移住支援金の出る県どこ?移住支援制度の仕組み 仕事や住む家は?

今住んでいる地域から
いつかは移住して、
今とは違う生活をしてみたい!

このような移住の夢を叶える人というのは、
毎年、大勢います。

もちろん
自分一人だけの力ではなかなか難しいのですが、
それを支援しているのが移住支援金です。

移住する人に対して様々な形で支援が行われ、
これを上手に利用することによって、
移住へのハードルがググっと下がるのです。

単純なお金のことだけではなく、
時には仕事や住宅、その他、様々なことについて、
支援してもらえることが出来ます。

今回は、
この移住支援金と移住について紹介してみたいと思います。

新たな仕事は見つかるのか?

住む場所はどういったところがあるのか?

これを読めば
移住に関する様々な不安点は解消されることでしょう。

移住支援金の出る県は?

By: www.twin-loc.fr

移住する際、
それを支援してくれる制度が「移住支援金制度」になります。

支援金と言っても、様々な形があり、
それぞれ支援の仕方というのは異なっています。

実に多くの県や地域で
移住支援金制度が整備されていますが、

その数は結構膨大な数ですので、
移住したい地域があるのであれば、
そこに移住支援金制度がないか探してみるべきです。

残念ながら、
この移住支援金制度については、
まだまだ認知度が低く、
制度を知らないまま移住した
なんていう人もいるほどです。

自治体によっては、
非常に手厚いサポートをしてくれるところもあるため、
自分がどういった支援を利用出来るかの確認は
非常に大切なこととなります。

では、
この移住支援金制度ですが、
自治体によってどういった支援があるのでしょうか?

例えば、
土地に関する支援で言えば、
宮城県の七ヶ宿は手厚いことで有名です。

移住する際に困るのは、
やはり「住宅」ではないかと思いますが、

こちら七ヶ宿町では、
20年住めば土地と住宅を無償で譲渡してくれる
という支援が行われています。

移住先では自分の家を持ちたい
という夢を胸に移住する人もいますが、
ここでは20年住めば、
その夢は無償の上に成り立つということになるわけです。

様々な条件はあるものの、
20年以上生活する気があるのであれば、
利用しないともったいないですよね。

 

他にも、
北海道の標津町では、
子育て世代には嬉しい支援があります。

その支援というのが、
幼稚園完全無料というものです。

いよいよ本格的に教育のスタートになる幼稚園ですが、
若い世代の親御さんにとっては、
幼稚園にかかる費用も決してバカになりません。

少しでも節約したい中で、
幼稚園の費用が無料になるというのは、
かなり大きな支援になるかと思います。

これなら、
子育てを控えている世代も安心して移住出来るのではないでしょうか。

 

続いて紹介するのは、
和歌山県ですが、
こちらは現金での支援となります。

様々な形の支援がありますが、
やはり様々なことに融通がきく現金というのは、
支援の中でも魅力のある1つになっています。

この和歌山県では、
若者が移住する場合に限り、
最大で250万円の支給を行っています。

移住というのは、
あれやこれやとお金がかかるものですから、
この現金の支給はかなりありがたいことに間違いありません。

ちなみにこの制度、
若者っていくつまでOKなの?
って気になるところですよね。

年齢としては40歳未満と設定されていますので、
かなり幅広い年齢の人が、
支援を受けることが出来るようになっています。

ただし、
他の条件として県外から家族全員で移住することや、
その移住によって退職することなどがあります。

支援を受けることを考える際は、
しっかりと条件に合致しているか、
確認するようにして下さいね。

 

