クリスマスオーナメント ボールを手作り!作り方のコツ。ガラスでは?

クリスマスオーナメントは
クリスマスを盛り上げるために必要なものですが、
そのオーナメントを手作りするとより楽しいです。

アドベントカレンダー
オーナメントなど様々なものを手作りしますが、
その中でオーナメントボールも手作りしています。

難しいように感じますが、
実は簡単にオリジナルボールが作れます。

その作り方、今回は紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

クリスマスオーナメントのボールについて

By: Y0$HlMl

クリスマスのオーナメント売り場に行くと、
必ず見ることが出来るのが、ボールです。

クリスマスツリーに飾るためのボールになりますが、
この正式名称はクーゲルと言います。

クーゲルというのは、
ドイツ語でボールのことを指すのですが、
お店でもオーナメントボールとして売られていることが多く、
単語としてはあまり使用されていません。

このボールですが、
ガラスやプラスチックなど、
様々な種類のボールがあります。

自分好みのボールを探したり、作ったりすることで、
クリスマスツリーをより華やかに彩ることが出来るのです。

 

手作りで!ボールの作り方

By: Gabriel

このオーナメントボールですが、
手作りすることが可能です。

準備するものとしては・・・

・発砲スチロールボール
・細めのリボン
・布
・シルクピン
・カッター
・ボンド
・メジャー

これで簡単に作ることが出来ます。

作り方としては・・・

① ボールにカッターで切り込みを入れる。おおよそ8ミリ程度

② 1周ぐるっと切れ込みを入れた後、それとクロスする形でもう1周切れ込みを入れます。

③ お気に入りの布をボールの4分の1覆うサイズにカットします。

④ カットした布を切り込みに差し込みます。
※この時、片方を差し込んだら、もう片方の寸法を微調整し、
最終的にはボール上にぴっちりと布が覆えている形が理想です。

⑤ 全面を布で覆えたら、布と布の継ぎ目にリボンをボンドで貼ります。
※布と布のつなぎ目を隠すようなイメージでリボンを貼って下さい。

⑥ 最後にリボンをシルクピンで留めます。

これで完成です。

基本的には
ボールに好きなデザインの布を貼る作業になります。

貼り方は様々あると思いますが、
カッターで切れ込みを入れるこの方法は、
慣れれば簡単ですので、オススメです。

 

コツやポイント

オーナメントボールの作り方として、
切れ込みをしっかりと入れてあげるのが最大のコツです。

ここでしっかりと切れ込みを入れることで、
後の布を差し込む工程も楽になりますので、
しっかりと切り込みを入れましょう。

お子さんなどは難しいかもしれませんので、
この部分は大人がやってあげると良いです。

また、綺麗に見せるポイントですが、
布とリボンの色合いを変えると良いです。

赤と白のように
クリスマスをイメージさせる色の組み合わせにすると、
雰囲気も出て良い感じだと思います。

 

ガラスボールの場合は作らずに購入する?

ガラスボールのオーナメントボールが良い場合は、
購入するのもアリだと思います。

売られているガラスボールには、
ガラス自体にデザインされているものもあり、
かなり綺麗です。

ただ、ちょっとお値段が張りますけどね。

また、
ガラスボールの場合も作ることは可能で、
無垢のガラスボールを購入して、
マスキングテープなどを貼るだけです。

この方法だと
簡単にガラスボールを作ることが出来ますし、
ガラスボールの中に
雪の結晶に見立てた綿などを入れるのもありです。

我が家は子供が小さいので、
ガラスボールの手作りはしていませんが、
購入するのも手作りもどちらもアリだと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)