自律神経失調症で仕事休職すると給料は?手当は?復帰できる?

今でこそ復職出来ましたが、
自律神経失調症で休職しようと考えた時は
不安でいっぱいでした。

思えば家族にも迷惑かけたな~
っていう感じです。

やっぱり背に腹は代えられない部分もあって、
それってお金だと思います。

私の体験談になりますが、
自律神経失調症で休職した時のことを書きます。

SPONSORED LINK

自律神経失調症で休職

自律神経失調症って診断されたのは、
めまいがするようになってから数か月後だったかと思います。

ふとしたことで病院に行き、
そう診断されたわけですが、
自分では信じられなかったですね。

自律神経失調症になる方も様々ですが、
私のように
自分ではまったく思いもしないっていう人も多いです。

その後は会社と相談して、
休職することを決めたわけですが、
この休職も会社によってはトラブルの種になったりします。

私の場合は、
上司が相談に乗ってくれましたので、
モメることはありませんでしたが、
それでもお金の面など不安だらけでした。

 

給料や手当はどうなる?

休職が決まって
休めるんだな~
って思う反面、
お金はどうなるのだろう
と漠然に考えていました。

妻にしてみれば、
それどころじゃなかったでしょうけど。

実際、自律神経失調症で休職を決めた方、
そのご家族の方も不安なのは
給料や手当はどうなるのか
っていうことだと思います。

結論から言えば、お金は貰えます。

ただし、満額ではありません。

傷害手当というものがありますが、
この制度を利用し、
自律神経失調症で手当金を請求すると、
3分の2ぐらいが支給されます。

期間としては、
最長で1年6か月程度となりますので、
すぐに焦る必要はなく、
ゆっくりとこの先のことを考えることも出来ます。

もちろんこれらは自分で請求しなければなりません。

その点については注意が必要です。

 

仕事に復帰できる?

休職後、
仕事に復帰出来るかどうかは本人次第です。

経験から言えば、復帰は可能です。

ただ、休職していたとなれば、
休んでいた分、周りからは遅れていますし、
それなりの目で見られることになります。

これが辛くて
再び自律神経失調症になってしまうこともあります。

あくまで本人次第であるため、
難しいところではありますが、
しっかりと準備期間をおくことが大切だと思います。

早く復帰しなければと焦ってしまうと、
逆にプレッシャーになってしまいます。

 

退職や転職

今の会社に、居にくいために、
退職や転職を考える人もいるかと思います。

退職についてですが、
自律神経失調症になったからと言って、
すぐに退職を決断する必要はありません。

休職という方法もありますし、
まずは周りに相談してみることです。

相談してみると、案外、受け入れてくれて、
それがキッカケで自分の負担の軽減につながることもあります。

大切なのは、自分一人で判断しないことです。

そうした上で退職し、転職を考える場合は、
次の職場はしっかりと吟味しましょう。

もちろん外からでは分からないこともあります。

しかし、
知り合いの会社ならば中の様子を聞くなどして、
自分が働く上で無理のない会社を選びましょう。

転職して再び自律神経失調症になるようでは、
本末転倒ですからね。

 

 



 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)