目の充血の治し方!目薬で治す?泣くことで解消できる?

目が充血した時は
治し方が色々あります。

目薬もそうですが、
他にもあるみたいですね。

また、
泣いたら充血が解消されるのでしょうか?

泣いたら余計に充血しそうな気もしますが、
どうなんでしょう。

SPONSORED LINK

目の充血が起こるシステム

誰もが一度くらいは経験がある
目の充血ですが、
放っておいたら治った
という人がほとんどではないかと思います。

この充血が起こるシステムですが、
大きく分けると2パターンあります。

 ・結膜充血
 ・毛様充血

結膜充血というのは、
いわゆるよくある充血のことを指します。

白目部分が赤くなることであり、
目の疲れやプールに入った後なども、
こういった充血になることが多いのではないかと思います。

毛様充血は、
黒目の周りが赤くなる充血のことを指します。

結膜充血よりも症状としては稀で、
緑内障やぶどう膜炎などによって引き起こされることが多いため、
重症度が高いものとなります。

充血にはそれぞれの充血によって、
どういった形で充血したか
というシステムが異なります。

特に毛様充血のほうは、
重症度が高く、
場合によっては
重い病気がシステムを担っているケースもあります。

心配な場合は、
お医者さんで診てもらうなどしましょう。

 

目の充血の治し方

By: Naomi

目が充血している際の治し方ですが、
様々な方法があります。

 

・目薬

目薬があれば、使うことで目を休めることが出来、
充血を抑えることが出来ます。
目に疲れがたまりやすい人や、充血しやすい人は、
目薬を1つ持っておくと安心でしょう。

 

・ツボ押し

ツボを刺激してあげることで、充血を抑えることが出来ます。

【推拿とツボで自分で簡単セルフケア!】

動画は
充血に効果的なツボを紹介したものです。

小指の外側をたどり、
手首の関節部分の2番目の凹凸がツボになります。
頭痛や耳鳴りにも効果があり、
充血以外でも力を発揮してくれるツボとなります。

 

・目の周囲をマッサージ

目の周囲を優しくマッサージしてあげることで
目の疲れが取れ、
充血が解消されることとなります。
この際、
刺激が強すぎると
目を傷めてしまうので、注意して下さい。

 

このように目の充血には
様々な治し方があります。

出来る出来ないなどもありますので、
充血した際に使える方法を
いくつか持っておくと良いですね。

関連記事:「目やにと目の充血はコンタクトレンズのせい?」

 

泣けば充血が良くなる?

充血している際に、
泣いてしまえば充血が良くなる
という話があるようです。

しかし、経験ある方であれば分かると思いますが、
充血している際に泣くのは逆効果です。

むしろ
交感神経が毛細血管を拡張させることになるため、
充血を促進させてしまうことにも繋がります。

充血を何とかしたいのであれば、
泣くのは禁物
だということになります。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)