産前産後休暇の期間ともらえる給与について知っておこう。

産前産後休暇は期間としてどの程度貰えることが出来るのか?

働いている女性にとっては
非常に気になることだと思います。

また、
その産前産後休暇の間の給与というのは
まったく貰えないのか?

それとも少しは出るのか?
など気になるお金のことについても紹介したいと思います。

しっかりと知識をつけて、
産前産後の大変な期間を乗り切って欲しいと思います。

SPONSORED LINK

産前産後休暇って?

産後産前休暇について
産前産後休暇というのは、
妊娠している、
出産した女性が取ることが出来る休みのことです。

具体的に産前産後で取ることが出来る休みというのは、
以下の期間のことを指しています。

 ・産前:42日間(双子の場合は98日)
 ・産後:56日間

ただし、
産前については女性が自ら申請した場合となっています。

産後については
法律で就業させてはいけないと決まっていますので、
産前産後では微妙にニュアンスが異なっているのです。

また、
産前産後休暇を「育児休暇」と混同している方もいるようですが、
育児休暇は産後休暇が終わった後に取ることが出来る休みをことを指しています。

 

休暇期間

育児休暇
産前産後休暇の休暇期間ですが、
下記のようになっています。

 ・産前:産前42日(双子の場合は98日)から産まれるまで
 ・産後:産まれてから56日

産後については
法律で就業させてはならないと定められています。

ただし、
産後であっても42日間が経過した後では、
本人の請求があった場合のみ
医者が認めた作業については就業することが可能になっています。

早期に職場復帰したい方も
最低でも42日間は休まなければならないということになります。

 

給与について

出産休暇
産前産後休暇中の給与についてですが、
基本的には会社に払う義務はありません。
次の動画を見てみてください。

【産前産後休業・育児休業】

ボードを使って産前産後休暇について説明をしてくれている動画ですが、
そこに「賃金の支払い義務はない」と書かれています。

つまり、
産前産後休暇中は会社から給与が出ない可能性もあります。

ただし、
その代わりに健康保険や雇用保険制度から
一定の金額が支給されますので、心配はいりません。

しっかりと申請しなければいけませんので、
その点は注意が必要になります。

 

手続きはどうやれば?

手続きですが、
会社で行ってくれるところも多いようですので、
まずは確認してみましょう。

ただし、
しっかりと申請用紙などは
自分で請求しないと受け取り忘れてしまうこともあります。

必要事項は医者に記入して貰わなければならないこともあるため、
必要事項を把握し、記入漏れがないようにすることが大切です。

また、万が一貰い忘れた場合でも、
2年以内から全額請求出来ますので、
諦めずにしっかりと申請を行いましょう。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)