甘酒は健康効果ない!?効能を活かす飲み方がある!妊婦太るのホント??

たくさんの効能を持つと言われる甘酒について
詳しく知りたい!!

冬の飲み物の代表とも言える甘酒は、
たくさんの効能があることでも知られています。

美容健康など、
どれも誰もが気になる効能ばかりですが、

一方、甘酒には
「健康効果はまったくない」
なんていう噂もあったりします。

これはこれで気になる噂ですよね・・・

そこで、今回は、
この甘酒の持つたくさんの効能や、
気になる噂について紹介してみたいと思います。

効能をより活かすための飲み方であったり、
妊婦さんは飲んでも大丈夫なのか?など、
多くの人が気になっているアレコレについて紹介していきます。

ここで正しい甘酒の知識を得て、
健康的な甘酒ライフを楽しんでみてください。

甘酒はどんな効果がある!?

By: hkflc

甘酒の効果のその前に、
そもそも甘酒というのはどんな飲み物なのか?

実は
大きく分けて3つの種類があるというのがご存知でしょうか?

そもそも甘酒は
その作り方によって2つに分けることが出来、

1つが、
「麹を発酵して作る作り方」で、

もう1つが
「酒粕に砂糖を加えた作り方」
となります。

どちらも甘酒であることには変わりはありませんが、
カロリーなどに違いがあります。

また、3つ目は、
この「2つの作り方の甘酒を混ぜて作るもの」となるのです。

このように作られた甘酒ですが、
栄養が非常に豊富なものとなっており、
そのため効果も実に様々です。

その効果について1つずつ紹介してみたいと思います。

 

⑴ 美肌効果が抜群

女性にとって肌を美しく保つというのは非常に大切なことで、
日々、お手入れを欠かさないという人も少なくないかと思います。

そういったお肌を
美しく保ってくれるのに甘酒は一役買ってくれます。

甘酒には、麹酸というものが豊富に含まれており、
この麹酸はメラニンの生成を抑えてくれる働きがあります。

メラニンの生成を抑えてくれることにより、
シミやくすみを防ぐことになり、
綺麗にお肌を保つことが出来るのです。

また、
ビタミンBが豊富なのも甘酒の特徴の1つです。

ビタミンBは
皮膚を保護し、いつまでも若々しく保ってくれるのです。

 

⑵ ダイエットへの効果抜群

ダイエットと聞くと、
今や男性でも女性でも興味津々という人は多いと思いますが、
甘酒にはダイエット効果も期待することが出来ます。

甘酒には、
たくさんの酵素が含まれており、
この酵素を摂取することで、
脂肪をエネルギーに積極的に変えてくれたり、
代謝に働きかけてくれます。

代謝が良くなれば
身体の中の老廃物の排泄も促されますので、
ダイエット効果がますます促進されることになります。

この甘酒を用いたダイエットであれば、
ダイエットに付き物の辛い運動などは、一切必要ありません。

ちなみに、やり方としては、
朝食や間食を
甘酒に置き換えてあげるだけでOKです。

今まで
間食でついつい甘いお菓子などを食べてしまっていたという人は、
甘酒に置き換えるだけで確実に効果が期待出来るはずです。

ちなみに、
甘酒のカロリーですが、
ダイエットするなら気になるところですが、
実はとってもヘルシーなんです。

砂糖が入った甘いコーヒーを飲むぐらいであれば、
甘酒のほうが良いのは間違いありません。

ちなみに、
甘酒の中でもよりカロリーが低いのは、
麹を発酵して作ったものです。

余計な砂糖が加えられていない分、
自然の甘味などを体験出来ますので、
ダイエットするのであればオススメですね。

 

⑶ 便秘解消に効果的

甘酒にはたくさんの栄養素のほか、
乳酸菌も含まれており、
それによって腸内環境を整える効果もあります。

食物繊維も含まれていることから、
それも相まって便秘解消効果は抜群です。

腸の環境が良くなって
便秘が解消されることによって、
美容やダイエットにも寄与してくれますし、

そもそも便秘で悩んでいる人にとって、
便秘が解消されるだけでも嬉しいのではないでしょうか。

身体から毒素を排出するというのは
ダイエットにおいて基本ですので、
便秘で悩んでいる方は、
この甘酒で便秘を解消してみてください。

 

