夜の爪切り「親の死に目に会わない」は迷信!?朝切るといい?

夜、爪を切ると
「親の死に目に会わない」
っていいますよね。

これって単なる迷信なのでしょうか?

そもそも
どうしてこういったことが言われるようになったのか。

また、
夜がダメなら朝切れば良いということでしょうか。

SPONSORED LINK

爪切りを夜にすると…

爪切りというのは、
1日の中でどの時間帯で行うでしょうか?

夜、自宅でリラックスしている時に切る
という人も少なくないはずです。

しかし、爪切りを夜すると・・・

 「親の死に目に会えない。」
 「自分が早死にする。」

と言われています。

実際にそうかというのは分かりませんが、
親の死に目に会えない
というのは悲しいですよね。

そのため、
出来るだけ爪切りは夜にはしない
と決めている人も多いようです。

 

迷信だったのか?

「親の死に目に会えない」

「自分が早死にする」
と言われている、
夜の爪切りですが、

これは迷信です。

では、
どうしてこういったことが言われるようになったのか?

いくつか諸説ありますが、
下記のような理由からです。

 ・昔は夜が暗かったため、
爪切りをすると危なかったため

 ・囲炉裏などで爪を切ると、
切った爪が火に入り、
  燃える臭いが火葬を連想させたため

 ・爪を切るなというのが、
夜遊びするなということに繋がったため

このように様々ありますが、
基本的な考え方としては、
夜に爪を切ると危ないよ
というものがあります。

そして、
そこから言葉遊びなども入り、
親の死に目に会えないなどの理由付けと繋がっていきました。

 

爪切りはいつにするのがベスト?

では、
爪切りはいつにするのがベストなんでしょうか?

それは、お風呂上りの後です。

お風呂上りは
爪がシットリとなっています。

そのため、
この時間帯に爪切りをすると、
爪が割れたりすることがないために
余計なケガを招く恐れがありません。

また、かつては手元が暗かったために、
迷信が生まれるほどでしたが、
現代ではそういった心配は必要ないです。

そのため、
出来るだけ爪がシットリしている
お風呂上りに切るのがオススメです。

 

正しい爪切りの方法

爪を切る際に気をつけたいのが
正しい爪切りの方法です。

こちらの動画では
人の爪を切る際の注意点が紹介されています。

【現役看護師が教える正しい爪切りの使用方法】

他の人の爪を切る際に
特に注意したいことですが、
爪と指の間に爪切りを入れる際には、
しっかりと相手に確認を取ることです。

いきなり切ってしまうと
ビックリすることになりますので、
相手がどんな人であっても確認は行いましょう。

また、自分で切る場合も、
他の人の爪を切る場合でも、
指が爪から出てしまわない程度に切りましょう。

角は落とし、
気になる方はヤスリを使って
全体を丸みを帯びさせると、
綺麗に仕上がります。

 

↑評価の高い高級爪切りの切れ味はスゴい!

 
 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)