基礎体温の正確な測り方。口、脇で間違った測り方とは

女性が自分の体調を知るために測定する基礎体温ですが、
誤った測り方をしてしまっている人も多くいるようです。

基礎体温は口で測定するのが正しいとされていますが、
脇で測定してしまっている人も少なくないようです。

では、
どうして基礎体温を測定する上で脇はダメなのでしょうか?

今回は基礎体温と合わせて
その辺りについても紹介していきたいと思います。

基礎体温測定について知りたい人はぜひ一読してみてください。

SPONSORED LINK

基礎体温って?

基礎体温は
どうしても妊娠や避妊というイメージがありますが、
そもそも女性が
自分の身体の状態を把握するために測定するものです。

その延長線上に
妊娠しやすいなどの情報があります。

身体をコントロールしているホルモンバランスなどについても
基礎体温を測ることでチェックすることが出来ます。

また、
こういった情報から
美容やダイエットに活かすことも出来るのです。

関連記事:体温表のグラフがガタガタになる理由とは。

正確な測定は口で
基礎体温の測定方法ですが、
口で測定するのが正しい測定方法です。

こちらの動画でも
クマのぬいぐるみを使って解説してくれていますが、
口が正しいやり方です。

【基礎体温の測り方を知っていますか?】

また、口で測定する際も注意が必要で、
口の中からどこでも良いというわけではありません。

舌の下に体温計を挟み込むようにして測るのが正しい測り方です。
こういった正しい測り方を身に付けた上で
さらに気を付けたいのが下の3つです。

 ・毎朝、起きた直後に測定する。
 ・毎日、同じ時間に測定する。
 ・起きたら動かずに測定を行う。

これを気をつけることによって
さらに正確な値を知ることが出来ます。

しかし、
毎日、同じ時間などはなかなか難しいケースもありますので、
あまり神経質になる必要はありません。

 

脇ではどうなの?

体温測り方
基礎体温の測定箇所で
脇で測定している方がいるようですが、
これは間違いです。

脇は口の中に比べて、
外気温の影響を受けやすいために
正確な値を測定することが出来ないのです。

そして、
正確な値を測定出来ないのであれば、
正確なデータを採取することは出来ません。

こういった理由から
基礎体温は
脇ではなく口で測定する方法が正しいとされているのです。

 

間違った方法や注意点などなど

体温女性赤ちゃん
基礎体温の測り方ですが、
間違った方法としては、「測定箇所」になります。

既に説明しましたが、
正しい測定箇所は口であって脇ではありません。

これは非常に大事なポイントです。

注意点としては、
起きた直後に測定することです。
動いてはNGです。

動いてしまうと体温が変わってしまうので、
これも正しいデータとはなりません。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)