ホワイトアスパラの栄養価って?缶詰は栄養ない?グリーンとの違いは?

アスパラと言うと、
一般的なのは、緑色のアスパラを指します。

ただ、
ホワイトアスパラというものもありますよね。

このホワイトアスパラの栄養価はどうなっているのでしょうか?

缶詰で見ることが多いですが、
緑のものとはどのような違いがあるのでしょうか?

気になるホワイトアスパラについて、解説したいと思います。

SPONSORED LINK

ホワイトアスパラの時期

ホワイトアスパラの時期ですが、
実はグリーンアスパラと変わりません。

グリーンもホワイトもアスパラの時期としては、
春~初夏にかけてとなります。

日本の中で栽培面積としては、
北海道がダントツですが、
北海道での旬としては、6月となります。

本州でもアスパラは栽培されていますが、
本州では、
少し旬が早くなり、5月ぐらいになります。

 

ホワイトアスパラの栄養


ホワイトアスパラで、
気になるのが栄養ですよね。

含まれる栄養素としては・・・

  • たんぱく質
  • アスパラギン酸
  • カリウム
  • ミネラル

こういった栄養素が含まれています。

ホワイトにもグリーンにも
共通して言えることですが、
アスパラは
疲労回復に非常に効果的な食材です。

これは
含まれるたんぱく質アスパラギン酸によるもので、
特にアスパラギン酸が疲労回復に効果的なのです。

また、カロリーも非常に低いので、
ダイエットをしている人にも
非常にオススメな食材になります。

 

缶詰は栄養あるの?

缶詰で見かけることが多いホワイトアスパラですが、

缶詰の場合、
栄養素は含まれているのか?

缶詰でも、
栄養素はしっかりと含まれています。

そのため、
食べてもまったく栄養素がないということはありません。

 

ホワイトアスパラとグリーンアスパラの違い

ホワイトとグリーン、
それぞれのアスパラは色が違うため、
まったくの別物だと考えている人がいます。

しかし、
品種としては、ホワイトもグリーンも一緒です。

違いは栽培方法で、
グリーンが日光に当てて栽培するのに対して、
ホワイトは土を被せ、日光には当てずに栽培します。

その結果、
ホワイトとグリーンという色の違いが出るのです。

また、
それに伴って含まれる栄養素にも違いがあります。

栄養素の種類としては一緒ですが、
ホワイトに比べて、グリーンのほうが、
栄養素としては豊富に含まれているのです。

栄養素として着目するのであれば、
グリーンアスパラのほうが良いということです。

ただ、
ホワイトは口当たりが滑らかなど、
ホワイトならではの良さがありますので、
料理の種類などに応じて使い分けたいですね。

 

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)