サフランの効能がスゴい!副作用あるが記憶効果のある漢方薬。

料理に使われることで有名なサフランですが、
記憶に関する効果があると言われています。

元々、
漢方という考え方なので
記憶効果以外にもいろんな効能というものが期待できるわけですが、
その一方で副作用もあると言われています。

効能ばかり信じて使い方を間違えれば、
身体には毒にもなりえるということです。

そこで今回は、
そんなサフランの効能や副作用についてご紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

そもそもサフランとは?

image1サフランというものが
料理に使われることを知っている人は多いかと思いますが、
そもそも「サフランが何か」っていうことについては
知らないという人もいるかと思います。

サフランというのは、
漢方薬の一種であり、
スパイスであると考えると良いかもしれません。

料理などでは
パエリアブイヤベースなどに利用されることも多くなっています。

この動画ではサフランをどのように使うのかが解説されていますが、
こういった形で使われることが大半です。

どんな効能があるの?

サフランの効果は様々言われています。

やはりよく言われているのが
「記憶に関する効果」
で、 これは中枢神経の活性化であったり、
記憶力増進に効果があると言われています。

サフランを使うと出てくる黄色の「クロシン」という成分に
記憶力アップの効果があるようです。

勉強する時に
ちょっとサフランの香りを嗅ぐという人もいるらしいです。

また、他にも効能としては様々あり、
細くなった血管を広げる働きもあったりするために
デトックス効果があると言われています。

さらには
冷え症の解消、生理不順緩和など
女性にとっては嬉しい効果っていうものもあります。

サフランの摂取は料理だけではなくて、
ハーブティーなどでも可能ですので、
ハーブティーとして楽しみながら効能を得ているという人も多いようです。

 

注意しなければならない副作用

image2サフランは
様々な効能があることを紹介しましたが、
注意しなければならないのが副作用の存在です。

サフランは冷えの対策であったり、
血管の拡張などに効果があると言いましたが、

同時にのぼせやほてり
不眠などの副作用があるとも言われています。

ですので、
サフランを摂取するという時は、
「摂取量」にはしっかりと注意しなければなりません。

1日の摂取量の目安としては、
0.1~0.3gが目安だ
と言われています。

また、妊婦さんについては、
子宮収縮作用というのがあるために、
出来る限り避けるようにと言われていることが多くなっています。

様々な効能が期待出来るサフランですが、
副作用も同時にありますので、使い方には注意が必要です。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)