さて、
住むところや移住に関する不安がなくなれば、
続いてやってくるのが仕事です。

いくら移住したとしても、
移住先で仕事がなければ日々の生活を送ることは出来ません。

この仕事という点について、起業するケースにおいては、
多くの自治体で支援を行っています。

これは、地方自治体などにおいて、
起業というのが新たな雇用を生み出すものとなるため、
非常に重要な位置づけとなっているためです。

例えば、
新潟県の長岡市では、
起業した場合に経費を1,000万円まで補助して貰えたり、

長野県の大町市では、
起業する際の設備資金として、
2,500万円の融資などを行っています。

このように
起業については高額な支援が準備されており、
全国でも1,000万円をこえる支援を行っているところが
10程度存在しています。

中でも最大で5億円という支援を行っていることで有名なのが、
茨城県の笠間市です。

「用地取得のための支援金」となりますが、
これだけの手厚い支援を行っている自治体は
さすがに他にはなかなかありません。

こういった支援の他、
自治体によって様々ではありますが、
事務所のための賃貸料の補助や
水道料金などを支援してくれる自治体もあります。

ここまでは起業する人向けの支援となっていますが、
就業したい人向けの支援というのも充実しています。

仕事の斡旋や役所への就職が準備されているケースもあります。

もちろんその時の状況によって様々ですから、
まずは自治体のHPを確認してみると良いかと思います。

このように
様々な形で存在している移住支援金ではありますが、
他にもまだまだたくさんの支援が行われています。

その全国に数ある支援の中の一部を
紹介していきたいと思います。

 

大分県豊後高田市

手厚いカバー力が魅力の高田氏の支援金ですが、
引っ越し代金の支援で10万円
結婚して2年以上の生活のお約束で10万円
など、
細かいながらも様々な点で支援金を受け取ることが出来ます。

もちろん
お子さんが誕生した場合は、
その都度、支援金を受け取ることも可能です。

なかなか若い世代の移住となると
将来の子育てなど不安要素が尽きませんが、
このような
手厚いサポートを受けられるのであれば安心ですよね。

 

北海道中富良野町

子供が風邪を引いた、ケガをしたなど、
その都度心配しては、病院に連れて行った
という親御さんは多いはずです。

子育ての中では仕方がないことですが、
この時の医療費っていうのは、
長い目で見れば決してバカには出来ない金額です。

その医療費を、
中学3年生まで無料としてくれるのが
北海道の中富良野町となります。

地味ながらも
その手厚い支援には助かっている方も多くいます。

他にもチャイルドシート購入する時には、
1万円の補助金が出るなど嬉しい支援も揃っています。

ちなみに、
新築を購入して
5年以上住むことを約束することで、
100万円の補助や、

新婚世帯や子育ての世帯に対しては、
家賃を2年間補助するなどの支援もあります。

 

広島県神石高原町

子供の進学に対して、
支援があるのがこちらの自治体になります。

小学校や中学校へ進学した時には
地域の通貨である「こうげん通貨」で、
10万円分の支給を受けることが出来ます。

地域で使えるものですが、
地域の活性にも一役買っているわけです。

また、
住宅の取得に対しては、最高で150万円の補助金が出るなど、
住む場所への支援も厚いのが特徴です。

 

山口県周防大島町

移住の時に心配なのが、
「その地域で上手く溶け込むことが出来るのか」
っていうことです。

そういった心配を解消してくれるのが、
この自治体の支援であり、
短期で試験的な移住や地域の先輩との交流の場など、
移住してからの不安を解消してくれる支援が充実しています。

また、条件はあるものの、
この大島町においても、
中学3年生までは医療費が無料となりますので、
子育て世代にとっては非常に助かっています。

 

群馬県高山村

出産時に祝い金が至急される支援や
小中学校への進学時には、
子供一人につき2万円の支援が行われます。

また、
高校や大学へ進学したくても、
経済的な理由から就学が困難な場合、
学費を無利子で借りることも出来ます。

学費については、
世の中には様々な支援サービスがありますが、
自分の生活している自治体からサポートを受けることが出来るというのであれば、
かなりの安心ですよね。

 

