スプラウトの栽培方法!容器は瓶で?カビの心配は?キットがある?

スプラウトの栽培方法
どういった方法で行うことが出来るのでしょうか?

誰でも手軽に栽培することが出来ると言われていますが、
その方法について調べてみました。

容器は何を使うのか?
カビの心配などはないのかな?
どについて調査しています。

お手軽なキットについても調べてみましたので、
ご紹介致します。

SPONSORED LINK

ブロッコリースプラウトとは

ブロッコリースプラウト

ブロッコリースプラウトとは、
通常のブロッコリーの栽培方法とは違い、
人為的に種子を発芽させ、芽と茎を食用とするものです。

最近、
栄養価が非常に豊富であることから注目が高まっているのが、
このブロッコリースプラウトになり、
お手軽に栽培出来るために、
家で栽培している人も増えています。

スプラウトというと新しい感じがしますが、
仲間はもやしやかいわれであり、
かいわれ大根であれば、
昔から馴染み深いものではないかと思います。

ちなみに、
ブロッコリースプラウトは茎が伸びるまで暗室で育て、
その後、光を当てて緑化させたものとなり、
もやしとは少し育て方が異なっています。

 

栽培方法は?

ブロッコリースプラウト

ブロッコリースプラウトの栽培方法ですが、
準備させしっかりしてしまえばそれほど難しくありません。

準備するものは下記のものです。

 ・容器(瓶やトレイやグラスなど何でもOK)
 ・スポンジやガーゼ
 ・種

たったこれだけで栽培可能です。

種をよく締められて、
容器にしきつめたスポンジやガーゼの上に起きます。

この際、
スポンジやガーゼも湿らせておくことが大切ですが、
余分な水は必要ありませんので、切っておきましょう。

種を置いたら、
後は暗室に置いておき、
乾かないようにだけ注意します。

芽が出てきて、
茎がある程度伸びてくるまではそのまま栽培し、
10センチぐらいの長さになったら外に出して、日光に当てます。

日光に当てて、緑色になったら食べごろです。

ポイントは水加減を注意することです。

水を与え過ぎてしまうと、
病気の原因にもなりますので、
しっかりと加減しましょう。

ちなみに、
ざるなどでも簡単に栽培可能です。

次の動画をご覧ください。

【ブロッコリースプラウト栽培記録】

100均の容器を用いて、
11日で収穫しています。

スポンジやガーゼも良いですが、
動画のようにざるを敷くと、
簡単に水を切ることが出来るので楽かもしれません。

こちらも準備するものもほとんどなく、
手間無く栽培出来るためにおすすめの方法になります。 

 

カビの心配

カビが?ブロッコリースプラウト

ブロッコリースプラウトの育成での大敵はカビの発生です。

スポンジやガーゼなどに水分をしみ込ませておいて
放置しすぎると、 カビが発生してしまうことがあります。

そして、
それはブロッコリースプラウトにも悪影響を及ぼしますので、
残念な結果に…ということになります。

気をつけたいのは、
やはり余分な水分はあげないということです。

適度な水分を保つことが出来れば、
カビの発生を恐れることはありません。

 

栽培キットはあるの?

ブロッコリースプラウトの栽培キットというのももちろんあります。

もやし(スプラウト):有機種子6種栽培セット
(アルファルファ・ブロッコリー・マスタード・緑豆など)

こういったきっとを使えば、
容器も種も入っていますので、
それだけあれば栽培をすぐにでも始めることが出来ます。

子供でも簡単に出来ますので、
自由研究などで使うのにもおすすめです。

自分で食べるものを自分で育てるというのは、
学習という観点からも
かなり良い教育になるのではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)