集中豪雨とゲリラ豪雨には実は違いがある!原因とメカニズム

と言っても
いくつか呼び方に種類があります。

そして、
その中にある1つが豪雨と呼ばれるものですが、
豪雨の中にも集中豪雨ゲリラ豪雨が存在します。

どちらも天気予報などで聞いたことはあるけど、
どう違うのかっていうのまで
詳しい人は稀じゃないでしょうか。

でも、ちょっと気になる豪雨の違い。

そこのところ紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

集中豪雨とゲリラ豪雨が多い時期

By: oatsy40

集中豪雨やゲリラ豪雨ですが、
時期としては夏が多くなります。

実際、天気予報などを見ていても、
集中豪雨やゲリラ豪雨と言うのが聞こえてくるのは、
6月ぐらいからとなります。

時期としてのメインは、7月~9月
と覚えておくと良いです。

夏の始まりから、夏の終わりまで
集中豪雨やゲリラ豪雨の多い時期となります。

夕立、集中豪雨、ゲリラ豪雨などなど
雨に関する言葉は色々ありますが、
これらは夏に起きる雨のことを指しているのです。

 

集中豪雨とゲリラ豪雨の違い

By: alan

集中豪雨とゲリラ豪雨、
似ているようで微妙に違う2つの言葉。

もちろん「起きる現象」というのも、
異なっています。

まず、集中豪雨がどういったものかと言うと、
言葉が示すように、
一部の地域において短時間で集中的に雨が降る現象です。

突然、空が暗くなってきたかと思ったら・・・・
ザーっというのが、集中豪雨です。

それでは、それに対して
ゲリラ豪雨とは、どういったものになるのか?

ゲリラ豪雨は、
集中豪雨の中に含まれる一部だと考えるのが、
基本的な考え方です。

ただし、ゲリラ豪雨は、集中豪雨の中でも、
より集中していて、限定的に多量に雨が降ること
を指します。

ゲリラ豪雨の場合は、
まさにピンポイントで降る雨と言えます。

その量は、
数時間前までは当たり前のように運営されていた駅が、
あっという間に冠水してしまうほどです。

集中豪雨とゲリラ豪雨には、このような違いがあります。

大きな違いはありませんが、
ゲリラ豪雨のほうが、よりたくさん降る
と覚えておきましょう。

 

これらの原因とメカニズムとは

集中豪雨やゲリラ豪雨、
これらの局地的に雨が降る現象ですが、
その原因は積乱雲にあります。

夏の大気が不安定な日に積乱雲が発生し、
それが集中豪雨やゲリラ豪雨をもたらすのです。

ちなみに、こういった雨は、
一定の条件が揃わなければ発生しません。

通常、積乱雲は発生しても、
すぐに散ってしまうことが多いのです。

ただ、最近は
都市部ではコンクリートから出るなどが原因となり、
集中豪雨やゲリラ豪雨の原因になっています。

これをヒートアイランド現象と呼びますが、
それを踏まえれば、
今後も集中豪雨やゲリラ豪雨が減ることはなさそうですね。

 

 

 

Sponsored Links



コメント入力

*
*
* (公開されません)