『しみ・そばかすを消す方法』薬で消える?やっぱりレーザー?

しみそばかすというのは
薬で消せるものでしょうか?

レーザー治療は効果的だ
という話はよく聞くことが出来ます。

でも、
レーザーはどこか怖い
という人もいるのではないでしょうか。

しみ・そばかすが
薬で消すことが出来るかどうか、
調べてみました。

SPONSORED LINK

しみ・そばかすの違いと原因

しみ・そばかすですが、
その原因は紫外線がほとんどです。

通常、
肌は紫外線から守るためのバリアがありますが、
これが弱くなり
肌の奥へと届いてしまうと
しみ・そばかすになってしまいます。

具体的には、
紫外線が当った際、
肌の中ではメラニンが登場します。

このメラニンは
紫外線から肌を守ってくれるものですが、
役目を終えると剥がれ落ちてなくなります。

しかし、
肌の新陳代謝などが上手くいかず、
このメラニンが沈着してしまうことがあるのです。

このメラニンの沈着が
しみ・そばかすとなっていくのです。

では、
原因が同じなのに
どうして、しみとそばかすという呼び名があるのか
ということですが、
これは年齢や遺伝が大きく関係しています。

しみ
比較的、高齢になってから出来るもので、
子供や若い人には見られません。

それに対して、
そばかすは生まれつきある人も多く、
遺伝でそばかすが出来やすく、
少しの紫外線でもそばかすになる人もいます。

このように
しみ・そばかすともに
紫外線の影響が強いのですが、
年齢などによって使い分けられています。 

 

しみやそばかすを消す方法は?

しみやそばかすを消す方法ですが、
大きく下の2通りになります。

 ・レーザー治療
 ・外用薬

レーザー治療は
直接しみやそばかすにレーザーで働きかけ、
消していくものです。

効果は高いですが、
後が残るリスクなどもあるのは確かで、
費用はどうしても高額なケースというのが少なくありません。

実際の治療に近いものは
こういった形のものになります。

【短期間で痛みのない シミ・そばかす改善】

顔にジェルを塗り、
専用の機械で
しみ・そばかすに光を照射します。

短期間で終わり
痛みも少ないために
人気の高い方法の1つです。

最近では
様々なところでレーザー治療を行っていることもありますので、
興味のある方は
調べるところから始めてみると良いかもしれません。

外用薬については、
治療としては服用するだけですが、
薬自体の刺激が強く、
使い方を間違うと
しみを増やしてしまう可能性もあります。

また、
認可されていないものについては
どこでも処方してくれるわけではないので、
簡単に手に入るというわけではありません。

どちらもメリット・デメリットがありますが、
実際にしみ・そばかすを消す際は、
方法についてよく吟味する必要があるのは
間違いないでしょう。

 

しみ・そばかすが消えるおすすめの化粧品は?

しみ・そばかすが消えるとうたわれている化粧品は数々ありますが、 その中でもおすすめの化粧品を紹介します。

 ・アスタリフト   CMなどでその名を聞いたことがある人も多いと思います。

  メラニン生成を抑える成分と技術が詰め込まれており、   高い評価を受けています。

 ・ヴァイタサイクルヴェール   こちらは泥由来の技術を活かした珍しい化粧品です。

  しかし、そのオリジナルの技術に対する評価は高く、愛用されている化粧品です。

他にも様々な化粧品がありますが、自分の肌に合う、合わないがありますので、 様々使ってみて、お気に入りの化粧品を見つけましょう。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)