ごしらえ基本

By: NanakoT

それでは、冬瓜の食べ方ですが、
冬瓜を食べる際に大切なのは、下ごしらえです。

これさえ覚えてしまえば、後は楽チンだと思います。

まず、
冬瓜を食べやすい大きさにカットし、
中に入っている種やワタを綺麗に取り除きます。

スプーンを使って取り除くと簡単ですね。

感覚としては、
かぼちゃの種やワタを取り除く時に近いと思います。

外側の皮は
ピーラーで厚めに剥いてしまいましょう。

皮を剥いた後は、
そこに包丁で格子状に隠し包丁を入れます。

更に型崩れをしないように面取りを行い、
たっぷりのお湯で下茹でします。

お湯には塩を少々入れ、
茹で時間の目安としては、10分ぐらいが目安ですが、
その後の料理に合わせて調整してみて下さい。

 

ここまでが
冬瓜の下ごしらえの基本となります。

後は、サラダに入れてみたり、
煮ものにするなどして食べましょう。

比較的、どんな料理にも使うことが出来ますので、
お好みの調理方法を探してみると、
楽しいんじゃないかと思います。

 

電子レンジの加熱ポイント

By: Hajime NAKANO

冬瓜の下ごしらえですが、
お湯で茹でる以外にも、
電子レンジを使う方法があります。

電子レンジを使う場合も、
面取りするまでは同じ手順になりますが、
その後、軽く水の中にくぐらせます。

その後、
耐熱容器に並べて、ラップを緩くかけます。

そしたら、
電子レンジで7分ぐらいを目安にかけてみて下さい。

この時のワット数は500Wです。

竹串が簡単にささるぐらいで下ごしらえ完了ですが、
こちらも料理に合わせて、
調整してもらえれば良いかと思います。

 

 

 

Sponsored Links



コメント入力

*
*
* (公開されません)