滋賀県彦根市

愛くるしいゆるキャラでもおなじみの彦根市ですが、
こちらの支援は子供が欲しい夫婦に大変オススメです。

不妊治療や妊婦健康診断などの助成を
手厚く受けることが出来ます。

新たな土地で子供を産むのは不安ですが、
金銭的なサポートが受けられる
というのがありがたいことです。

また、
妊婦さんやママさん同士の交流のサポートも行っています。

ママ友もおらず孤立している
なんていう心配もありませんので、
子育てしたい人にはピッタリの自治体と言えるでしょう。

 

佐賀県

子育てというのは、何かと心配が付き物で、
金銭的には負荷がかかるものとなっています。

そういった心配も
少しでも取り除こうという支援をしているのが佐賀県です。

佐賀県では、中学3年生に対して、
ピロリ菌検査とその菌を除くための治療事業を行っています。

なかなか
ピロリ菌の検査など聞きなれない支援ではありますが、
やってもらえるというのは嬉しいですよね。

また、移住に関して、
様々なやっておくべき項目も紹介されており、
これが佐賀県に移住しない人でも参考に出来る優れものです。

 

今回紹介した移住支援というのは、
全体のほんの一部に過ぎません。

まだまだ
他にも紹介しきれないほどの支援がありますので、
自治体のHPなどを探してみると良いでしょう。

目的の自治体があるのであればその自治体の支援を、
逆に支援からどの自治体に移住するか
検討するというのも1つの方法だと思います。

 

移住支援制度を使って移住した人たち

By: Daniel Jolivet

移住にあたり、
様々な移住支援金であったり、
移住に関するサポートを受けられることが分かっても、
実際にどのような感じなのか?
っていうのは移住した人しか分かりません。

そこで参考になるのが、
移住支援制度を使って移住した方々のブログなどです。

例えば、
こちらのブログ「ブログで田舎暮らし!」は、
移住支援制度を用いて移住した方のブログになっています。

どのような状況から移住を決意し、
どうやって移住して、今の生活はどうなのかということが書かれています。

移住したいけど、
不安だという人は、一度、読んでおくと良いと思います。

このような移住した方々のブログや紹介したサイトというのは、
他にもたくさん存在しています。

もちろんリアルな声が書かれていますので、
良いこともあれば悪いこともあるのが事実です。

しかし、
メリット・デメリットの両方を把握しておくことで、
初めて移住というものを真摯に迎えることが出来ますので、
移住を考えるのであれば、知っておくべきこととなります。

移住をした後で、
知らなかったでは済まされないこともあります。

出来るだけ多くの情報を得て、
移住について考えてみて下さいね。

 

仕事はどうする?

By: Yuichiro MASUI

今の仕事を辞めて、
移住して田舎でのんびり暮らしたい!

確かに聞こえは良いですが、
実際問題として、
田舎に移住した後も、
何か仕事がなければ、日々の生活に困ってしまうことになります。

各自治体によっては、
仕事の斡旋などを積極サポートしてくれるところもありますが、
そこだけを頼りにするのであれば、少し不安なところもありますよね。

そこで知っておきたいのが、
実際に移住した後「どのような仕事があるのか」ということです。

人によって出来る出来ないがあると思いますので、
まずは自分にどういった可能性があるかも含めて読んでみて下さい。

 

・公共事業に関する仕事

地方、特に田舎の方では
公共事業に関する人材というのが不足しているケースが多いです。

世の中、震災に関する復興、オリンピックなどで
景気が良い業界もありますが、
それによって地方から人手が不足しているのも事実です。

人手が不足しているということは、
そのまま仕事があるということですから、
公共事業に関する仕事というのがねらい目となります。

特に
土建業であったり、電気や設備の経験がある人というのは、
かなり重宝されること間違いなしです。

会社に就職することがなくても、
個人で請け負うことも場合によっては可能でしょう。

 

