山芋となが芋の違いって何?栄養は加熱するとダメ?妊婦にもイイ?

山芋となが芋って似てますけど、
違いっていうのはあるのでしょうか?

違いがあるなら
どういったところが違うのでしょうか?

また、
含まれている栄養は
加熱するとダメになってしまうのでしょうか?

妊婦にも良いのか??
なども調べてみました。

山芋となが芋の違いとは

山芋ととなが芋、
似ているようで違う2種類ですが、
明らかに違いがあります。

山芋は
原産地が日本で
自然薯(じねんじょ)のことなどを指して使います。

それに対してなが芋のほうは
中国が原産地となります。

また、
食べた時の感じも
山芋は独特な風味があり、
粘り気が強いのが特徴です。

それに対してなが芋は
水分が多くシャキシャキとした食感が楽しめます。

そのため
短冊切りなどで食べられることが多くなっています。

短冊切りで食べる時はこうやると良いです。

【短冊切り(長芋)~切り方のコツ~】

まずは4~5センチくらいに切ります。

その後、
皮をむいて立てた形で切っていきます。

いきなり横にしたまま切ろうとすると
滑るので上手く切ることが出来ません。

山芋の栄養は?

山芋には様々な栄養が含まれていますが、
下記のものが代表的なものとなります。

 ・ジアスターゼ
 ・ムチン
 ・カリウム
 ・ビタミンC

これらの栄養が豊富に含まれており、
食べることによって様々な効能を得ることが出来ます。

 ・消化促進
 ・新陳代謝の向上
 ・免疫機能の強化
 ・生活習慣の予防

こういった効能が得られるために
非常に健康に良い食材と言えます。

関連記事:「山芋のアレルギー症状って?」

加熱はOK?

加熱して食べても美味しいですが、
実は栄養を重要とするのであれば
加熱しないほうが良いです。

山芋やなが芋の特徴であるネバネバですが、
このネバネバが栄養の1つであるムチンという成分になっています。

そして、
加熱することにより
ネバネバをなくすことが出来るのですが、
それは同時にムチンを失ってしまうことにもなります。

ムチンは
アンチエイジングなどの若返りの効果がありますので、
女性にとっては非常に重要な栄養素と言えます。

そのムチンをしっかりと摂取したいのであれば、
加熱して食べるのは避けたほうが良いと言えるでしょう。

生で食べるのが
一番ムチンを摂取することが出来ますので、
食べ方としては生で食べるのがオススメです。 

 

妊婦にも良いの?

山芋やなが芋は
妊婦さんにも非常に嬉しい食べ物です。

便秘や糖尿病など
妊婦さんが気をつけなければならない要素を
解消してくれる栄養素が豊富だからです。

また、
先ほども紹介しましたが
アンチエイジングにも効果的です。

妊婦さんはどうしても
お腹の子のことばかり考えてしまいがちですが、
アンチエイジングという自分にとっても嬉しい効果もあります。

こういったことから
妊婦さんにもおすすめの食材となっています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です