インフルエンザ予防接種後、腫れとかゆい時はどうする?

インフルエンザの予防接種は大切だと思います。

インフルエンザに万が一かかったら、
非常に辛い思いをしますので。

ただ、予防接種をすると
腫れやかゆみが出てくることがあります。

この時はどういった対処をしたら良いのか?

その点について調べてみました。

SPONSORED LINK

予防接種後の腫れとかゆみの症状

インフルエンザの予防対策として、
予防接種というのは効果的だと言われています。

毎年、冬になると予防接種のニュースなども流れますし、
企業などでは費用の一部を負担してくれるところもあるようです。

この予防接種ですが、
接種後に症状が出ることがあります。

代表的な症状としては、
腫れかゆみと言ったものになるわけですが、
軽い赤みやかゆくなる程度であれば、心配いりません。

それは通常の副作用の結果と言えます。

実際、
接種後にそういった副作用が出る人っていうのは、
全体の1~2割程度の人なんだそうです。

数は少ないですが、
異常ではないので、
心配し過ぎる必要はありません。

それでも心配ということであれば、
こちらの動画をご覧下さい。

【インフルエンザ予防接種ワクチン違いと時期!】

インフルエンザについて解説してある動画になります。

2015年はそれまで3つの混合ワクチンだったものが、
4つの混合ワクチンとなったようです。

そのためにワクチンも値上がりだそうです。

副作用についての解説もありますが、
動画にあるように、
心配な方は次の日も診療を受けられる日に設定すると安心ですね。

 

対処はどうする?

仮にインフルエンザの予防接種を行い、
腫れたりかゆみが出た場合はどうするのか?

まずはあわてず騒がずが基本です。

あわてたり騒いだりしても良いことは1つもありません。

先ほども説明したように、
腫れたりかゆくなったりするのは、
通常の副作用の反応ですので、
それほど心配はないのです。

その上で腫れた場合は
冷やしてあげると良いです。

濡れタオルや湿布など冷やす方法は様々ですが、
冷やしすぎないことが大切です。

冷やし過ぎると
今度は逆に患部に刺激を与えすぎることとなります。

それでは当然逆効果になってしまいますので、
程度は考えて冷やしましょう。

また、
かゆいからといいってかきむしるのはNGですし、
揉むのもNGです。

筋肉注射と勘違いして揉む人もいるようですが、
これも逆効果なので止めたほうが良いです。

 

予防接種について賛否両論あるけど…

インフルエンザの予防接種に始まり、
世の中、予防接種といえど様々な種類のものがあります。

そういった様々ある種類の中には
副作用が強く出過ぎてしまうものもあり、
危険な容体となってしまうものまであります。

そのため予防接種については
賛否両論ある状態です。

インフルエンザにあっても、
あまり効果は得られないというような説もあり、
はっきりとは分かっていません。

予防接種した三日後に
インフルエンザにかかりひどくなってしまった人がいたり

予防接種した時に限って
インフルエンザウイルスに感染しちゃったり…。

ただ、主流の説としては、
効果があるということになります。

このように色々なことが考えられる中で、
予防接種をするかどうかっていうのは、
1つの重要な判断だということですね。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)