大根の葉は冷凍保存がイイ?乾燥でもOK?大根の葉にどんな栄養が?

大根の葉を捨ててしまう人が
世の中にはいるみたいですが、
めちゃくちゃもったいないですよ~。

こう強く叫びたい!!

というのも、
大根の葉は栄養もたっぷりですし、
保存も出来て非常に便利なんです。

食卓も家計も助けてくれるのが大根の葉ですが、
その使い道をお教えしちゃいます。

SPONSORED LINK

大根の葉はいろいろ使える

大根の葉は、
捨てる人も多いのですが、
実は色々と使える便利なやつなんです。

具体的に何に使えるのか?

そんな言葉が聞こえてきそうですが、

味噌汁チャーハン、サラダ、お漬物など
そのバリエーションは実に豊富です。

もちろんメインの食材としては、
ちょっと力不足ではあるものの、
食感や程よい苦みを与える役割としては、
非常に優秀です。

また、栄養も豊富なので、
そういった点でも捨てるのはもったいない。

更に保存も効くので、
使い勝手が抜群でもあるんです。

ここまで聞いて大根の葉をまだ捨てるという人であれば、
無理にとは言いません。

ただ、少しでも興味を持って頂けたのであれば、
ぜひとも大根の葉を食卓に出してみて欲しいなと思います。

 

大根の葉の保存方法

大根の葉ですが、
その保存方法はいくつかあります。

オススメは冷凍乾燥のどちらかです。

料理への使い方によって
保存方法は変えれば良いと思いますが、
基本的には細かく刻みます。

そして、
そのまま冷凍するか、
乾燥させて冷蔵庫に保存するか
です。

どちらの保存方法でも美味しく食べることが出来ますが、
味噌汁やチャーハン、野菜炒め等に使うのであれば、
冷凍がオススメです。

ご飯のお供や
ふりかけのように使うのであれば乾燥のほうが良いです。

ポイントとしては、
冷凍の場合はしっかりと水気を取ってから冷凍すること
です。

乾燥の場合は、
しっかりと乾燥するまで干してあげて下さい。

ここの手間さえ惜しまなければ、
しっかりと保存して使うことが出来ます。

 

大根の葉の栄養

By: se7en

気になる大根の葉の栄養ですが、
カロテン、カルシウム、鉄分などが
豊富に含まれています。

他にも
ビタミン葉酸なども含まれており、
大根の葉で必要な栄養素を幅広くカバーしてくれます。

大根の葉を食べることによって、
胃腸を整えて、
便秘解消、冷えなども解消することが可能です。

まさに女性にとって嬉しい食材ではないかと思いますね。

ちなみに、
飲み過ぎた次の日の朝に食べるのもオススメです。

ウチの旦那は飲み過ぎた次の日は、
大根の葉のお漬物と味噌汁を食べて出社していきますが、
それを食べていくと何とか頑張れるみたいです。

大して作り方は難しくないのに、
感謝されるので大根の葉様々です(笑)

ちなみに、
お漬物は、
浅漬けの元に漬けるだけ、

味噌汁は
乾燥させた大根の葉を味噌汁に入れるだけです。

作り方は簡単すぎて、旦那には説明出来ないな・・・(笑)

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)