食道がんの初期症状は?げっぷ,吐き気でチェックできる?検査法は?

食道がんの初期症状
どういったものになるのでしょうか?

自分である程度、判定することが出来れば、
検査に行くタイミングなども、手遅れにならないんじゃないかと思います。

年齢も重ねて来て、
そういったことを心配しなければならないんだろうな
って思ってます。

そこで、今回は
食道がんについて調べてみたことを説明します。

SPONSORED LINK

食道がんとは

By: ume-y

食道がんというのは、
その名の通り、食道にできるがんのことを指します。

食道の中でも
中央部の付近にがんが発生することが多くなっています。

日本人の食道がんの半分が
中央付近にがんが発生しています。

食道というのは、
リンパ管や血管などが集中している箇所で、
食道がんができると、
そのリンパなどにのって別のところに転移することもあります。

肝臓や肺や骨など
様々なところに転移する可能性があり、
手遅れになる前に、
出来るだけ早い段階での発見が非常に重要ながんです。

 

初期症状にはどんなものが?

がんの早期発見において
重要なのは、初期症状の段階で気付けるか否かです。

そのために必要なのは、
まず、初期症状はどういったものか把握しておくことです。

食道がんでは、
初期症状は以下のようなものになります。

・食べ物が食べづらくなった
・よく胸やけがする
・げっぷがよく出るようになった
・食事をすると吐き気がする
・胸の奥が痛む

これらの症状が
食道がんの初期に見られる症状になります。

程度によりますが、
どれも日常の中で問題ないだろうと、
自己判断で見過ごしてしまいそうなものばかりです。

しかし、複数が見られる場合は、
すぐにでも検査をしたほうが安心です。

自分だけは大丈夫と
勝手な判断はしないようにしましょう。

 

チェックする方法とは

By: yamauchi

食道がんをチャックする方法としては、
先ほどの項目に該当するものがないか改めて、
自分の生活を見直してみましょう。

また、
食道がんになりやすい人としては下記の人があげられます。

・男性
・熱いものや冷たいものが好きな人
・よくタバコを吸う人
・よくお酒を飲む人

生活を見直す際に、
上の項目に該当するかもチェックしましょう。

該当する人は、
すなわち食道がんになりやすい人ということになります。

 

食道がんの検査法は?

セルフチェックで食道がんが疑われる場合は、
病院で検査してもらうことになるわけですが、
病院での検査は様々あります。

・バリウム検査
・内視鏡検査
・CT検査
・超音波検査

こういった方法で
食道がんかどうかを検査することが出来ます。

どの方法で検査するかは、病院の判断次第になります。

まずは、心配なこと、症状を正確に伝え、
しっかりと検査してもらいましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)