白血球減少症の症状と治療。発熱する?どんな食事をする?

白血球減少症
白血球が少なくなる病気ですが、

この症状や治療法というのは
どういったものになるのでしょうか?

発熱などの症状はあるのかないのか?

それ以外に
何か症状が出るのかなどを紹介していきたいと思います。

また、
回復しようとした場合、
食事による療法というのはあるのでしょうか?

今回は療法についても
併せて紹介していきます。

SPONSORED LINK

白血球減少症というのは?

白血病減少症
白血球減少症というのは、
その名の通り白血球の数が少なくなる病気のことです。

次の動画をご覧ください。

【白血球とリンパ球】

白血球と言っても
いくつかの種類に分けることが出来ます。

その中で白血球減少症について考える時に問題になるのが、
『好中球』と『リンパ球』の減少ということになります。

好中球が少ない場合は、
細菌などによる重度の感染症にかかる疑いがあり、
非常に危険です。

また、リンパ球が少ない場合は、
日和見感染(ひよりみかんせん)などが
問題になるケースというのが多くなっています。

 

症状は?

白血病の減少
白血球減少症の症状は
特にコレと言ったものはないことが多いです。

白血球減少症自体では、
見つけることが難しいのです。

では、
どうやって発見されるかというと、
白血球減少症により感染症などを発症し、
発熱などが見られた時に見つかることが多いです。

特に白血球減少症の中でも
好中球減少症の人に発熱が見られるケースというのは、
何らかの感染症にかかっている可能性が非常に高いですので、
ただちに治療を開始することになります。

あくまで白血球減少症の発見という意味では、
発熱など別のところでの検査から分かることが多くなっていますので、
日頃から自らの体調管理をしっかりすることが大切です。

 

治療法は?

白血病減少症の治療
白血球減少症ですが、
その治療法は原因を探るところから始めます。

例えば、
病気などの影響によって
白血球減少症が引き起こされている場合は、
その病気を治療することによって、
白血球減少症も改善されることが多いです。

ウイルスや服用している薬など、
原因が分かっている場合は
それについて対処することによって、
回復することは十分にあります。

そうでない場合は、
コルチコステロイド薬などの服用をすることによって、
治療を進めることになります。

 

食事での回復は可能?

By: Sig.

白血球減少症ですが、
白血球の数を食事で増やすということが出来ないと言われています。

しかし、
白血球減少症への対処は数を増やすだけではなくて、
今ある白血球の数の活動を活発にすることでも対処可能です。

よく免疫力を上げるというのが、
この白血球の活動を
活発にすることを指していることが多いです。

では、
そのための食材はどういったものがあるかというと…

 ・カボチャ
 ・キャベツ
 ・バナナ
 ・スイカ

これらのものが良いと言われていますが、
バランス良く摂取することが大切です。

偏っていては、
栄養も偏ることになってしまうので、
バランス良く摂取して、健康を保ちましょう。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)