目黒川の桜で花見!行き方とライトアップの時期をチェック!

東京の桜の名所として有名なのが、
目黒川ですね。

毎年、多くの人が訪れるスポットです。

何と言っても
ライトアップされた桜はとても美しく、
多くの人が訪れるのも納得です。

そんな目黒川の桜ですが、
行き方見どころの時期を紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

目黒川の桜がきれい

By: eiji ienaga

目黒川に沿って咲いている桜はとても綺麗です。

その姿は
まるでピンクのトンネルのようです。

この目黒川の桜、
昼は日差しが降り注ぐ中で輝き、

夜はライトアップによって、
幻想的な姿となります。

これが
目黒川に沿って、
およそ4キロも続くわけです。

目黒川の桜は、
東京の行ってみたいお花見ランキングで1位
になっていますが、
一度、見てみれば、どうして1位に選ばれたのかも納得です。

 

目黒川への行き方

By: Zengame

目黒川の桜を見るためには、
池尻大橋駅付近の大橋から、太鼓橋付近までとなります。

ここにアクセスするためには、
主に3つの駅からのアクセスが便利です。

  • 東急田園都市線「池尻大橋駅」から徒歩3分
  • 東急東横線・東京メトロ日比谷線「中目黒駅」から徒歩1分
  • R山手線「目黒駅」から徒歩5分

目黒川へ行くには、
これらの駅を使うと良いでしょう。

どの駅からも徒歩5分圏内となりますので、
とても近いですよね。

ただ、それぞれの駅から行ける箇所は、
目黒川の中でも、
上流、中流、下流となります。

池尻大橋駅 → 上流
中目黒駅  → 中流
目黒駅   → 下流

オススメのコースとしては、
池尻大橋駅で降りて上流から桜を下流に下りながら見るのが良いです。

下流まで行ったら、
目黒駅で電車に乗って次の目的地へ。

目黒駅には、
JRの他、
東急目黒線、東京メトロ南北線、都営三田線なども通っています。

アクセスとして非常に使い勝手が良いはずです。

観光ルートとして参考にしてみて下さい。

 

ライトアップの時期


目黒川の桜は
ライトアップされてとても綺麗ですが、
ライトアップされる時期というのは決まっています。

3月下旬~4月上旬
18時~21時

これがライトアップされる時期となります。

おおよそ3月末から2週間程度となりますので、
覚えておくと良いでしょう。

目黒川の桜自体の見頃としては、
3月下旬~4月上旬となりますので、
ちょうどライトアップされる時期と重なっていますね。

また、この時期には、
目黒川の桜をテーマに各お祭りも開催されます。

目黒川の綺麗な桜を見ながら、お祭りを楽しむというのは、
休日の贅沢な過ごし方になることは、
間違いないでしょう。

 

 

 

Sponsored Links



コメント入力

*
*
* (公開されません)