誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)の症状と口腔ケアの方法について

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)という肺炎がありますが、
その症状はどういったものになるのか?

日本の高い死亡率を占めている肺炎ですが、
特に誤嚥性肺炎は高齢者がかかりやすいものとなっています。

その誤嚥性肺炎の
症状口腔ケアの方法などを
今回は紹介していきたいと思います。

SPONSORED LINK

誤嚥性肺炎とは?

肺の炎症
誤嚥性肺炎ですが、
肺の中に細菌が入ることによって生じてしまう肺炎です。

この肺炎は
唾液や胃液とともに細菌が流れ込むことが特徴で、
何度も再発しやすいという特徴もあります。

また、
誤嚥性肺炎を発症しているうちに
耐性菌が出来てしまうために、

優れた薬があったとしても
治療が困難というケースがやっかいです。

次の動画でも紹介されていますが、
特に高齢者がかかりやすくなっています。

【誤嚥性肺炎とは? 菊地内科】

死亡率も高くなっているために
油断出来ない肺炎です。

症状としては、
倦怠感であったり、
唾液が飲み込めない等になります。

「発熱」や「せき」といった
分かりやすい症状が出ないケースもあるので、
発見が遅れる可能性もあります。

 

原因となる菌は?

By: shizhao

誤嚥性肺炎の原因となる菌は
下記のようなものがあげられます。

 ・肺炎球菌
 ・インフルエンザ菌
 ・黄色ブドウ球菌

これらの菌が侵入することによって
肺炎が発症してしまうので
いかに侵入するのを防ぐかが重要となります。

また、
細菌の侵入を許すことになってしまう誤嚥ですが、
通常は気管には入らないように
ふたが閉まるようになっています。

しかし、
高齢者などこの機能が衰えてくると、
どうしても侵入を許してしまうこととなり、
誤嚥性肺炎を発症してしまうことも多いのです。

 

大事なのは口腔ケア

口腔ケア
誤嚥性肺炎の発症を防ぐためには大事なポイント
があります。

 ・細菌を器官に入れないこと
 ・細菌を口腔ケアで除去しておくこと

特に口腔ケアは誤嚥性肺炎に対して、
非常に効果的だとされており、
様々なところで実践されています。

誤って誤嚥が起きたとしても、
発症するための細菌がいなければ安心ということになります。

 

どういったケアが?

誤嚥性肺炎を防ぐための口腔ケアですが、
下のようなものが代表的です。

 ・歯磨き
 ・入れ歯の手入れ

このどちらも口腔ケアとしては一般的であり、
誤嚥性肺炎の予防には非常に効果が高いものです。

「歯周病」なども
しっかりと治療してやることで効果が高いと言われていますので、
放っておくのは危険です。

歯磨きは通常のブラッシングの他、
フロスなども効果的です。

 

きれいなお姉さんがフロスの使い方を教えてくれます。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)