ゴッドハンドのように寝違え治す方法!なかなか治らない時はコレだ!

寝違えた時の痛みって
なかなか取れないですよね。

満足に動かせないまま、
ただただ痛みがなくなるのを待つ
という人も多いのではないでしょうか。

そんな寝違えに対して
ゴッドハンドのように治す方法
があります。

今回はそんな方法を教えちゃいますよ。

治らない時は試してみて下さい。

SPONSORED LINK

寝違えの痛み

寝違えた時の痛みというのは、
首をまともに動かせないほどです。

この寝違えた痛みというのは、
血行不良が主な原因です。

寝方などが悪く、
血行不良になることで首に関係する筋肉が硬くなり
首に負担がかかり
痛みが出てしまうのです。

そして、
その血行不良の場所というのが

じつは、になります。

寝違えて
脇の血行不良が発生し、
脇下神経が痺れ、
その影響が首の痛みとして表れるのです。(という説)

そのため
寝違えた際に首をマッサージするというのは、
実はあまり効果がありません。

マッサージのやり方次第によっては、
逆効果の可能性すらあります。

 

ゴッドハンドのように治す方法

By: dz roman

では、寝違えが発生した時に
どのように治せば良いのか?

この時、
ゴッドハンドのように治すことが出来れば、
痛みに悩まされることなくなります。

その方法というのは、
脇の下のマッサージとストレッチです。

特にストレッチは
おすすめの方法で効果は抜群です。

【寝違えた首の痛みを解消する!!簡単ストレッチ】

動画では、
寝違えた際のストレッチ方法が紹介されています。

*傷む側の腕を後ろに引き上げてキープ。

*腰に手を当てたまま後ろに引いて、またキープ。

*正面に腕を上げ、
 軽く肘を曲げながら後ろに引いてキープ。

動画の中では
実際にストレッチが行われているので、
より分かりやすいと思います。

これらを2回ずつ行った後、
反対側でも行ってみて下さい。

このストレッチをすることで、
寝違えた痛みがぐっと楽になります。

首が楽になる理由は
この動きで肩甲骨周りの硬くなっていた筋肉が
緩むからなのです。

「寝違えて首が痛くなる原因は首ではナイ!」

ストレッチは座ってでも出来ますので、
職場でも学校でもちょっとした合間に行うにはピッタリです。

 

寝違えの予防対策

寝違えの治す方法が分かったところで、
今度は予防するための方法です。

予防対策としては、
うつぶせでは寝ないことです。

うつぶせの姿勢は、
どうしても圧迫してしまうことに繋がります。

肩甲骨周りの筋肉から
首にかけての筋肉が固まるのです。

そのため
うつぶせで寝るのは避けたほうが良いです。

ただ、中には
うつぶせでないと寝れない
という人もいるかと思います。

そういった人は
抱き枕などを使うことによって
解消することが出来ます。

他にも身体が伸ばせないような場所で寝たり、
自分に合っていない枕も寝違えを引き起こします。

そういったことを出来るだけしないようにすると、
寝違えも発生しなくなるでしょう。

あとは
寝る前に
しっかりと背中中心の筋肉を狙って
ストレッチをしてから寝ることです。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)