・農家

田舎の仕事の定番とも言えるのが農家のお仕事です。

様々な作物を育てて、日々、生計を立てるというのは、
苦労がありながらもやりがいのある仕事であることは間違いありません。

経験がないという人は、農家に雇ってもらって仕事を覚え、
いずれは自分で農家をというのも難しくないです。

今や農家は人手不足となっており、
後継ぎの問題であったり、
土地はあるけど農家をやる人がいないなど
様々な問題を抱えています。

こういったところでは、
ヤル気とチャレンジ精神が重宝されますので、
やってみたいという人は飛び込んでみるのも手だと思います。

ただし、やはり農作物を育てる以上、
様々な環境の変化などにも影響を受けやすく、
安定した収入を得るためには、
相当な苦労が必要となります。

チャレンジする際は、
その点についての覚悟は必要だと言えるでしょう。

 

・起業する

地方は都会に比べて、
非常に起業しやすいという利点があります。

それは元々の家賃が安かったりするために、
経費を抑えることが出来るためです。

また、圧倒的にライバルが少ないという点においても、
アイディアさえあれば、
ある程度の成功の見込みがあることになります。

今やインターネットさえあれば様々なことが出来ますので、
これを上手く活用して成功している方も移住者の中にはたくさんいます。

数多くの自治体では、
起業に対して手厚い支援を設けていることも多く、
これも起業がしやすい点となっています。

何よりも大切なのは、
何が求められているかというアイディアになります。

これがある方であれば、
起業も良いのではないでしょうか。

 

・地域おこし協力隊になる

地域おこし協力隊というのは、
地方において人口減少が進む中で、
その地域以外の人を受け入れ地域の活動に参加させ、
田舎で暮らすことを促進させる制度です。

国が掲げている活動の1つになりますが、
それぞれが持つ特徴を活かして、
地方活性のための活動を行うことになります。

観光業での経験があるのであれば、
地方に観光客を招くための活動であったり、
趣味のスポーツの経験を活かして、
地域の子供たちへの指導などです。

こういった活動を通して、
報酬を貰えることになります。

ただし、期間が設定されており、
だいたい1年~3年となっていますので、
その間に次の仕事を見据えつつ活動を行っていくということになります。

 

・デザイナー

ウェブデザインの仕事というのは、
場所を選ばず仕事が出来ることも少なくありません。

そこで、複数のお客さんを抱えておき、
その仕事を受けられる状況にして、
地方へ移住するというケースは成功パターンの1つです。

そのまま継続して仕事を貰える間は収入になりますし、
ウェブデザインの仕事というのは、
田舎にも需要はありますので新たな顧客を掴むチャンスも十分にあります。

田舎でのウェブデザインの仕事というのは、
デザインの仕事以外にも、企画や設計などトータルで仕事が出来る人が求められます。

移住を見据えている場合は、
自分の業務の幅も考えた上で、
日々の仕事に取り組むと成功しやすいかと思います。

 

・役場勤務

地方で最も安定している仕事と言えるのが、
この役場勤務です。

大手企業はありませんので、
公務員というのは、非常に憧れの存在となるのです。

もちろん自治体によって募集の有無というのは大きく違いますが、
チャンスがあれば応募してみるのも良いかと思います。

それまでの経験を活かすことが出来るのであれば、
自治体でも非常に重宝される存在になることが出来ます。

 

・事業継承する

地方では、
そもそも働き手がいないために事業を畳んでしまうというケースは、
非常に多く存在しています。

後継者問題というのは、
企業や事業にとって死活問題ですが、
そこに飛び込むことによって、
新たなチャンスを掴むことが出来ます。

もちろん企業や
事業の他、人と人との関係もありますので、
難しい一面もあります。

しかし、
そもそも誰かが継承しなければ畳んでしまうというケースを考えれば、
やる気がある人材というのは、何よりも嬉しいものです。

 

このように
移住した先での仕事というのも、様々なチャンスがあります。

自分で起業するも良し、
事業を継承するのも良しですが、
1つ言えるのは、
自ら考えて動き出す必要があるということです。

しっかりと日々の生活の基盤を固めるためにも、
仕事を探すことは、とても大切なことになります。

 

家はどうする?

