春野菜の種まき時期 最適はいつ?美味しく作る栽培方法ポイント解説

春野菜を美味しく食べようと思ったら、
種まきから考えてあげる必要があります。

最適な時期に種まきすることがスタートです。

そこで、今回は
春野菜の最適な種まき時期について紹介します。

また、併せて
美味しく作るための栽培方法
についても解説したいと思います。

SPONSORED LINK

春野菜の栽培

春に美味しく旬となる春野菜ですが、
その栽培は
実は前年の寒い時期から始まっています。
暖かくなってきた春頃に収穫出来るよう、
秋や冬の寒い時期に、
前もって種まきを行っておくわけです。

つまり、春野菜は
寒く厳しいシーズンを乗り越えて、
収穫されることになります。

そんな春野菜ですが、
デトックス効果を持つ物が多いのも特徴です。

新キャベツ、
ソラマメ、
エンドウ、
タマネギ、
ブロッコリー
などなど、
春を代表する春野菜は様々ありますが、
どれも美味しい野菜ばかりです。

 

春野菜 最適な種まき時期

By: marahami

気になる春野菜の最適な種まきの時期ですが、
実は野菜の種類によって様々です。

例えば、キャベツであれば、
10月ぐらいに種まきを行います。

収穫出来るのが
4~5月にかけてとなります。

 

玉ねぎの場合は
種まきは9月中旬~下旬、

ブロッコリーの場合は
2月中旬~3月中旬です。

このように最適な時期というのは、
栽培する野菜によって、千差万別となります。

それぞれ
成長の具合や
食べられるまでにかかる日数が異なりますので、
仕方ないところではありますね。

ただ、春野菜の多くは、
秋から冬にかけての種まきが多くなっています。

暖かい地域ではもう少し遅かったり、
寒冷地では早かったりしますが、
最適な種まき時期というのはおおよそこれぐらいです。

野菜によっては、
同じ野菜でも
品種によって種まきの時期が異なるケースもあります。

春野菜を栽培する場合は、
秋に入るぐらいには種を買い、
いつ種まきすれば良いか事前に把握しておくと良いです。

時期が過ぎてから気付いたのでは、
手遅れになってしまいますからね。

 

春野菜の栽培方法ポイント

By: jules

春野菜の栽培方法のポイントですが、
まずは
しっかりと種まきの時期を抑えておくことです。

次に
越冬する野菜の場合は、
どのような形で越冬させれば良いのか確認しましょう。

また、これは個別での対処となりますが、
それぞれの野菜において、
美味しく収穫するためのポイントもあります。

例えば、ブロッコリーであれば、
外側の葉っぱを大きく育ててあげると、
全体として大きな株となります。

そして、
湿気が苦手な野菜ですので、
水やりはそれほど必要ありません。

このように
野菜にも個性がありますので、
その個性をとらえて栽培してあげることが、
栽培におけるもっとも大切なポイントと言えます。

 

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)