パートの志望動機の書き方ポイント。未経験の場合はこう書く!

パートでの志望動機の書き方は
「難しい」と感じている人も多いかもしれません。

実際、
志望動機をしっかりと書かなければ
落とされてしまうのではないか
と考えている人もいるかと思いますが、

どういった志望動機なら良いのでしょうか?

そこで今回は
パートでの志望動機の書き方であったり、
未経験の場合は
どういったことを書けば良いのかなどを紹介したいと思います。

(記事:事務職での志望動機の書き方

SPONSORED LINK

パートでの志望動機の書き方

採用している様子
パートの場合の志望動機は、

「家から近いから」
とか、
「時給が良いから」
とか
そういった理由であるケースも多いのが事実です。

しかし、そういった理由を
志望動機に書いて良いのかというところで、悩む人も多いようですが
実際、こういったことを志望動機にしても問題ありません。

パートの場合は、
面接官のほうもある程度、
そういった志望動機であることを理解していることが多いので、
正直に書いても問題ないのです。

ただし、それだけではなくて、
そういった志望動機に加えて
何かその企業でなければいけない
ということをアピール出来れば、
かなりポイントはアップすることになります。

 

大事なポイントは?

面接している場面
パートの志望動機で大事なポイントは
長く続けられるか?
です。

採用する人が辞めてしまい
すぐに入れ替わるのは「人材コスト」にしかならないので、
出来るだけ長く働いてもらいたいと考えています。

そこで、
この点をアピールするというのは大切なポイントです。

上で紹介したものも加味して、
簡単に書くと例えば以下のようなものとなります。

普段から利用させて頂いているお店で、非常に慣れ親しんでいます。

家からも徒歩圏内ということで非常に近く、通いやすい立地になっています。

お店の品ぞろえや店内の雰囲気などが好きで普段から利用していることもありますので、 長く続けることが出来ると考えています。

簡単ではありますが、
長く続けられること、
そのお店でなければダメなこと
などを盛り込んだ形にしてみました。

「自分の経験」を加えることが出来るのであれば
尚、良いです。

ちなみに、
これらを面接で伝えなければならない場合は、
はっきり簡潔に述べることがポイントです。

次の動画をご覧ください。

【面接官のチェックしているポイント編】

新卒向けの動画ではあるものの、
基本的に面接であれば
新卒も転職もパートでもポイントは大きくは変わりません。

ぜひ参考にしてみてください。

 

未経験の場合は?

未経験の場合は
志望動機はどうしたら良いか?

未経験の場合でも、
基本的にはどうしてそこを応募したかという理由付けが大切です。

その上で面接官に採用しても
すぐに仕事を覚えてくれそうだという
可能性を感じて貰うことが大切です。

そこで、はっきりと
『未経験ですが、出来るだけ早く作業を覚えます。』
というように書いてしまうのも手です。

必ず経験者でなければ採用されないというわけではありませんので、
あきらめずにチャレンジしましょう。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)