By: MIKI Yoshihito

移住する際、
仕事と同様に大切なのが住む場所ですね。

いくら移住したいと言っても、
雨風しのげる場所がなければ、
日々の生活をするのも大変苦労することになります。

そこで、
家探しをするわけですが、
家探しの方法としては、大きく3つに分けることが出来ます。

1つ目は、
移住したい地方自治体に問い合わせる
という方法です。

移住を積極的に受け入れている自治体の場合、
こういった移住希望者に対して、
居住地の斡旋を行ってくれます。

地方であれば、
誰も住んでいない古民家やアパートなど、
様々な形態がありますので、相談してみると良いでしょう。

自分が望む形に近い家を紹介してくれるはずです。

2つ目の方法としては、
知り合いに尋ねるという方法です。

これは
その移住先に知り合いがいる場合に使える方法ですが、
実際にそこで生活している人であれば、様々な点を考慮した上で、
オススメの家というのを紹介してくれるかと思います。

また、お互い知っている分、
こちらの様々な点を考慮した家選び、
他にも交渉なども請け負ってくれるかもしれません。

移住した際に、
頼れる人がいるというのは非常に心強いものです。

知り合いがいるのであれば、
頼るというのはベストな方法と言えるでしょう。

3つ目の方法は、
不動産屋に直接に問い合わせるという方法です。

様々な物件を扱っている不動産屋さんであれば、
ある程度、希望に沿った居住地を探すことが出来るはずです。

ただし、
なかなかその地について知識がない場合、
不動産屋さんとの交渉は時間がかかるケースもあります。

決まるものも決まりませんので、
不動産屋さんに問い合わせする場合は、
ある程度の地理などについて知識を持った上で相談しましょう。

 

このように
移住先の家というのは、探し方はいくつかあります。

オススメは自治体に相談することですが、
受け付けてくれるかは自治体によりけりですので、
まずは聞いてみると良いでしょう。

 

移住ランキング

By: Jimmy B

それでは、
具体的に移住を考えた場合、
どこが人気の移住先となっているのでしょうか?

地域別に人気の自治体は様々ですが、
それぞれ人気のポイントも含めてオススメの自治体を紹介したいと思います。

沖縄県石垣島

By: Akame

沖縄県の石垣島と言えば、
この地方として非常に人気の移住先です。

何と言っても一番の魅力は溢れる自然です。

地方には自然豊かな地域が多いですが、
沖縄県石垣島の自然とは、
どんな地域の自然よりも人々を魅了してくれます。

交通の便も空港が出来るなど利便性が高くなっており、
年々、移住者も増えているために、
移住しても目立ちにくくなっています。

移住した時に
同じ境遇の人がたくさんいるので、
不安になりにくいですね。

また、
仕事も比較的多くあるのも特徴で、
様々な業種の仕事があり、
えり好みしなければ困ることはないでしょう。

しかし、
やはり都心部に比べると給与は安く設定されているため、
その点については覚悟する必要があります。

 

九州地方
大分県竹田市

By: yuki5287

九州地方の中で
人気の移住先となっているのが大分県竹田市です。

ここは、
何と言っても水が美味しいことで有名な地域であり、
週末にはわざわざ遠くから水を汲みにくるお客さんで賑わっているほどです。

その竹田市が人気の理由としては、
移住者に手厚いサービスがあることで、
有名なのが「集」という施設になります。

こちらの施設では、
移住相談の窓口と移住者の交流のスペースがあり、
移住の前も移住の後も
出来るだけ移住者に不安を感じさせないような配慮がされています。

また、
トマト農家になるための研修制度も充実しており、
将来的に竹田市でトマト農家をやろうと思っている方が対象で、
月15万円でトマト農家になるための研修を受けることが出来ます。

