夏バテ防止の食材ランキング!あの意外な食べ物が効果バツグン!?

暑くなってくると
毎年、夏バテの季節だな~って思います。

ここ数年前まで、
毎年恒例行事のごとく夏バテになっていた私。

身体はダルいし、やる気は出ないしっていうことで
大変でしたが、
ある年から食べるものを見直し、
少しずつ改善されてます。

やっぱり食事って大切なんだな~
って感じる瞬間ですね(笑)

きっと同じように
毎年、夏バテに困っている方々って多いのでは?

そんな方にはぜひぜひ食事の改善をオススメしますよ。

と言っても、
夏バテに効果的な食材を食べるだけですけど。

私が
夏バテ解消のために食べているものを
ちらっと紹介します。

特別なものは何もありませんので、
夏バテに困っている方はぜひ参考にしてみて下さい。

SPONSORED LINK

早い段階から夏バテ予防を

By: yamauchi

正直な話、
春の陽気がやってきたぐらいで、
もう時期、夏バテの季節だな~って感じです。

それぐらい
夏バテが憂鬱だったんです。

その時のなごりもあって、
夏バテ予防というか、
夏バテを意識し始めるのが、
4月とか5月くらいからです。

これぐらいから、
それまで好き勝手食べていた食事を、
夏バテ予防用に切り替えるようにしています。

切り替えるって言っても、
意識的に決められた食材を食べるようにするだけですけどね。

ただ、最近は
地球温暖化なのか分かりませんが、
暖かくなり、暑くなってくるのが早まっているような気がします。

そうなると、
夏バテ予防ももっと早く必要なのかなと思うところもあり、
年度が明けたと同じぐらいから始めれば、
まぁ間違いないだろうと思っていますね。

何にせよ早い段階から動いておくというのは、
仕事でもプライベートでも夏バテ対策でも一緒です(笑)

早め早めに対策して、
辛い日々を過ごすことがないようにしたいですね。

 

夏バテ防止の食材ランキング!

By: scion_cho

夏バテ防止に効果的な食材ランキングとして、
私が個人的にオススメするものを紹介していきます。

個人的にと言っても、
栄養素的な効果はバッチリですので安心して下さい。

あくまで
食べやすさや好みなどで
多少のランク付けがなされているだけです。

第1位 カレーライス

By: yoppy

食材と言いつつ、いきなり料理名で恐縮ですが、
夏バテを吹き飛ばすものとしては抜群のメニューです。

カレーには香辛料が様々使われており、
シナモンターメリッククミン
全てが身体のために働いてくれます。

夏バテで弱った身体もカレーを食べれば、
元気になること間違いなしです。

また、
カレーにはその独特の香りがありますが、
これが大きく食欲をそそります。

夏バテの時は
あまり食事をしたくなくなることが多いですが、
カレーの香りを嗅げば、
そんな思いも吹き飛ぶことでしょう。

食事をする気持ちにさせてくれるという意味でも、
カレーはNo.1の夏バテ予防食材です。

 

第2位 梅干し

梅干しも夏バテ予防食材としては、非常にポピュラーなものです。

梅干しに含まれているクエン酸
疲労を回復してくれて弱った身体を癒してくれます。

また、胃を刺激してくれるので、
食欲増進効果も期待出来ます。

あまり食べたくない時でも、
その酸っぱい味わいが食べやすくオススメです。

梅干しを使ったメニューでは、
梅茶漬けなどは、
私も夏はよく食べるメニューの1つです。

 

第3位 トマト

夏野菜の代表でもあるトマトですが、
こちらも夏バテにも効果的です。

リコピンを始めとして、
ビタミンミネラルが豊富に含まれており、
栄養補給食材として大きな効果をはたしてくれます。

トマトの利点は、
他にも様々な料理に使いやすいという点もあげられます。

何を料理するにしても、
トマトを積極的に使うようにすれば、
夏バテとは無縁の生活を送ることが出来るでしょう。

 

第4位 オクラ

個人的な好みだけを重視するのであれば、
間違いなく1位になるのがオクラです。

オクラに含まれるネバネバはムチンという成分なのですが、
これが胃腸を保護してくれて、夏バテから解消してくれます。

1つ1つ小さいために食べやすいのも良いですよね。

トマト同様に夏野菜の1つですから、
夏にはぜひ食べたい食材と言えるのではないかと思います。

 