⑷ 免疫力の改善

便秘の解消に効果的だと紹介しましたが、
便秘が解消されると、
それと同時に期待出来るのが免疫力の改善です。

免疫力というのは、
実は腸内に多数ある免疫細胞によるものであり、
これが便秘だとうまく働いてくれません。

しかし、
腸内環境が改善されることによって、
免疫細胞がしっかりと働いてくれますので、
身体全体の免疫力も改善されるということになります。

免疫力の改善は、風邪などの予防につながり、
日々、元気に生活するためには必須となりますので、
とても重要なわけです。

 

⑸ 糖尿病の予防に効果あり

甘酒と聞くと、
甘そうなイメージから糖尿病に近い飲み物じゃないかと
考えている方もいますが、
実はまったく正反対の飲み物になります。

甘酒には、
糖分の吸収を抑えてくれる成分が含まれており、
余計な糖分は排泄してくれる効果があります。

そのため、
糖尿病になるどころか、
糖尿病を予防する働きとなるのです。

また、甘酒には、
血圧の上昇を抑制する効果もあるために、
糖尿病以外にも様々な病気を予防してくれる効果が期待できます。

血圧の上昇というのは、万病の始まりではありますが、
これを防いでくれるということは、
甘酒は万病の予防に効果があると言えるかと思います。

 

⑹ 目のクマを改善してくれる

日々の疲れがたまると
途端に目にクマが出来てしまうという人は多いと思います。

目の下に出来たクマ
何とか隠そうとしてもなかなか難しいもので、
そのままにしておくと
いかにも疲れて不健康な人だという印象を与えることになります。

このクマが出来る原因としては、
疲れから血流が悪くなり、
それによって目の下に出来るということになるわけですが、

甘酒はこの滞った血流を改善してくれます。

血流が改善されることにより、
クマが薄くなり、
疲れて不健康だというイメージを払拭してくれます。

日々、はつらつとした表情でいるためにも、
甘酒は一役買ってくれるというわけです。

 

⑺ ツヤツヤの髪の毛に

ビオチンという成分をご存知でしょうか?

これは甘酒に豊富に含まれている成分の1つではありますが、
このビオチンの働きというのが、髪の毛の健康を守ってくれます。

そのため、
甘酒を飲むことで、髪の毛の質の改善が促されます。

今までコシもなかった髪の毛が、
ハリのあるツヤツヤとして髪の毛に変わっていくのです。

髪の毛は女性の命なんて言われ方もしますが、
その命にハリやツヤを与えるためには、
甘酒は非常に最適な飲み物です。

日々のお手入れも大切ですが、
甘酒を飲んで、
髪の毛を内側からもサポートしてあげましょう。

そうすることで、
常にツヤツヤの髪の毛も決して難しくありません。

 

⑻ ストレス解消への効果

人の身体を蝕むものは様々ありますが、
ストレスというのは、その代表格でしょう。

ストレスは
身体の不調の様々な原因となり、
健康だけではなく美容などにも大きな影響を与えます。

このストレスといかにうまく付き合っていくのかというのは、
現代人の大きなテーマの1つではありますが、
甘酒はその助けになってくれます。

甘酒の中には
GABAなどの成分が含まれており、
この成分によって、ストレスを軽減してくれる効果があります。

何かとストレスがたまりがちな現代社会だからこそ、
甘酒のストレス軽減効果というのは、
非常に大切だということが言えるのです。

 

⑼ 疲労回復に効果的

甘酒の別の呼び名として
「飲む点滴」というのを聞いたことがある人も
多いのではないかと思います。

これは
甘酒に含まれている成分が、点滴に近いということや、
疲労回復に非常に効果があるということから名づけられた名前です。

甘酒には、
このような名前が付くほど必要不可欠な栄養素を含まれており、
飲むだけで疲労回復の効果が期待できます。

ここまで様々な効果を紹介してきましたが、
疲労回復だけを目的に甘酒を飲むという人がいるほどです。

また、単純に
疲労回復に効果があるだけではなくて、
疲れにくい身体を作るのにも一役買ってくれるのが
甘酒の嬉しいところです。

毎日飲み続けることで
疲労を回復するとともに、
疲れにくい身体を作ることが出来ます。

栄養補給にリラックス効果も相まって、
甘酒はまさに元気が出る飲み物と言えるのです。

 

