飲む日焼け止めは危険性あるの!?成分と癌の関係を知っておこう。

日焼け対策として
流行の兆しを見せるのが『飲む日焼け止め』ですね。

飲むだけで良い
という手軽さもヒットする理由の1つだと思いますが、
成分などは危険なものは含まれていないのでしょうか?

癌の関係性なども気になるところです。

そこで、今回は、
飲む日焼け止めについて紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

飲む日焼け止めとは

今や男性でも女性でも日焼けを気にする時代です。

紫外線による肌への影響は
シミやシワ、癌などの影響にもなるため、
対策したほうが良いのは間違いないでしょう。

過去、日焼け止めと言うと、
クリームや乳液タイプの塗るものが主流でした。

それにプラスして
日傘などを組み合わせることが多かったのですが、
どうしても塗るタイプは塗り直しなどがあり、
手間があったのも事実です。

そんな中に登場したのが飲む日焼け止めで、
これはその名の通り、
飲むだけで日焼け止め出来る優れものです。

塗ったりという手間が少ないことと、
女優さんやモデルさんが使用していることから一気に火が付き、
人気が出ています。

 

飲む日焼け止めの危険性について

飲むだけで日焼け止めが出来るのであれば、
これほど楽なことはないですが、
飲むことで何か危険性がないのか
心配になるところです。

ネットなどで調べてみると、

「飲む日焼け止め 危険性」

「飲む日焼け止め 副作用」

なんていう気になるワードが並んでいます。

それだけ多くの人が気になっていることだと思いますが、

実際、
日焼け止めを飲むことによる危険性はありません。

成分自体は天然由来の成分で出来ており、
主成分は
シダやローズマリーといったものからとられているので、
馴染みのあるものなのです。

そのため
過剰な心配は不要です。

ただし、危険性の1つとして、
アレルギーの恐れはあります。

植物性ですので、
その手のアレルギーがある方は、
アレルギー症状が出る可能性があるので、
事前にその点については抑えておきましょう。

 

癌になるウワサがあるけど…

一部、
飲む日焼け止めは癌になる噂がありますが、
そんなことはありません。

日焼け止めの主成分は主に2つ、
フェーンブロック
ニュートロックスサンRですが、
先ほども紹介したように
シダやローズマリーから抽出出来る成分となっています。

これらが主成分となっている飲む日焼け止めについては安心出来ますが、
注意が必要なのは類似品です。

類似品については、
どういった成分が含まれているか分かりませんので、
しっかりと確認する必要があります。

様々な噂がある中で、
心配な方は成分もしっかり確認して服用するようにしましょう。

効果的な飲み方と注意点まとめ

飲む日焼け止めの効果的な飲み方ですが、

効果が出るまでに30分程度かかりますので、
外出30分前には服用しておくと良いです。

また、
おおよそ効果は4時間程度となっていますので、
1日中、外出している場合は、
お昼ぐらいにもう一度服用するようにすると安心です。

商品によって細かい設定がありますので、
このあたりは確認するようにしましょう。
WHITE VEIL~ホワイトヴェール~

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)