次亜塩素酸ナトリウムの消毒力が水虫に効く!?濃度はどれくらい?

次亜塩素酸ナトリウムの消毒力は
水虫には効果的なのでしょうか?

使うにしても
どの程度の濃度にするべきか気になるところです。

今回は次亜塩素酸ナトリウムについて色々と調べてみました。

SPONSORED LINK

次亜塩素酸ナトリウムとは

image1
次亜塩素酸ナトリウムは
一般的な試薬の1つで、
理系の研究室などには1本は必ずおいてある
と言っても過言ではない薬品です。

酸化作用や漂白作用などを持っており、
分解しやすい性質があります。

一般的には漂白作用を持つことから、
漂白剤などに含まれています。

ちなみに、
漂白剤などは「混ぜるな」と書いてあったりしますが、
これも次亜塩素酸ナトリウムが反応してしまうからです。

強酸性の物質と混合してやることによって
有毒な塩素ガスを発生してしまうのです。

「混ぜるな」と書いてあるのには
それなりの理由があったということなのです。 

 

消毒力は?

消毒力
次亜塩素酸ナトリウムは
高い消毒力を有していることでも知られています。

これは次亜塩素酸ナトリウムの中に
次亜塩素酸分子が含まれているからです。

次亜塩素酸ナトリウムの殺菌力は
この次亜塩素酸分子によるものだと言っても
間違いではありません。

ちなみに、
次亜塩素酸分子は
次亜塩素酸イオンと比べると、
およそ80倍もの消毒力があるということが知られています。

ただし、
この高い消毒力を発揮するためには、
pHが弱酸性領域でなければなりません。

アルカリ性であったり、
強酸性領域であれば
殺菌力が発揮することが出来ないのです。

そればかりか
強酸性領域では有毒ガスが発生しますので、
非常に危険となります。 

 

水虫には効くの?

次亜塩素酸ナトリウムの消毒力ですが、
水虫にも非常に効果的です。

水虫になった場合、
通院して治療するケースが多いと思いますが、
中にはこの次亜塩素酸ナトリウムを使って
治療をしたという方もいるほどです。

次亜塩素酸ナトリウムで足を洗うことによって、
足を清潔に保つことが出来るため、
水虫の繁殖を抑えることが出来るというわけです。

もちろん次亜塩素酸ナトリウムを使う際は注意点はありますが、
手軽に出来る水虫対策と言えることが出来ます。 

 

消毒液の作り方は?

作り方

次亜塩素酸ナトリウムの消毒液の作り方ですが、
まずは次の動画をご覧下さい。

【次亜塩素酸ナトリウム消毒液の作り方】

準備するものは
2Lのペットボトルと水、
ペットボトルのキャップ、
キッチンハイターです。

作り方は簡単で
2Lの水に
キャップ2杯分のキッチンハイターを入れるだけです。

これで0.02%程度の
次亜塩素酸ナトリウムの消毒液の完成です。

濃度を濃くしたい場合は、
キッチンハイターを多めに入れるか、
準備する水を少なくすればOKです。

目安として、
直接触れる物の消毒は0.02%の濃度くらいで十分です。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)