白熱電球と蛍光灯とLEDの違いは?比較で分かる明るさと寿命と価格。

白熱電球蛍光灯LED
違いはどこにあるのでしょうか?

それぞれ光を出すための機構が異なっているわけですが、
それについて調べたことを説明したいと思います。

また、
白熱電球と蛍光灯とLEDを比較して分かった
明るさと寿命と価格についても
説明していきたいと考えています。

SPONSORED LINK

白熱電球とは?

白熱灯

白熱電球というのは、
ガラス体の中に不活性のガスとフィラメントが
取りつけられている電球となります。

電気を流すことにより、
このフィラメントが発光します。

白熱電球は
寿命が短いことなどが欠点と言われていますが、
反対に利点としては、
暖かみのある色を出す器具としては一番です。

今だに代替のきかないものとして
利用されているシーンはたくさんあります。 

 

蛍光灯とは?

蛍光灯

蛍光灯は、
紫外線を蛍光体に当てて変換する器具となります。

今、
世の中では蛍光灯からLEDへと変換が増えてきていますが、
それでも今だに一番使われている器具ではないかと思います。

白熱電球の欠点であった寿命を克服し、
発光効率は白熱電球の5倍だとも言われています。 

 

LEDとは?

LED

最近、
急激に増えてきているのがこのLEDです。

LEDは電流を流すことで
発光する半導体から成り立っている器具になります。

何と言っても寿命が長く、
消費電力が非常に少ないことがメリットになります。

寿命は
蛍光灯の4倍の4万時間と言われていますので、
今までの蛍光灯に比べると
交換の手間などを減らすことが出来ます。

消費電力も白熱電球の10分の1ですので、
いかに省エネ器具かが分かるかと思います。

 

明るさ、寿命、価格の比較

白熱電球、蛍光灯、LEDの
明るさ、寿命、価格を比較すると下記のようになります。

明るさ

明るさについては
白熱電球が一番暗いということになりますが、
蛍光灯とLEDは単純には比較出来ません。

LEDは光が直線的であるため、
取りつける場所も間違うと、
それまでの蛍光灯であれば
明るかった場所も暗いということになってしまうのです。

また、次の動画をご覧下さい。

LED電球と電球形蛍光灯の比較【電球色編】

LEDと蛍光灯を比較した動画になります。

スイッチを入れてから
LEDはあっという間についたのが分かると思います。

蛍光灯は緩やかに明るくなっています。

このように
それぞれ特徴があるために、
取りつける場所には注意が必要です。

 

寿命

圧倒的に寿命の観点で言えば、
LEDが一番です。

蛍光灯の4倍ですので、
いかに寿命が長いかが分かります。

蛍光灯が忘れたころに交換であれば、
LEDは忘れて、忘れて、忘れたころに交換というイメージではないでしょうか。

具体的な交換までの目安は下記ぐらいになります。

 白熱電球:長くて6カ月ぐらい
 蛍光灯 :3年半ぐらい
 LED :およそ11年

 

価格

様々な利点があるLEDですが、
初期投資は高くなります。

電気代という部分でLEDはお得ですので、
きっちり寿命まで使うことが出来れば、
他の2つに比べて断然お得ではありますが、

すぐに壊してしまうなどした場合は、
ちょっと悲惨なことになってしまうかもしれません。 

 

まとめ

By: ume-y

白熱電球、蛍光灯、LEDとそれぞれに利点・欠点があります。

最近は
その欠点を補うようなものも開発されていますが、
まずは目的をしっかりと定めることが大切です。

LEDをつけたばかりに暗くなってしまったという話もあります。

そうならないように、
目的を見定めて何が適切かを判断すると失敗しないでしょう。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)