 

このように
甘酒には実に様々な効果があります。

それも
多くの人が求めている嬉しい効果ばかりではないでしょうか。

どうしても冬のイメージが強い甘酒ではありますが、
今では
夏でも飲みやすい「冷やし甘酒」なんていうものも発売されています。

 

 

これなら1年間を通して、
甘酒の効果を得ることが出来ますね。

 

効果効能を活かす方法

たくさんの効果があることが分かった甘酒ですが、
これらの効果をしっかりっと活かすには、
飲み方にも気を配りたいところです。

ただ飲むだけでも十分に効果を得ることは出来るものの、
少しの気配りが効果をさらに大きくしてくれるからです。

では、
その甘酒の効果効能を活かす飲み方ですが、
まず最初に気を付けたいのが温度です。

甘酒は
やはり温かくして飲みたい
という人がほとんどだと思いますが、
原料によって温度も注意が必要です。

1つの目安として上げられるのは、
麹から作られている甘酒については、60度くらいまで
酒粕から作られている甘酒については、40度ぐらいまで
とすると良いです。

これは
それぞれに含まれている菌が効率的に働いてくれる温度であり、
これ以上高くしてしまうと死滅してしまう恐れがあります。

死滅したとしても、
豊富な栄養素などは十分に得ることが出来ますが、
甘酒の効果を余すことなく得たいのであれば
温度に注意してみてください。

温度が決まったら、次は飲むタイミングですが、
これはどういった効果を得たいかによって少し分かれます。

例えば、
エネルギー補給の目的であれば、
朝食に飲むのがベストです。

朝食時はお腹がカラッポということもあり、
吸収がとても良いので、
甘酒を飲むタイミングとしてはベストなタイミングの1つです。

もう1つのタイミングとして、
寝る前というのも理想のタイミングの1つです。

寝る前に甘酒を飲むことによって、
甘酒のリラックス効果や安眠効果を得ることが出来るようになり、
次の日の朝もスッキリ起きることが出来ます。

 

このように
目的に応じて、飲むタイミングを変えてあげるのも、
甘酒の効果を効率よく得るためには必要なことです。

ちなみに、他の飲むタイミングとしては、
お酒を飲む前なんていうのも良いかと思います。

お酒を飲む前に甘酒を飲むことによって、
二日酔いを防止してくれる働きがあるため、
次の日に飲み過ぎて辛いなんていうことも、
極力避けることが出来ます。

ただし、甘酒を飲んだからと言って、
あまりにもお酒を飲み過ぎてしまうようだと
さすがにそれは防げませんので、
結局はお酒の飲みすぎには要注意です。

 

