料理研究家になるため女性はどんなスキルアップを??資格やアシスタントについて

最近、
テレビで目覚ましい活躍をしていられる料理研究家ですが、
女性が料理研究家なるには
どのようにすれば良いのでしょう?

料理研究家と言うぐらいですから、
やっぱり料理はかなり出来ないとダメですよね?

また、それ以外に
必要な資格や専門の学校等はあるのでしょうか?

更にプロの料理の世界となると、
男性が多い世界のように思えますが、
女性は不利な世界になっているのでしょうか?

今回は、
料理研究家になるために必要なこと
について解説したいと思います。

特に女性で料理研究家になりたい人は必見です。

資格やアシスタントなどについても解説していますので、
ぜひ参考にしてみて下さい。

料理研究家になるために

By: Jaume Escofet

どうやったら料理研究家になれるのか?

色々考えることはありますが、
そもそも料理研究家とは何か?

これが分かると
おのずと「どうやったらなれるのか」も理解出来るようになります。

そもそも
料理研究家というのは、料理人とは違います。

料理人というのは、
料理を提供し、それを食べてもらうことによって、
対価を得るという職業になります。

そのため、
料理人になるためには、
他人に料理を食べさせるために資格が必要になってくるのです。

一方、料理研究家と言うのは、
誰かに料理を食べてもらうというのが、メインとは限りません。

他人には
一切、料理を食べてもらわない料理研究家もいるのです。

それでは、
「料理研究家の具体的な仕事は何か?」と言うと、

料理を研究し、
その成果を世間に広めるのが仕事
ということになります。

イメージが湧きにくいかもしれませんが、
例えば
レシピを紹介する、
料理教室を開く、などといったことになります。

仕事の仕方としてアプローチは様々ありますので、
料理研究家と言っても、その働き方は実に様々です。

テレビに出演する方もいれば、
まったく表舞台には出て来ないけれど、
ブログなどは非常に有名だという料理研究家の方もいます。

料理研究家と言うのは、このような働き方となるため、
必要な資格というのは、必要ありません。

それどころか、あなたが今日から料理研究家です。

このように名乗ってしまえば、
それで料理研究家になれてしまうのです。

ただ、名乗ったからと言って、
すぐに仕事が出来るかというと、それはまた別の話です。

料理人であれば、
一人前になるまで、弟子入りやアシスタントを経て、
お店を出す時には看板を掲げることで、
ある程度のお客さんを見込めます。

しかし、料理研究家であれば、
まずは自分を世間に知ってもらうところから始まるのです。

もちろん
料理研究家にもアシスタントを募集しているケースがありますので、
こういったところで働けば、
料理研究家見習いとして働くことは出来ます。

それでも、一人前になった時には、
やはり自分を知ってもらわなければいけないのです。

そういう意味では、
料理研究家は、料理の研究家としての実力はもちろんのこと、
自分を世間にPRしていく能力も求められることになります。

誰かのツテを頼って人脈を形成していくのも良し、
ネットに発信して、人気を集めていくのも良しです。

方法は自由ですが、
サラリーマンのような固定給をなかなか得られない職業ですから、
いくら稼ぐことが出来るのかっていうのは、
知名度やキャラなどに大きく左右されるわけです。

それでも、最近は
子育てが一段落した主婦の方がなるなど、
発信がしやすくなっていることもあり、
料理研究家になるためのハードルとしては低くなっている
と言えるのではないかと思います。

 

料理研究家はなぜか美人が多い?

By: Matt

料理研究家は、
男性じゃなければいけないとか、
女性でなければいけない
ということはありません。

でも、料理研究家と言えば、
女性のイメージが強くないでしょうか。

実際、テレビなどメディアに登場する料理研究家の方は、
女性の方が多く、皆、美人揃いです。

中にはモデルやアイドルのような活躍をする人もいて、
どちらが本業なのかと見ていて、
分からないほどの活躍を遂げている方もいます。

美人料理研究家として、
有名な方の名前を簡単にあげただけでも・・・

  • 浜田陽子
  • 森崎友紀
  • 関根みなみ
  • 関口絢子
  • カティー(K-ty)
  • 大森麻里
  • 青木敦子
  • 岡田史織
  • 沙希穂波
  • 園山真希絵

