敗血症に合併したDICの治療法と死亡率。敗血症性ショック

敗血症とその合併症であるDIC
非常に怖い病気ですね。

私も、今回訳が合って
初めてそういった病気に触れることとなりました。

どんな病気か?

治療法はあるのか?

など、知ったことについて説明したいと思います。

SPONSORED LINK

敗血症とDICとは

By: taylorandayumi

敗血症っていうのは、
血液に関する病気と言っても良いのではないかと思います。

身体の中で起きた感染症をキッカケにして、
血液から病原体が入り込んでしまうものです。

その結果として、
全身に被害をもたらすというものですが、
通常、身体の機能が正常に働いていれば、
そういったことはもちろん起きません。

しかし、
未熟児、高齢者、手術後だったりと
身体が弱っているタイミングですと、
こういったことが起きることがあります。

また、
敗血症を語る際に忘れてはいけないのが、DICです。

これは
播種性血管内凝固症候群というものになりますが、
こちらも血液に関する疾患になります。

血液の凝固作用が異常なまでに働き、
臓器不全や出血などが生じます。

これがどうして
敗血症とともに語られるかというと、
DICは敗血症の予後不良の病気となるためです。

 

敗血症性ショックについて

By: Noriko YAMAMOTO

敗血症については先ほど説明しましたが、
実際、敗血症を診断された時というのは、
3段階に分かれます。

・敗血症
・敗血症の重い症状
・敗血症ショック

分かりやすく言えば、
敗血症の症状はどれほど重たいかというものになります。

下にいけばいくほど
症状としては重たいということになります。

特に敗血症ショックとなれば、
血圧が低下し、死に至る可能性がある状態です。

ちなみに、
アメリカでは集中治療室において
非常に多い死因が敗血症ショックであり、
日本でも多くの患者さんが敗血症ショックで亡くなれています。

 

治療法は

By: yamauchi

敗血症の治療は、
投薬人工呼吸器による管理、
昇圧剤などが必要となります。

最近は
医療技術の進歩により、治療結果も大幅に改善しています。

しかし、まだまだ怖い病気です。

DICを併発している場合は、
蛋白分解酵素阻害薬などをともに用いることもあります。

多くの支持療法を必要とし、
予断を許さない病気であるため、
出来るだけ早く治療に取りかかることが大切だと言えます。

 

死亡率はどのくらい?

By: kennejima

敗血症は、
残念ながら、非常に死亡率が高い病気になります。

その確率は3人に1人の割合ということですから、
おおよそ30%ということになります。

これがいかに高い数値かというのは分かると思います。

例えば、
脳卒中10%程度と言われています。

少しは敗血症の死亡率の高さが実感出来ますでしょうか?

やはり
大切になってくるのは早期発見であり、
いかに早く見つけられるかが、
その後の生存率にも大きく関わってくるのです。

 

 

Sponsored Links



コメント入力

*
*
* (公開されません)