動体視力を鍛える効果的なトレーニング方法!アプリゲームの鍛え方なかなかイイ

趣味で野球をやっているのですが、
もっと打てるようになりたいですね。

得点圏にランナーを置いた状態で
打席がまわってきた時に、
打てないなんてカッコ悪い・・・

でも、
打てるようになるためには、
やっぱり動体視力っていうのは大切だと思います。

この動体視力は、
これからでも十分に鍛えることが出来ます。

では、
動体視力を鍛えるための方法って
どういったものがあるのでしょうか?

今回は、
動体視力を効果的に鍛えるための方法
っていうのを紹介したいと思います。

手軽にアプリなどでも鍛えられるので、
便利なアプリなんかも紹介しちゃいますね。

動体視力を鍛えるトレーニング

By: Mélanie Plante

動体視力を鍛えるトレーニングを紹介する前に、
そもそも
動体視力っていうのはどういった能力を指すのか?

これは
動いているものを正確に捉えることが出来る視力
のことを指します。

通常、人は静止している物体については、
ほぼ正確に物体を認識することが出来るかと思います。
(今回は視力の良しあしは置いておくことにします。)

しかし、
この物体に動きが加わった時、
正確に認識することが出来るかは、
その人の動体視力にかかってくるのです。

動体視力が優れていれば、
物体の動きが早くても、
その物体を正確に捉えることが出来ますが、
動体視力がイマイチであれば、
物体を正確に捉えることが出来ないのです。

野球で言えば、
ピッチャーから投げられたボールが、
まったく目で追えず、
気付けばキャッチャーのミットの中なんてことになります。

これでは、打ち返すなんていうことは難しいですよね。

では、これを踏まえて
動体視力を鍛えるトレーニング方法ですが、
基本的には、
動いている中で物体を捉えるということにあります。

具体的なトレーニング方法としては・・・

① 電車の中から看板を目で追う

電車通勤や電車通学など、
普段から電車に乗ることが多い人にオススメなのが、
この方法です。

電車の中から見える風景の中には、
いくつも看板が出てくるかと思いますが、
この看板に書いてある文字を動いている電車の中から読みます。

たったこれだけのシンプルな方法ですが、
やってみると最初ははっきりと文字を読むことは難しいかと思います。

せいぜい読み取れても一部ぐらいじゃないでしょうか。

しかし、この方法、
続けていると少しずつ読みとれるようになり、
最後は看板の内容全て読みとれるようになります。

トレーニングのコツとしては、
出来れば、同じエリアでやるようにすると、
読みとれるのが分かるようになり自信がついてくるのでオススメです。

 

② 車の中から対向車のナンバーを追う

これも発想としては、
電車の中から看板を追うのと一緒です。

車の場合は、
対向車のナンバーを目で追うのがオススメ。

理由は、あまり大きく視線を移動しなくて良いのと、
ナンバーぐらいだと
桁数なども決まっているのでやりやすいためです。

また、
数字とひらがなや漢字の組み合わせになっているので、
トレーニングしていても飽きが来にくいと思います。

電車と違い、車の場合は速度がその時に応じて変化するので、
状況に応じた負荷でトレーニング出来るのもオススメですね。

ただし、
自分が運転している場合は、
あまりそちらに集中しすぎて、
事故などを引き起こしてしまわないように注意するようにしましょう。

 

③ 指を使っての眼球運動

動体視力の低下は
眼球運動が衰えてしまうことが原因の1つです。

そこでそれを鍛えることも動体視力を鍛えるには効果的です。

そのやり方ですが、
まず、両手の親指を立てて肩幅ぐらいに広げます。

次にその親指を右、左と交互に見ます。

この時、やり方としては、
顔は動かさずに眼球だけを動かして、
交互に見るようにします。

イメージとしては、
出来るだけ早く、且つ正確に親指を捉えて下さい。

慣れてきたら、
親指の間隔を広げていくと良いです。

動体視力のトレーニングは、
実はそれほど難しいものはありません。

日常生活の中で出来るものばかりですので、
意識してやることが大切です。

動体視力を鍛えて、
ピッチャーの投球を
カンペキに打ち返したいですね。

 

動体視力をあげるアプリ

By: Nicolas Nova

動体視力を鍛える方法は、
先ほど紹介したトレーニング以外にも、
アプリで鍛える方法もあります。

オススメのアプリは、
「動体C力2 動体視力を鍛えるお手軽脳トレアプリの決定版!!」
です。

このアプリ、お手軽にトレーニング出来るにも関わらず、
ついついハマっちゃう要素も含んでいます。

スタートすると、上からCの文字が降ってくるのですが、
その空いている方法を
フリックして回答していくという形になっています。

最初はCの文字が大きく、
スピードもゆっくりなのに対して、
少しずつ小さく、早くなっていきます。

その中で
いかに正確に捉えるかということが大切になってくるのですが、
最後にはスコアも出るため、やっていると楽しいです。

皆でスコアを競ってやってみるというのも良いのではないでしょうか。

スコアは記録されますので、
自分の成長も感じることが出来ますよ。

 

