アイスクリームとジェラートの違いは?ソフトクリームも違う?

アイスクリームとジェラート、
ソフトクリームとどれも夏には欠かせない食べ物です。

ヒンヤリ美味しいそれらの食べ物ですが、
その違いはどこにあるのでしょうか?

アイスクリームとジェラート、ソフトクリームの
それぞれについて調べてみました。

SPONSORED LINK

アイスクリームとは?

アイスクリーム
デザートによく食べられるアイスクリームですが、
これは牛乳などを原料として作られるデザートです。

コンビニに行けば
たくさんのアイスクリームが売られていますが、
基本的には
牛乳などの原料を混ぜてクリーム状にして、
凍らせたものとなります。

家庭でも簡単に作ることが出来、
家で楽しんでいるという人も少なくありません。

【アイスクリームの作り方】

動画は
「アイスクリームの作り方」になります。

卵と砂糖、生クリームを
混ぜて撹拌(かくはん:かき混ぜること)し、
後は凍らせるだけです。

アイスクリームの特徴として、
撹拌する際に、
空気を含ませるというのがポイントです。

空気を含ませることで、
口当たりがなめらかで
柔らかいアイスクリームを作ることが出来ます。 

 

ジェラートとは

ジェラートというのは、
元々、イタリアのお菓子です。

ジェラートという言葉には
「凍った」という意味があります。

ジェラートは
果肉などフルーツを用いることが多く、
それらを混ぜたものを凍らせて作ります。

アイスクリームと違い、
空気の含有量が少ないために、
ずっしりとした感触になり、
味も濃いのが特徴的です。

乳脂肪分も少ないために、
カロリーも高くなく、
女性にも人気が高いデザートです。

ジェラートは
お店ごとに様々な特徴があることも多く、
フルーツがゴロゴロ入っているものがあったり、
濃厚な味のものもあります。 

 

ソフトクリームとは

ソフトクリームというのは、
アイスクリームの仲間です。

アイスクリームの
さらに柔らかいものが
ソフトクリームということになります。

遊園地や牧場などでは
おなじみの食べ物ということになりますが、
コーンやカップを用いて食べることがほとんどです。

機械から直接提供されるものが柔らかく、
独特の食感を生み出してくれます。 

 

違いのまとめ

アイスクリーム、ジェラート、ソフトクリームですが、
それぞれの違いは
柔らかさ、空気の含まれ方に違いがあります。

柔らかさですが、
ソフトクリーム、アイスクリーム、ジェラート
の順で柔らかいです。

また、
空気の含まれ方も
ソフトクリーム、アイスクリーム、ジェラートの順で、
空気が多く含まれています。

ジェラートはバリエーションが多く、
他の2つに比べて濃厚な味わいであることが多いです。

それぞれに様々な特徴がありますが、
暑い夏にはどれも食べたくなるというのは、
共通していることではないかと思います。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)