インフルエンザ予防接種の副作用で発熱と腫れが!子供はどうすれば?

インフルエンザ予防接種は有効な予防法です。

ただし、
副作用で発熱は腫れが出ることがあります。

子供の場合、
こういった症状が出た時は
どのように対処すれば良いのでしょうか?

SPONSORED LINK

インフルエンザの予防接種副作用とは

インフルエンザの予防接種を
毎年、受けるという人も多いと思います。

冬に流行するインフルエンザは
感染すると高熱などに悩まされることになり、
感染力も高いために予防しておくことは大切です。

そのインフルエンザの予防接種ですが、
副作用が出る場合があります。

インフルエンザに限ったことではなく、
予防接種や薬などには
副作用が付き物ですが、
インフルエンザの予防接種にも副作用が出る場合があるのです。

インフルエンザの予防接種副作用は
全ての人に出るわけではなく、
摂取した人の10~20%程度
だと言われています。

そのため、10人いたら1人か2人程度です。

 

副作用で発熱と腫れが起こる

By: Ankarino

インフルエンザの予防接種の副作用では、
主に出る症状としては発熱と腫れです。

ただし、
副作用で出る症状の発熱や腫れは
それほど重いものではなく、
軽い症状であることがほとんどです。

副作用自体も
2~3日程度で回復することが多くなっています。

ただし、
過去にはこの副作用の症状で
大きな問題になったこともあります。

【新型インフルのワクチン接種で4人に重い副作用確認】

実際に副作用との因果関係は分かりませんでしたが、
インフルエンザの予防接種をした方の中で
重い症状が表れた人が出たのです。

その割合としては
「2万人に4人」という非常に少ない人数でしたが、
自分にも起こりえるのではないかと
当時、不安になった方も多いと思います。

こういったケースもあるため、
決して副作用だといって
安心しすぎることは危険だということになります。

心配なようであれば、
病院に行き、
お医者さんに相談してみると良いでしょう。 

 

子供はどうしたら良い?

インフルエンザの予防接種副作用ですが、
子供に副作用が出た場合、
非常に心配になると思います。

発熱だったり腫れというのは、
どうしても親としては不安になってしまいます。

ただし、
先ほども説明したように
軽い症状のものがほとんどです。

2~3日程度で回復しますので、
まずは安静にして様子を見ると良いです。

あまりにも症状が長引いたり、
酷い場合はお医者さんにかかって下さい。

アナフィラキシーショックやギランバレーなど、
重篤な副作用が決してないわけではありません。

子供を細かく観察して、
状況に応じて判断することが大切です。 

 

大人の場合は?

大人の場合は、
自分である程度、判断出来るかと思います。

自分に起きている副作用が
軽いか重いか判断しましょう。

軽い場合は2~3日、
無理をしなければ治まります。

ただし、あまり無理をするのは禁物です。

出来るだけ安静し、
激しい運動や無理はしないようにするのが良いです。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)