第5位 やまいも

その豊富な栄養素は説明が必要ないほどですが、
そんなやまいも
夏バテにはピッタリの食材ということになります。

消化を助けてくれますし、
腸内環境を整え、免疫力を高めてくれます。

夏バテだけではなくて、
1年中、積極的に摂取したい食材です。

簡単に短冊切りにして食べても良し、
すりおろしてダシでといて、ご飯にかけても良し、
焼いてやまいもステーキにしても良しと
食べ方にバリエーションもあります。

 

第6位 甘酒

By: Kanesue

夏バテ対策に甘酒!?
って思った人もきっと多いはずです。

冬の飲み物だという印象が強い甘酒ですが、
スーパーやコンビニなどでも売っているところでは売っています。

最近は、
冷やした甘酒なんていう形で売られているので、
夏の暑い日でもひんやり飲むことが出来ます。

肝心の効能ですが、
ビタミン乳酸菌が含まれているので、
夏バテには適した飲み物なのです。

そして、
この飲み物というのもポイントの1つ。

食欲がなくても、
何とか水分であればという人も多いと思います。

そんな時に甘酒を選び、
美味しく栄養補給してみて下さい。

 

第7位 炭酸水

By: senov

甘酒に続いて、
再びランクインした飲み物の炭酸水

炭酸水は栄養素としてはイマイチですが、
その炭酸の効果によって胃を膨らませてくれます。

これが食欲を促進することへと繋がります。

また、炭酸を摂取することにより、
二酸化炭素を摂取することになりますので、
これにより
酸素を送ろうという働きが身体の中で起きます。

結果として、血流が良くなるために、
普段よりも身体の隅々へ栄養素が運ばれ、
身体の回復へと繋がるのです。

ただし、
清涼飲料水として炭酸(ジュース)を飲む場合は、
砂糖が多く含まれていますので、
飲み過ぎには注意して下さい。

 

第8位 鶏肉

昔から
夏バテで身体がダルくなった時に食べると良い
とされているのが鶏肉です。

良質なたんぱく質を多く含み、
胃腸の働きを強化してくれます。

脂っこくないために食べやすいのも良いですね。

消化を助けてくれる大根などと組み合わせて食べるのが
オススメです。

 

第9位  トウガラシ

夏になるとよく見かけるのが、
辛さで夏を吹き飛ばせ!って言葉です。

これって実は非常に理にかなっていて、
辛さの元であるトウガラシというのは、
カプサイシンが含まれており、
これが胃液を分泌する働きがあります。

内臓を温める効果もあるために、
弱った胃腸を優しくいたわってくれる効果もあるのです。

夏バテのための食材と言っても過言ではないでしょう。

 

第10位 枝豆

By: ポトフ

夏は枝豆とビールと決めているお父さん方、
多いんじゃないでしょうか。

もちろん僕もそんな一人です。

そんな枝豆ですが、
ビールにピッタリのおつまみだけではありません。

栄養豊富であり、
夏バテにも効果がある食材なのです。

カリウムなども含まれているため、
浮腫み対策にもピッタリの食材。

枝豆だけでも食べて欲しいと言える食材になります。

SPONSORED LINK

 

 

ここまで
夏バテ防止に効果的な食材を10個紹介しました。

中にはこれ嫌いっていうのもあるかもしれませんが、
きっと10個全部嫌いな人はいないでしょう。

これらを出来るだけ普段の食事に入れることで、
夏バテとは無縁の夏を過ごしましょう。

 

夏バテの初期症状を知っておこう

By: HIBIKIFL

夏バテって
「気付けば」夏バテ
になっていることが多いんですよね。

でも、そんな夏バテもしっかりと初期症状があります。

身体がダルい、
食欲がない、
睡眠が上手く取れない
なんてことが出てきたら、
夏バテだと考えて良いでしょう。

症状が進むにつれて、
これが酷くなっていきますので、
程度が軽くてもこれらの症状には要注意です。

また、これらに伴って
イライラしたり、
やる気がでない
なんていうのも夏バテの初期症状です。

上手く気付けることで、
本格的な夏バテになる前にストップすることが出来ますので、
少しでもこういった症状があるなと感じたら、
夏バテ!?と疑ってみましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)