緑のカーテンの作り方。効果がスゴい!部屋の温度が変わる!

暑い夏の対策に
緑のカーテンがあります。

この緑のカーテンの効果は
非常に暑さ対策には効果的で、
部屋の温度が大きく変わります。

では、
緑のカーテンにはどの程度の効果があるのか?

また、
緑のカーテンを作る時は
どのようなことに注意したほうが良いのかなど
説明していきます。

緑のカーテンを作って
暑い夏を快適に過ごしたいですね。

SPONSORED LINK

緑のカーテンとは?

カーテンは緑
緑のカーテンとは
窓の外に植物を生育させることで、
部屋の温度の上昇を抑制させる手法になります。

通常、
窓の外に植物を育て、
それが緑のカーテンのように見えるために、
緑のカーテンと呼ばれます。

また、
壁に直接、植物を生育させる方法もありますが、
一般家庭では、
窓の外にネットを張り、
そこを植物でいっぱいにするという方法が主な方法になります。

この緑のカーテンには
温度上昇以外にも以下のような効果があります。

 ・外壁の劣化の防止
 ・植物の観賞
 ・果実の収穫

温度上昇以外にも
様々な効果が得られるため一石二鳥の方法と言えます。

緑のカーテンには
様々な植物が用いられますが、
まずは次の動画をご覧ください。

【緑のカーテンにオススメの植物】

ゴーヤやキュウリなど用いられますが、
動画の中で説明してあったように、
パッションフルーツというのも、
最近は利用されるようになっています。

朝顔やきゅうり、
ゴーヤでも緑のカーテンですが、
それぞれに特徴があるために、
作る際は気をつけなければいけないことがあります。
それを簡単に紹介します。

 ・朝顔
 初心者向けの植物ですが、肥料切れには注意します。定期的な肥料やりは忘れないようにしましょう。

 ・きゅうり
 根が浅く全面的に広がるので、元肥をよく広げ、株同士を少し離しておきましょう。

 ・ゴーヤ
 窒素肥料が多いとつるボケを引き起こすので、肥料の量に注意しましょう。

このようにそれぞれの植物に注意点がありますが、
しっかりとポイントさえ守ればそれほど難しくありません。

自分の好きな植物を選んで、
それに適した栽培方法を行うことが大切です。

 

カーテンの効果は?

By: machu.

暑さ対策に効果的だと言われる緑のカーテンですが、
実際はどの程度効果があるのでしょうか?

ある学校で実施したところ、
緑のカーテンの有無で窓際の温度が
10℃以上の違いが出たというデータもあります。

10℃違えば、
体感温度としてはかなり異なりますので、
効果的だと言えます。

また、
見た目も緑のカーテンがあるのとないのとでは大きく異なりますので、
視覚的にも涼しげだと言えるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)