介護福祉士 給料安い!?平均このくらい。どうしたら年収上がる?

介護福祉士として、
やりがいもあるけど、やっぱり給料も大事。

介護業界って薄給
のイメージは世間一般にありますけど、
具体的にどうか
というのを多くの人に知ってもらいたいです。

みんながみんな、薄給なのか?

実はそんなこともないんですよね。

全体として安いのは間違いないですけど・・・

SPONSORED LINK

介護福祉士とは

一昔前に比べれば、
「介護」という言葉を多く耳にするようになりました。

昔は3世帯住宅なんて当たり前だったので、
面倒を見るのが当然で、
介護なんていう意識がなかったからかもしれませんね。

そんな介護を仕事とするのが、
介護福祉士になりますが、
具体的にはどういったことをするのか?

こちらのインタビューをご覧ください。

【介護福祉士の仕事】

二人の女性介護福祉士の方が登場します。

やりがいなどを答えていますが、
やっぱり一番身近にたって、
お世話出来るのは魅力だと思います。

ご飯のお世話をしたり、
動画のように寝ているところに付き添ったり、
仕事は多岐にわたるのでその分、大変ですが・・・

動画の中の仕事は一部で、
他にも様々な仕事があります。

通常は日常生活のお世話がメインになりますが、
時には家族の相談などにも乗ったりします。

つまり、
介護者の人生をサポートするお仕事になるのです。

 

介護福祉士の給料このくらい

介護福祉士の給料
介護業界は薄給だと言われています。

事実、その通りだと思います。

では、具体的にいくらか?

概算ではありますが、
年収ベースで平均250~400万円程度です。

金額だけ見れば、
それほど安くもないと感じる人もいるかもしれません。

しかし、仕事としては
夜勤があったり、肉体労働があったりと、
かなりハードな仕事です。

ハードな仕事だということを加味すると、
この平均年収では低いんじゃないかと感じます。

もちろん給料については、
あくまで平均なので、
中にはもっと高い給料をもらっている人もいます。

ただ、ごく少数であり、
どうしてもこういった平均年収と、
ハードな仕事ということで、
人気がない職種にノミネートされてしまっているのではないでしょうか。

 

給料を上げるには?

介護福祉士の年収アップ
年収について話をしていると、
何だかお先真っ暗な気がしてきますが、
決してそういったことばかりでもありません。

事実、給料を上げることも可能です。

そのために必要なのは、
現場の指揮が出来ることです。

これはどこの会社でも一緒だと思いますが、
上の立場、つまり指揮をとれるようになると、
給料が上がりますよね。

介護福祉士の世界でも一緒です。

また、
専門性の高い知識を有している場合など、
社内で希少価値の高い人間になると給料は上がります。

知識をつける、経験を積んで指揮が取れる、
こういったことが給料を上げるために必要なことです。

 
例を挙げると
介護福祉士として幅を広げるために
認知症の方のケアを専門として
「認知症ケア専門士の資格を取得する」ということも
一つのスキルアップに繋がります。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)