ざっとあげただけでも、
これだけの名前が出ます。

どの方も有名ですが、
やはり森崎さんや園山さんは、
様々な形でのメディアへの露出も多く、
知名度は高いのではないでしょうか。

これだけ美人な方ばかり多いと、
料理研究家は美人じゃないとなれないの?
と思えてきてしまいますが、
そんなことはもちろんありません。

このように美人が多いように見えるのは、
料理研究家の中でも、
美人の方がメディアへの露出が多いからです。

確かにテレビで売り出すのに、
美人料理研究家と言うのは、売り出しやすいですもんね。

テレビなんかは特に
視聴者受けする料理研究家の方が
会社の収益に繋がりますからね。




 

料理人に男性が多い理由とは

By: WorldSkills UK

料理を研究し広める料理研究家に対して、
料理を作り、提供するのが料理人です。

この料理人は、
男性の割合が圧倒的に多くなっていますが、
これにはいくつか理由があります。

1つ目の理由としては、
男の世界として形作られてきたからです。

料理人という職人の世界は、
イコール男の世界というのが通例でした。

今でこそ少しずつ変わってきてはいますが、
それでもまだまだこういった慣習は残っており、
そのために男性が多い世界となっています。

 

2つ目の理由は、
ハードな職場環境です。

料理人と聞けば、
聞こえは良いかもしれませんが、
実際の職場は非常にハードです。

休みもあまりなく、
労働時間もどうしても長くなりがちです。

朝は早くから仕込みを開始し、
ランチを迎え、終われば夜の仕込み、
ディナーを提供し、それが終われば、片付け。

下手すれば
朝から晩までの仕事ということも少なくないのです。

このように
厳しい労働環境であることから、男性が多い世界となっています。

 

3つ目の理由は、味覚の変化です。

男性に比べて、
女性は1か月の中で体調の変化があり、
それに伴い、味覚も変化します。

個人差はあるものの、
濃かった味付けが、違う日は薄く感じることもあります。

このように
味覚が安定しないということは、
料理を提供する上で致命的です。

同じ味を作ることが難しいということになりますので、
美味しいと思うものを提供し続けることが出来ないのです。

こういった理由から料理人は、女性よりも男性が多い世界となっています。

少しずつ環境が変わってきたこともあり、女性も確かに増えてはいますが、
やはり今後もまだまだ男性社会じゃないかと思いますね。

 

人気料理研究家の特徴

By: ict.wa4

料理研究家となる上で大切なことは、人気を集めることです。

ブログを見てもらうにしても、
料理教室で人を集めるにしても、
人気がなければ叶えることは出来ません。

そういった厳しい世界で、
人気を集めている料理研究家の方はたくさんいらっしゃいますが、
共通して言える特徴があります。

それは、料理への情熱という点です。

もちろん料理研究家を目指す人であれば、
料理への情熱は一般の人よりも高いのは間違いないでしょう。

しかし、
人気料理研究家となれば、
その情熱は更に上をいきます。

どうやって作れば美味しくなるのか?

どうやって作れば、
より手間が少なく作ることが出来るのか?

ジャンルによって様々ではありますが、
まさに研究家と言う点での情熱が
成功への第一歩であることは間違いないでしょう。

例えば、
レシピを紹介するにしても、
一般の方が作るのであれば、より手間が少なく、
簡単であれば多くの人から支持されます。

そのため、
1つの料理であっても、
様々な作り方を何パターンも試すというような、
大きな熱意というのが必要になるのです。

単純に料理が好きというのではなく、
この料理をこういった形で世間に届けたい!!
という強い想いが大切なのです。

まとめ

By: barachihuang

料理研究家になるためには、
特別な資格は必要ありません。

名乗ったその日が料理研究家としてのスタートです。

しかし、
スタートが簡単な一方で、
成功するためには様々な努力が必要です。

それでも、自分が研究した料理を、
一人でも多くの人に知ってもらいたいというのであれば、
料理研究家になれる素質は十分にあるでしょう。

本業としての料理研究家から、副業として、
時間の空いたちょっとした時にと様々な形で働けるのも特徴です。

興味を持った方は、
自分がどんな料理研究家として働けるか、
検討してみると良いのではないでしょうか。

 

 

 

Sponsored Links



コメント入力

*
*
* (公開されません)