 

四国地方
高知県土佐市

By: kennejima

四国地方で人気の移住先となっているのが高知県土佐市です。

食に関して充実していることが魅力で、
果物や魚が美味しく多くの人が満足出来る環境となっています。

土佐市でも農業に関する支援は充実しており、
農業経営者になりたいことを強く望んでいる45歳以下の人であれば、
5年間程度は、年間で150万円の給付金を貰える制度があります。

これ以外にも住宅支援制度などもあり、
移住に関する基本的なことは網羅されていると言って良いでしょう。

 

中国地方
山口県周防大島町

By: yuki5287

中国地方で人気の移住先となるのが、
山口県周防大島町です。

こちらの自治体は、
仕事に関する支援が充実しているのが特徴です。

漁業については、
専門の研修制度があり、
月に15万円程度の補助金を貰いつつ、
漁業に関する基礎的な研修を受けることが出来ます。

研修が終われば、
そのまま漁業に携わることも、もちろん可能です。

農業についても、
未経験の人には年会費を払うことによって、
初心者向けの野菜作りを体験させて貰うことが出来、
自分に向いた農業の種類を決めることが出来ます。

年会費も8,000円と非常にリーズナブルですから、
利用しない手はありません。

 

近畿地方
和歌山県かつらぎ町

By: Tetsuhiro Terada

近畿地方で人気の移住先となっているのが
和歌山県かつらぎ町となります。

この地方では、
季節ごとに美味しいフルーツが充実しているのが魅力であり、
これを目当てに移住を決める人もいるほどです。

また、子育て世代には
嬉しい医療費無料の制度があるのもポイントです。

小学6年生までではありますが、
所得制限などがなしに、全ての子供の医療費が無料となります。

他にも無料職業紹介所があるなど、
様々な点でサポートしてくれるのも嬉しいポイントです。

 

中部地方
長野県上田市

By: Yuya Sekiguchi

中部地方で人気の自治体となっているのが、長野県上田市です。

周囲を自然に囲まれ、国立公園が南北にあるのが特徴的です。

また、アクセスが非常に充実しているのも魅力のポイントです。

北陸新幹線の停車駅である上田駅や
上越自動車道のインターチェンジもあるので、
交通に不便することはほぼないかと思います。

上田市では、
求人も比較的、数多く募集がかけられており、
移住後の仕事に困らないというのは、
安心出来る点になっています。

温泉などもあり、
働いて良し、プライベートも充実して良しという点から、
非常に人気が高くなっているわけです。

 

関東地方
千葉県鴨川市

By: Chris Gladis

関東地方の中で、
人気が高い移住先となっているのが千葉県鴨川市です。

関東と言っても
都会から少し離れた位置にありますが、
マリンスポーツと魚を楽しむであれば、ピッタリの移住先となります。

サーフィン発症の地と言われていますので、
毎年、大勢のサーファーがこの地を訪れていますが、
サーフィンするのであればこの上ない場所となるでしょう。

この鴨川市では、
移住に関して事前の体験プログラムが充実しています。

日帰りの農村体験や通年の農村体験など、
移住後の生活をリアルに感じることが出来ますので、
いざ移住と決めるまでに、
様々な不安を、実体験を通して感じることが出来ます。

専用の移住支援センターもあるため、
居住地や仕事、その他の様々なことについて、
相談にのってくれます。

 

東北地方
山形県鶴岡市

By: TANAKA Juuyoh (田中十洋)

東北地方で
人気の移住先であるのが山形県鶴岡市です。

こちらの自治体では、
中学生以下の医療費が無料となっており、
子育て世代にとっては嬉しい支援となっています。

また、
農業をやる人に向けての家賃支援制度や、
求人数が多いことは、移住者にとって大きなポイントだと思います。

周りには自然と温泉が多いため、
都会を離れてのんびり暮らしたいという人にはオススメです。

 

