ビットコインの購入方法を解説!!採掘で儲かるのホント?仕組みと換金方法についても

ビットコインって
どうやって購入して、どうやって使えば良いのか、
イマイチ分からなかったりします。

まだまだこれからの通貨っていうことですが、
儲かるなんていう話をSNSや話の中でよく聞きます。

「儲かる」って聞くと、
ちょっと気になっちゃいますよね。

そこで、今回は、
ビットコインの購入方法や儲けられるカラクリについてご紹介。

そもそものビットコインの仕組みなどについても紹介してみたいと思います。

ビットコインに興味があって、これから導入を考えている人は、
ぜひ参考にしてみて下さいね。

ビットコインの購入方法

By: pinguino k

ビットコインがそもそも何ぞやっていう話ですが、
これは仮想通貨と言われるものになります。

通貨と言うと、
専門家の間でも「ビットコインは通貨として良いのかどう」かということで、
意見が分かれるところではありますが、
ここでは難しいことは置いておきます。

そして、
仮想通貨であるビットコインは、
自ら購入してきて使うことが出来ます。

この辺りは、商品券を購入してきて、
それをデパートで使うなんていうのと、遠い親戚ぐらいに思ってもらって構いません。

そして、
ビットコインも
まずは購入しなければ始まらないわけですが、
購入方法としては、大きく2つあります。

  • 1.ATMで購入する方法
  • 2.取引所で購入する方法

購入となった場合、
大きくこの2つが考えられるのですが、

1の「ATMで購入」というのは、
ビットコイン対応のATMで購入することになります。

ただし、
このビットコイン対応のATMというのは、
それほど普及していないということもあり、
あまり現実的ではありません。

そのため、
現時点では、取引所で購入するというのがメインの購入方法になります。

具体的な取引所については、後程、紹介しますが、
国内の取引所もあるため「英語は無理!」なんていう人も安心して取引出来ます。

やり方としては、
まずは、口座を開設し、取引所にお金を預けます。

お金の預け方としては、
銀行振り込みやコンビニ入金、クイック入金など様々ありますが、
取引所によって反映されるまでのスピードや手数料に違いがありますので、
その辺りは比べて選択すると良いでしょう。

無事に口座にお金を預け終わったら、
いよいよビットコインの購入です。

特に難しいことはなく、
預けたお金でビットコインを買うという流れです。

一部、クレジットカードでもビットコインの購入が可能ですが、
ついつい買い過ぎてしまったり、歯止めが効かなくなってしまうので、
始めは預けたお金で買うのがオススメです。

ビットコイン購入にあたっての
全体的な流れとしてはこういった形になりますが、

続いて気になるのが
どこの取引所を使うか
っていうことだと思います。

そこでオススメなのは、
コインチェック・ビットフライヤー・ザイフの3つです。

国内の大手取引所と呼べる3つで、
それぞれに特徴があります。

まず、コインチェックについては、
何と言っても日本のビットコイン取引所の中でも、
最もポピュラーな取引所です。

多くの人が利用しており、
使い勝手なども便利な取引所です。

どうしてもセキュリティ面に不安が感じるという人も、
コインチェックでは、
盗難補償サービスが開始されましたので安心です。

 
続いてのビットフライヤーについても、
コインチェック同様に、オススメの取引所の1つです。

コインチェック同様、
フェイスブックのアカウントと連動して
簡単に口座開設出来たりするなど、
手軽にビットコインを始められるのが特徴です。

クレジットカードでの購入も可能になっているので、
そういう人にも便利な取引所になっています。

 

最後のザイフですが、
こちらは積立が可能となっている取引所です。

ビットコインを積み立てて投資したい
という人は増えていますが、
まさにそれを叶えてくれるのがザイフというわけです。

定期的に自動で購入してくれるため、
あまり取引の時間が取れないという人や、
いつ購入すれば良いのか分からないなんていう人にもオススメです。

 

このように取引所によってもそれぞれに特徴があります。

今回、紹介した取引所は
どれも初心者にオススメで、便利なところとなっています。

自分の目的と合った取引所を見つけて、
ビットコインを購入してみて下さいね。


 

ビットコインの「採掘」とは?