妊婦と甘酒

妊婦さんとなると、
お腹の中にいる子供のためにあれこれと気を使わなければならず、
「甘酒を飲んで良いのかわからない」という人はたくさんいます。

結論から言えば、
妊婦さんにも甘酒はとっても役に立つ飲み物ですので、
積極的に摂取して欲しいものとなります。

妊婦さんの大きな悩みとして、
栄養摂取の問題と便秘の問題があります。

栄養はお腹の中の子供のために、
いろいろな栄養素を摂取する必要があり、
日常の食事もあれこれと気を使わなければならないわけですが、

そういったときに
栄養豊富な甘酒はとても便利なのです。

たくさん食べることが難しい場合でも、
甘酒なら気軽に摂取出来ますので、
栄養が足りないなんていうことで困ることはないわけです。

もう一方の便秘については、
先ほどの甘酒の効果のところで説明しましたが、
お腹が張って来て、なかなか辛いなんていう日々にも、
おさらば出来るわけです。

このように
妊婦さんにとっては、
甘酒は嬉しい飲み物ではあるのですが、
少し気を付けなければならない点もあります。

それは、アルコールの問題です。

妊娠中というのは、アルコールはご法度ではありますが、
甘酒には「作り方」によっては
アルコールが含まれている可能性があります。

酒粕から作られた甘酒などは可能性が高いため、
飲む場合は、
一度加熱してアルコールを飛ばしてから飲むようにするなど、
少し工夫してあげる必要があります。

逆を言えば、
それさえ注意すれば、
妊婦さんでも甘酒を摂取することは問題ないのです。

ちなみに、
甘酒は出産後の産後疲れなどの
身体を回復するのにも役立ちます。

妊娠中だけではなくて、
出産後も甘酒をうまく利用して、
産後疲れや子育て疲れとは無縁の生活を目指してみてくださいね。

 

甘酒は太るというウワサ

甘酒にまつわるウワサは様々あり、
太るとか効果は一切ないなんていうものは、よく聞く話です。

確かに実際に甘酒を飲めば、
非常に甘い味わいであることから、
太るのではないかという心配も仕方がないところです。

しかし、現実としては、
甘酒で太るということはほとんどありません。

もちろん今までたくさん食べていて、
そこに単純に甘酒を足せば、
カロリーの総量として増えることになるので、
太る可能性はあります。

ただ、実際には、
甘酒を飲むことによって、
今まで食べていた何かを減らすことになりますので、
そこまで大きなカロリー変動はなく、
更に甘酒の整腸作用などから老廃物が排出されます。

甘酒の効果でダイエット効果というのを説明しましたが、
甘酒は太らせるというよりも、
痩せるほうに大きな効果があると言えます。

どうしても甘いものは太るという固定概念から、
甘酒についても太るというウワサが一部であるのは確かですが、
これはほとんどデマだと思って間違いないでしょう。

また、同様に
甘酒の様々な効果については、
効果が得ることは出来ないというウワサもあります。

甘酒を飲んでも
整腸作用や美肌などには一切影響ないというものですが、
これもデマの情報となっています。

もちろん
甘酒を飲んで、
どれぐらい効果を感じられるかというのは人それぞれで、
ここには個人差というものが存在しています。

そのため、
効果を感じる人もいれば、
効果を感じにくい人もいるので、
効果がないという意見も出てきてしまうのです。

身体への変化というのは、
急激に来るものではありません。

長い時間をかけて少しずつ変わっていくものですから、
甘酒の効果についても、
継続することで効果が少しずつ表れると考えましょう。

長い気持ちで取り組めば、
少しずつではありますが、効果を実感出来るはずです。

 

豆乳甘酒について

甘酒を「そのまま飲むのは苦手」という人であったり、
「もっとより大きく効果を得たい」という欲張りさんに
オススメとなるのが、豆乳甘酒です。

この豆乳甘酒は、
その名前の通り、豆乳と甘酒を混ぜた飲み物ですが、
甘酒の甘さが
豆乳を混ぜることによってスッキリし飲みやすくなります。

作り方としては、
無調整の豆乳を100ml程度と、
甘酒を適量混ぜて飲むだけです。

甘酒の量は
味のバランスを見て決めても良いですし、
単純に半々の量で混ぜ合わせてもOKです。

混ぜたら
電子レンジで1分程度チンするだけの簡単お手軽料理ですが、
甘酒の効果のほか、
豆乳の効果も得ることが出来るため、
非常に優れた飲み物ということが出来ます。

この豆乳甘酒ですが、
ダイエットに用いる女性の方が多くいます。

朝食のパンやごはんといった炭水化物の代わりに用いることで、
1日の代謝をアップし、痩せやすい身体を作ります。

1日の摂取量の目安としては、
コップ1杯程度となっています。

あまり飲み過ぎると身体を壊す原因になってしまうので、
節度を持った量で飲むようにすると良いです。

ちなみに、
成果が出た方の中には、
2週間で2kg痩せたなんていう人もいます。

このあたりは個人差があるので、人それぞれだと思いますが、
ダイエット効果を少しは期待しても裏切られることはないかと思いますね。

 

甘酒をアイスに

By: Kanko*

豆乳と甘酒のコラボもとっても美味しくてオススメですが、
暑い夏の日には、
甘酒をアイスにして食べてみるというのはどうでしょうか?