動体視力と反射神経のお話

By: carldunniii

反射神経という言葉があると思いますが、
実はこういう神経は人には備わってはいないのです。

人には反射というものが備わっていますが、
これが早いかどうかっていうのに対して
反射神経という言葉が使われています。

この反射神経も
スポーツする上では非常に大切な要素ですが、
動体視力とはとても密接な関係があります。

反射神経というのは、
脳を通さずに身体を動かすことになるわけですが、
反射で身体を動かす際にも、
その状況を認識する必要があります。

野球で言えば、
バッターボックスに立っている際に
ピッチャーの投球が
自分めがけて飛んできた時などです。

その際に、
回避行動しなければ、デッドボールとなります。

痛い思いをするわけですね・・・
最悪、ケガをしてしまうのです。

ほとんどの人は何とか回避しようとするわけですが、
この時の動きが反射となるわけです。

ただ、その反射が起きる前に、
まず
球が自分に向かって飛んできている
ということを認識する必要があります。

その認識する上で大切なのが動体視力であり、
動体視力が優れていれば、
いち早く認識出来、反射で回避することが出来ます。

しかし、認識が遅れれば、
反射でも回避することが出来ず、
球が無残にも当たってしまうことになるわけです。

野球の場合、デッドボールになれば
1塁に進塁出来ますのでそれはそれでありですが、
万が一、頭などに飛んできた場合、
とっても危険ですよね。

その他にも
様々な場面で反射によって
リスクを回避しなければいけない場面はあります。

この時に大事になってくるのが、
動体視力というわけです。

 

動体視力の測定検査

By: nathanmac87

ここまで動体視力について説明し、
ある程度、理解してもらったかと思います。

そうなると
トレーニングなどを始める前に気になるのが、
現状の動体視力がどの程度なのか
っていうことですね。

そこで、
まずは動体視力を測定検査してみることをオススメします。

測定としては、様々ありますが、
下記のサイトなどを使うと便利です。

動体視力測定テスト
http://dt1.shindans.com/

ゲーム感覚で測定することが出来ますが、
レベルが1~5までに分かれており、
初めてで5をクリア出来る人は、
なかなかいないんじゃないかと思います。

このレベルがどのくらいであるのか
競技においてどれだけ有効なのかは
はっきりとは分かりませんが

ここで一度、測定した後、
日々のトレーニングを行いながら、
定期的に測定すると
成長の具合が分かるかと思います。

私も始めは
まったくレベル5には歯が立ちませんでしたが、
今では何とか対応出来るようにまでなりました。

トレーニングをする上でも「現状を知る」ということは
とても大切ですので、
このサイトでは簡単にできますので
ぜひチャレンジしてみて下さい。

 

動体視力の衰え方と予防

By: J E Theriot

残念ながら、
人は年齢とともに身体の能力というのは、衰えていきます。

これは
既に実感しているという人も少なくないかと思います。

若い頃出来たはずのことが出来ない
なんていうことはよくある話なのです。

そして、
動体視力についても、同じことが言えます。

何も対策を講じなければ、
年齢とともに確実に落ちていきます。

特にスポーツをずっと続けていきたい人にとっては
とっても大事なことです。

そこで大切なのが予防です。

動体視力は予防をすることによって、
衰えるのを防ぐことが出来ます。

予防の仕方は、日々のトレーニングです。

動体視力は
日頃の生活の中で重要な役割も果たしてくれますので、
衰えないようにトレーニングすることは大切でしょう。

トレーニングと言っても、
何も難しいことはありませんので、
日常のちょっとした時に実践して、
衰えるのを防いで下さい。

 

まとめ

By: Guilhem Vellut

動体視力は、
日常のちょっとしたトレーニングで鍛えることが出来ます。

そして、
動体視力が改善されれば、スポーツでも、
日頃の生活の中でも良いことばかりです。

電車の中、車の中、ベッドの中で
スマホを見ながらでも鍛えることが出来るので、
空いた時間で鍛えるようにしましょう。

放っておけば、年齢とともに落ちていきます。

トレーニングで何とか防ぐようにしたいですね。

 

 

 

Sponsored Links



コメント入力

*
*
* (公開されません)