バーベキューで使う炭の量はコレぐらい!炭の着火方法と処分方法とは?

バーベキューで使う炭の量ですが、
どのくらい必要となるのでしょう?

その目安について調べてみました。

また、
炭を使う時の着火方法であったり、
使い終わった炭の処分方法というのも一緒に調べてみました。

炭の量と併せて紹介していきたいと思います。

SPONSORED LINK

バーベキューで使う炭は?

炭の量
バーベキューをするとなった時、
どういった炭を使うのが良いのか?

候補となる炭は下のようなものではないかと思います。

 ・備長炭
 ・木炭
 ・切炭
 ・成型炭

それぞれに特徴がありますが、
着火しやすく、それなりに長持ちするのは切炭や成型炭となります。

あまりバーベキューの経験がないという人であれば、
これらの炭を選択しておけば
無難にバーベキューを楽しむことが出来ます。

 

使う炭の量は?

炭の種類
バーベキューの時、炭の種類が決まったら、
次は炭の量が大事になってくると思います。

バーベキューは家族4人ぐらいでやることもあれば、
40人ぐらいで大勢でやることもあります。

もちろん使う炭の量というのも大きく変わってきますが、
基本的な考え方としては、
コンロに何kgという考え方をします。

通常、
1台のコンロに対して5~6kg程度あれば十分です。

よく食べるなとか、
1台のコンロを大人数で囲む場合は、
もっとあったほうが安心です。

この数字を目安に炭の量を計算すると、
買いすぎたとか少なすぎたということは
極力減らすことが出来るかと思います。 

 

炭の着火方法は?

着火方法
バーベキューをやるにあたって
最初の難関となるのが炭の着火方法です。

慣れている人であれば簡単に出来ますが、
慣れていない人だとなかなかつかなかったりします。

まず、簡単な着火方法として、次の動画をご覧下さい。

【炭の簡単着火・着火剤使用】

着火剤を使用した炭の着火方法ではありますが、
平べったい炭を下に置き、その上に着火剤を起きます。

さらに上に炭を組んでいき、
着火剤に火を付けるだけです。

この時、
空気の通り道をしっかり作ってあげることがポイントです。

炭の着火方法のコツとしては、
しっかりと時間をかけること、
空気を送ること、
小さいものから大きいものです。

これらを抑えておけば、
炭の着火にそれほど困ることはないかと思います。

 

処分方法は?

By: Ari Helminen

バーベキューをやるにあたって、
困ることも多いのが炭の処分方法です。

バーベキュー場に
炭の捨てる場所があれば良いですが、
ない場合はしっかりと後片付けする必要があります。

よく土に埋めて帰る人がいるようですが、
これはやってはいけません。

しっかりと火を消して、持ち帰るのがマナーです。

捨てる場合は多くの場合、
燃えないゴミとなりますが、
各自治体によって異なるケースもあるので確認が必要となります。

 

Sponsored Links



コメント入力

*
*
* (公開されません)