静脈瘤破裂の症状と原因。肝硬変が影響?どんな治療法?

静脈瘤破裂の症状は
気づかないケースもあるようです。

症状がないわけではないですが・・・

この静脈瘤破裂の原因は
肝硬変の影響でしょうか?

また、
治療法はどういったものになるのでしょうか?

それぞれについて調べてみたいと思います。

SPONSORED LINK

静脈瘤破裂ってどんな症状?

By: kanegen

静脈瘤破裂というのは、
その名前の通り、静脈が破裂することです。

もう少し詳しく解説するとこういったものとなります。

【食道静脈瘤】

食道静脈瘤について解説したものになりますが、
門脈の圧力上昇により静脈が肥大化します。

これが継続することにより
静脈が破裂するわけですが、

そこには肝硬変などが深く関わっていることが多くあります。

動画でも解説されており、
後に解説しますが、
静脈瘤になるにあたっての理由があるのです。

この静脈瘤ですが、自覚症状はありません。

静脈瘤破裂をした際に
吐血や下血を生じて初めて気づくケースもあります。

そして、そういった症状が出るときというのは、
死亡原因になる場合も多く、
緊急で処置が必要な状態であることがほとんどです。

 

静脈瘤破裂の原因

By: ume-y

静脈瘤破裂の原因ですが、
それは肝硬変慢性肝炎にあります。

肝硬変や慢性肝炎になってしまうと、
血液が通りにくくなります。

しかし、
血液は心臓に戻ろうとしますので、
この時に
通常とは別の道を使おうとするのです。

その道が静脈になるわけですが、
こちらに血液が集中すると、
どんどんと静脈が太くなっていくことになります。

その太さが限界を迎えてしまうと、
静脈瘤破裂という症状となって表れるのです。

血液が通ろうとした結果起きるものですから、
破裂した際に大量の出血が伴います。

また、静脈瘤破裂が起きると
肝硬変などの症状がさらに悪化することとなります。

その結果、
さらに静脈瘤破裂が起きるといった、
肝硬変との負のスパイラルに陥ることになるのです。

 

静脈瘤破裂の治療法

静脈瘤破裂の治療法としては、
基本的に出血する前、
つまり破裂する前に治療を行います。

その治療法としては、
硬化療法があります。

硬化剤を注入することで、
静脈瘤を固めます。

また、粘膜に薬を作用させることによって、
静脈瘤の再発を予防するのです。

こういった治療は
再発の予防としても効果的であるため、
広く普及してきています。

 

静脈瘤破裂の死亡率と余命について

静脈瘤破裂の死亡率と余命についてですが、
破裂した場合、
約3割の人が1か月以内に亡くなってしまう
と言われています。

また、余命については、
症状次第というところが大きいようです。

そもそも静脈瘤破裂が起きた場合でも
出血は自然に止まることがほとんどです。

では、
どうして死亡率が高くなっているのか?

これは死亡率にかかわっているのは、
肝硬変などの肝臓の疾患によるところが大きいためです。

肝疾患が重度の場合、
大量の出血が致命的になる場合もあります。

しかし、軽度の場合は、
回復することも少なくありません。

これが余命にもかかわっており、
肝疾患などの静脈瘤の原因となっている疾患の
症状によって事態は大きく違ってくるのです。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)