ロキソニンは授乳中も大丈夫?赤ちゃんの影響と体内に残る時間

ロキソニンは
鎮痛剤として便利ですが、
授乳中は問題ないのでしょうか?

授乳となると
心配になってくるのが赤ちゃんへの影響です。

飲むのであれば、
何時間で体内から出ていくのでしょうか?

体内から薬が出ていった後なら
授乳も安心ですよね。

今回は、
ロキソニンの影響について調べてみました。

SPONSORED LINK

ロキソニンという薬

By: Sarah

ロキソニンは
頭痛や生理痛などに用いられます。

CMなどでも良く見かけますし、
薬局で購入することが出来るので、
利用しているという人も多いです。

このロキソニンですが、
そもそもは医療用の鎮痛剤として使われてきました。

それは市販薬として販売され、
効果の高さや効き目の早さなどに注目され、
今のようにたくさんの人に利用されています。

しかし、
ロキソニンを使うにあたって
忘れてはいけないことがあります。

【ロキソニンか?頭痛に効かない】

動画では
ロキソニンなどの頭痛薬の
大事な点を紹介しています。

それは
あくまで痛みを抑えるための薬
であるということです。

何を言いたいかというと、
根本的な原因を解決する薬ではない
ということです。

ついつい頼りがちですが、
これは
抑えておかなければいけないポイントです。 

関連記事:「ロキソニンとカロナールの違いって何?」

 

授乳中も大丈夫?

By: David D

授乳ですが、
しっかりと薬の成分が抜けていれば問題ありません。

これはロキソニンに限らず、
どんな薬にでも言えることです。

例えば、
授乳の時間が決まっているなら、
そこから逆算して薬を飲むようにすると良いです。

もっと言えば、
最初は搾乳し、
それを避けてから授乳するようにすれば、
尚、安心と言えるかと思います。

ただし、あくまで目安であり、
心配だという方は
ミルクで対応したほうがより安心
だと言えます。 

 

赤ちゃんへの影響は?

ロキソニンを飲んでからの授乳ですが、
赤ちゃんへの影響で大きいものというのは
特に確認はされていないようです。

しかし、ロキソニンは効果が高く、
副作用の恐れもあるため、
通常、子供には処方されない薬でもあります。

そのため
授乳であっても
決して赤ちゃんへの影響がないとは
言い切ることが出来ません。

安全性が確立していないようであれば、
どういったことが起きるか分かりませんので、
ミルクでの対応や、
ロキソニンを飲んでから
しばらく時間が経つのを確認してからのほうが
安心だと言えます。 

 

体内にロキソニンが残る時間は?

体内にロキソニンが残る時間ですが、
通常、5~8時間程度
だと言われています。

個人差などもあるようですが、
授乳するのであれば、
最低でも8時間以上空ければ
安心ではないかと思います。

通常、薬には半減期というものが設定されており、
これは薬の成分が半分になるまでの時間を示しています。

身体から抜けるのが
半減期から5~6倍程度ということで、
最大で8時間ほどかかるという計算になります。

あくまで目安ではありますが、
薬を飲む時の指標にもなりますので、
ロキソニンを服用している方は、
覚えておくと良いでしょう。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)