北海道
北海道東川町

By: Sendai Blog

北海道へ移住したいのであれば
オススメなのが東川町です。

生活水がミネラルウォーターとなっており、
雪解け水を利用しているために上水道がありません。

移住してきた多くの人が、
その水の美味しさにビックリするほどです。

3万円代から賃貸物件があり、
生活にあまりお金がかからないのも特徴です。

農業を始める人には助成金制度もありますので、
農業をやりたい人にはピッタリの移住先となるでしょう。

 

各地域において
人気の自治体を紹介しました。

人気なのにはそれなりの理由があり、
多くの人が求めるものがあります。

今後も移住者が増える可能性は十分にありますので、
移住先での不安というのも少ないかもしれませんね。

人気の地域であることも
移住先を決める要因にしてみても良いかと思います。

 

移住ドラフト会議とは


ここまで移住について紹介してきましたが、
最後にこの移住に関して面白い取り組みを紹介したいと思います。

それが移住ドラフト会議というもので、
これは野球のドラフト会議のようなことを移住希望者で行うといった、
少し変わったシステムです。

野球のドラフト会議であれば、
野球好きな人はもちろんのこと、

そうじゃない人も
注目の選手がいたりすると見るという人もいるかもしれません。

これはプロになりたいと希望を出した選手に対して、
球団側が交渉権を巡って抽選を行ったりするものです。

ここで交渉権を得た球団が希望の選手と交渉し、
プロに入ってくれるように促すわけです。

交渉権を獲得すれば、ほぼ入団内定となりますので、
このドラフト会議で獲得出来るかが大きく決まることになるわけです。

これが移住希望者で行われるのはどういうことかというと、
移住希望者がいわば選手になります。

球団側は各地方自治体ということになりますが、
移住希望者が行う「移住したい理由」「自分が持っているスキル」などに関するプレゼンを聞き、
地方自治体が来てもらいたいということで交渉権を獲得するのです。

獲得するのは、
あくまで「1年間住んでみませんか?」
という交渉権ですので、
最終決定は希望者側にあるわけですが、
このシステムには大きくメリットがあります。

通常、移住の際は、
希望者側が望む自治体へ移住します。

しかし、その時には、
ほとんどのケースにおいて、
自治体にどんな問題があって、
どのような人が来て貰いたいかという希望は加味されません。
(当然と言えば、当然ですが・・・)

この移住ドラフト会議では、
希望者の意思と受け入れ側である自治体の意思も加味されるため、
双方が望んだ形で移住が実現するわけです。

例えば、
自治体側で
デザイナーのスキルを持っている人を募集しているのであれば、
そういった希望者に対して交渉権を獲得していけることになります。

希望者についても、交渉してきた自治体に対して、
家のことや仕事についてなど、
移住に関する不安な点などを確認することが出来ます。

このように
移住に関する情報が双方に交換されてから移住が行われることで、
移住に関する失敗も少なくなるのです。

2016年から開催されている移住ドラフト会議ですが、
年々、規模が拡大しています。

移住者が増えていることもあり、
その認知度も高まっているようですが、
この流れは今後も続くことに間違いないでしょう。

移住したいという方は、
この移住ドラフト会議を利用するというのも、
1つの方法ではないかと思いますね。

 

まとめ

By: MIKI Yoshihito

移住支援金は、
移住を行う時に助けてくれる強い味方です。

自治体によって支援金の種類や支援については様々なので、
移住したい先にどんな支援が行われているか確認してみましょう。

今や地方によっては、
人不足により、移住希望者を広く募っているところもあります。

もちろん自治体によって特色は様々ですが、
やはり手厚いサポートは受けておいて損はありません。

支援が全てではないものの、
移住先を決める1つの要因として把握しておくべきでしょう。

 

 

 

Sponsored Links



コメント入力

*
*
* (公開されません)