こちらも作り方は難しくないのに
とってもヒンヤリして美味しく、
夏の暑い日にピッタリです。

もちろん甘酒の効果もバッチリ得られますので、安心です。

作り方としては・・・

  • 甘酒・・・150ml
  • レモン汁・・・適量
  • ごまペースト・・・適量
  • 天然塩・・・少々
  • 菜種油・・・大さじ1程度
  • 豆乳・・・150ml

これらの材料をミキサーに入れて、まずはよく混ぜます。

しっかりと混ざったら
トレイに流し込み、冷やします。

凍って来たら
全体がなじむようにしっかりと混ぜ込みます。

そしたら、再び冷凍庫に入れて凍らせます。

これで完成!!

作り方はまったく難しくなく、
材料とミキサーさえあれば、
もうほとんどできたと言っても良いレベルの料理となっています。

甘酒と豆乳の割合はお好みで調整してみるのが良いかと思います。

また、
ここにイチゴなどのフルーツを足すことによって、
イチゴの風味が香るアイスにすることが出来ます。

ちなみに、
もっと手軽に作りたいという人であれば、
甘酒と生クリームを混ぜて冷凍庫にインするだけでもOKです。

これだけでも十分においしいアイスになるので、
手軽に始めるのであれば、
こちらの作り方から試してみてください。

 

甘酒ヨーグルトについて

By: Kanko*

甘酒は豆乳以外にも様々な物との組み合わせが可能です。

豆乳以外では、ヨーグルトなんていうのも、
理想的な組み合わせの1つになっています。

ヨーグルトは甘酒と同じ発酵食品の1つで、
日頃から習慣的に食べているという人も多い物ではないでしょうか。

甘酒同様にヨーグルトにも、様々な効果があり、
整腸作用などはよく知られていますが、
ヨーグルトにも、
甘酒に似た効果があることは間違いありません。

この似た物同士の2つを組み合わせることは、
どちらの効果も得るということで
身体に良いのはもちろんですが、
相乗効果が得られるため、
1つ1つ別々に摂取するよりも、より大きな効果が得られるのです。

これは菌同士の相乗効果がポイントになり、
こういった甘酒とヨーグルト以外の菌にも言えることですが、
様々な菌を摂取することが重要になってきます。

例えば、
甘酒もずっと同じ製法で作られた同じ銘柄の物を飲み続けるのではなく、
違う製法で作られた物や
違う銘柄を飲むことのほうが身体には効果的になるのです。

同様にヨーグルトでも同じことが言えますが、
このように
違う菌同士が一緒になることで、
本来よりも大きな力を発揮し、
身体にとってはより大きな効果となって表れるのです。

ここまで聞けば、
もはや甘酒とヨーグルトは一緒に摂取するしかないということになりますが、
気になるのがその食べ方ですよね。

これは豆乳やアイスの時と同じでとっても簡単です。

ヨーグルトに甘酒をそのまま混ぜて食べるだけです。

それ以外は何の操作も必要ありません。

あっけにとられるかもしれませんが、
たったのこれだけで
より大きな効果を得ることが出来るのですから、
早速やってみたくなる人も多いはずです。

ポイントをあげれば、
ヨーグルトは無糖のプレーンヨーグルトのほうが、
カロリーを抑えることに繋がるのでオススメです。

プレーンのヨーグルトにすることで、
余計な糖分を摂取することがなく、
より大きなダイエット効果に繋がるでしょう。

今まで紹介した食べ方の中では、
甘酒が苦手な人にとっては、一番オススメの食べ方になりますので、
ぜひぜひ試してみてください。

 

まとめ

By: naka hide

飲む点滴として、大きな注目を集めている甘酒ですが、
その効果は実に豊富で、身体に大切なものばかりです。

味が苦手だという人も、様々な食べ方がありますので、
色々と工夫して、出来るだけ摂取してみるようにしてください。

男性でも女性でも大人でも子供でも、
皆に優しい飲み物となっています。

日々の生活を元気に過ごすためにも、
甘酒を上手に使わない手というのはないですよ。

日々の目安となる量だけはしっかりと抑えたうえで、
美味しく楽しく継続してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です