By: Nathan11466

ビットコインの話をする中で、
必ず登場するのが採掘という話。

何やら聞いたことがないワードですが、
実はこれがビットコインの1つの特徴にもなっています。

ビットコインというのは、
現物としてお金があるわけではなく、
ネットワーク上でやり取りされる通貨です。

そのため、
誰がいくら持っているかということや、
支払われたり、購入されたりという処理は
全てデータでやり取りが行われます。

この処理ですが、
コンピューターで膨大な計算が行われ、
1つ1つの取引が正しいということを確認しながら行われます。

そのため、
このご時世においても、非常に手間がかかり、
コンピューターの能力もとてつもなく必要となるのです。

そこで、ビットコインでは、
その処理を有志のコンピューターを借りることで、
行われています。

つまり、ビットコインが成り立っているのは、
有志の方のコンピューターの提供があるからだと言えます。

ただ、有志の方もタダ働きというわけではなく、
ビットコインの処理が完了した場合、
報酬としてビットコインが支払われるようになっています。

ビットコインの処理を行うためにコンピューターを提供し、
処理が完了した後は
ビットコインを貰うというギブ&テイクの形となっているのです。

この一連の流れをビットコインの採掘と呼ぶのですが、
実際に行うには「壮絶な争い」となっています。

参加すれば貰えるというわけではなく、
処理を完了するために、多くのユーザーが技術を駆使しています。

これからビットコインを始めるという人や
コンピューターの深い知識を持っていない方には、
ちょっと難しい世界ですので、
まずは知識として覚えておくぐらいで良いでしょう。

 

ビットコインは儲かるの?

By: BTC Keychain

ビットコインの話の中で、
こちらもよく出るワードなのが「儲かる」です。

ビットコインをただの通貨ではなく、
儲かる通貨として認識している人も多いでしょう。

結論から言えば、
ビットコインは、「儲かる可能性があります」が、
一方で「損する可能性もある」と言えるのです。

これはビットコインが
日々、その価値を変動させる通貨のためです。

昨日は100円だったビットコインが、
今日は120円であれば、20円の儲けになります。

反対に昨日100円だったビットコインが、
今日は80円であれば、20円の損ということになるのです。

この辺りは
株や外貨取引などと同じ考え方だと言えるでしょう。

そのため、
必ず儲かると間違っても勘違いしてはいけません。


 

仕組み(メカニズム)と税金について

By: pinguino k

ビットコインは仮想通貨だということを簡単に説明しましたが、
その仕組みについてもう少し説明します。

非常に簡単に言ってしまうのであれば、
ビットコインは
株などのような流動性のある投資対象であると同時に、
SUICAなどの電子マネーと同じように使うことが出来る仮想通貨です。

通常、株などは、投資家達の需要と供給によって価格が変わります。

人気がある銘柄は高く、人気がない銘柄は安くなります。

外貨も同じことが言えますね。

日本円が人気であれば円高となり、
人気がなければ円安となります。

ビットコインも同様で、
人気が高まれば価値が高まりますので、
100円で買えていたものが、
120円出さないと買えないということになります。

そういう意味では、
価格の決定のメカニズムは株などと同じだと言えます。

一方、
外貨と異なるのは、実物がないということです。

日本円でもアメリカドルでも、
外貨投資において、必ずお金という現物がどこかにはあります。

実際、投資する上では、パソコン上で行ったりするため、
現物を見ることはありませんが、
お金として現物が存在しているのです。

しかし、
ビットコインにはそれがありません。

そういう意味では、
いわゆる電子マネーと同じようなメカニズムであり、
画面上に表記された分だけ使うことが出来るのです。

ただし、電子マネーは
現物のお金で入れた分だけ使えるようになっており、
使える額が変動したりしません。

まとめると、
ビットコインは
株などの投資対象物と電子マネーを併せ持った物とも言えます。

昨日は買えなかったものが、
今日は買えるなんていうことが、
ビットコインを使えばあり得る話なのです。

そして、
買った時の価値よりも高い価値で現金に戻した場合、
当然ながら利益が出ます。

この時に考えなければいけないのが税金です。

ビットコインで得た利益というのは、
総合課税で累進税率が適用されます。

株などの場合は申告分離課税なので、
この点で異なります。

また、
雑所得として申請になるため、
控除額などはなく、儲けた金額は丸々申請する必要があります。

脱税は罪に問われますので、
決してごまかすなんて考えないでくださいね。

 

ビットコインの将来は

By: Jonathan Waller

ビットコインを使う上でその価値も大切ですが、
そもそも将来性があるのかっていうのは、
とても気になるところです。

こればっかりはハッキリと明言することは難しいですが、
大方、将来は明るいと言えます。

ビットコインと言うと、
「どこで使えるの?」っていう状況でしたが、
少しずつ使える場所も増えてきています。

ビックカメラなど有名な店舗でも使えるようになり、
こういった流れは今後も続くと見られています。

そのため、
買ってすぐダメになるということはないでしょう。

ただし、価格が変動するというリスクはありますので、
その点だけはしっかりと把握しておくことが大切です。

上がる可能性もあれば、下がる可能性もあります。

 

まとめ

By: Nobuyuki Hayashi

今回は、ビットコインの購入方法に始まり、
仕組みや将来性について解説してみました。

仮想通貨が様々ある中で、
ビットコインは、今後、
世界中で主流になっていくと期待されている1つです。

日本ではまだまだ馴染みが薄い感じは否めませんが、
逆を言えば、今なら先取りするチャンスだとも言うことが出来ます。

もちろんリスクもありますので、
その点をしっかり押さえつつ、
購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

Sponsored Links



コメント入力

*
*
* (公開されません)